ルイズルイス加部

Kabe売れたから楽しいことが待っているかと思ったけど、ひどいもんだったよ。とにかく演奏しているのは好きだったけど、流れていっちゃっただけで、途中で気がつくとこれでいいのかななんて。
日本語の曲はやるのあまり好きじゃないし、イギリスやアメリカの曲だったらいいけど、1回40分のステージを10回とかお昼からやっているわけだから。で、その後に写真撮影やテレビ収録があったりして。
あとよくわかんない地方にも演奏しに行ったよ。ライブ会場が山奥の学校の体育館なんだ。下に筵(むしろ)がしいてあって、そこが客席。お客さんがそんなところに座っている前で演奏してるんだ。周りは何もなくて川くらいしかないところで、泊まるところは校長先生の家とかなんだから。
学校の教室で椅子を並べてステージにしてやるっていうのもあった。これは千葉の木更津でのコンサートだったかな。もちろん、俺は帰ってきちゃったよ。ブッチと一緒にフェリーに乗ったらバンドのメンバーから「戻って来い」って言われたんだけど「こんなに天気のいい日に仕事やってるほうがおかしい」って俺は言い返したらしいよ。

This entry was posted in memory. Bookmark the permalink.

1 Response to ルイズルイス加部

  1. shinichi says:

    気ままに生きる
    第1章 伝説のゴールデン・カップス―その輝ける時代
    地方ツアーで泊まるところは校長先生の家?

    by ルイズルイス加部

    http://www.berrys-cafe.jp/pc/reader/page.htm?pageId=13175066

Leave a Reply

Your email address will not be published.