芥川龍之介

 彼は雨に濡れたまま、アスフアルトの上を踏んで行つた。雨は可也烈しかつた。彼は水沫の満ちた中にゴム引の外套の匂を感じた。
 すると目の前の架空線が一本、紫いろの火花を発してゐた。彼は妙に感動した。彼の上着のポケツトは彼等の同人雑誌へ発表する彼の原稿を隠してゐた。彼は雨の中を歩きながら、もう一度後ろの架空線を見上げた。
 架空線は不相変鋭い火花を放つてゐた。彼は人生を見渡しても、何も特に欲しいものはなかつた。が、この紫色の火花だけは、――凄まじい空中の火花だけは命と取り換へてもつかまへたかつた。

This entry was posted in story. Bookmark the permalink.

1 Response to 芥川龍之介

  1. shinichi says:

    或阿呆の一生

    by 芥川龍之介

    青空文庫

    http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/19_14618.html

    八 火花

Leave a Reply

Your email address will not be published.