しまおまほ

 校庭の隅にある、学校名からつけられた「城山エベレスト」という小さな山の頂に立って、チャイムが鳴るまで思いを巡らせていた。すごくもやもやして気持ちが悪いけれど、友だちとも先生とも共有できない。永遠の不思議に支配されていた。
 家で父に尋ねてみると、
「生きているから生きているんだよ!」
 と身もふたもない答えが返ってきた。
 仕方なく、母に聞くと
「ジッタンに聞いてごらんなさい」
 と、言う。

 さっそく祖父に電話をかける。
「ジッタン、どうしてわたしは生きているの?」
 すると祖父の答えはこうだった。
「えらいよ、真帆。真帆がそう疑問をもっている事が生きている証拠なんだよ」
 ・・・・・・難しい答え。
 しかし、それからその事を考える事はなくなった。

This entry was posted in story. Bookmark the permalink.

2 Responses to しまおまほ

  1. shinichi says:

    ガールフレンド

    by しまお まほ

    **

     校庭の隅にある、学校名からつけられた「城山エベレスト」という小さな山の頂に立って、チャイムが鳴るまで思いを巡らせていた。すごくもやもやして気持ちが悪いけれど、友だちとも先生とも共有できない。永遠の不思議に支配されていた。
     家で父に尋ねてみると、
    「生きているから生きているんだよ!」
     と身もふたもない答えが返ってきた。
     仕方なく、母に聞くと
    「ジッタンに聞いてごらんなさい」
     と、言う。
     ジッタンとは、父方の祖父の事。母は、小説家の祖父なら、娘の質問にも答えてくれるだろうと思ったに違いない。
    「ジッタンならわかるんじゃない?」
     わたしも、たしかにジッタンなら答えを持っているかもしれないと思った。
     さっそく祖父に電話をかける。
    「ジッタン、どうしてわたしは生きているの?」
     すると祖父の答えはこうだった。
    「えらいよ、真帆。真帆がそう疑問をもっている事が生きている証拠なんだよ」
     ・・・・・・難しい答え。
     しかし、それからその事を考える事はなくなった。ジッタンに「えらいよ」とほめられて、なんとなく落ち着いた気がした。答えですら理解できない疑問など、いつまでも抱えていられないという気にもなった。

    **

  2. shinichi says:

    しまおまほ

    https://ja.wikipedia.org/wiki/しまおまほ

    しまお まほ(1978年10月14日 – )は日本の漫画家、イラストレーター。東京都出身。両親は写真家の島尾伸三と潮田登久子、祖父母は作家の島尾敏雄と島尾ミホ。編集者で写真家の南原四郎は叔父。

    作中の「父」は島尾伸三、「母」は潮田登久子、「ジッタン」は島尾敏夫。

Leave a Reply

Your email address will not be published.