ウィキペディア, Wikipedia

生物時計(biological clock)とは、生物が生まれつきそなえていると考えられる時間測定機構。体内時計、生理時計(physiolosical clock)とも言う。生物の睡眠や行動の周期に影響を与える。哺乳類では脳の視交叉上核によるとみなされている。

**

Biological clock may refer to:

  • Age and female fertility, decrease of female fertility with advancing maternal age
  • Ageing, biological program that limits the lifespan of an individual
  • Circadian clock, a molecular mechanism that results in a circadian rhythm in a living organism
  • Circadian rhythm, biological process that displays an oscillation about 24 hours, such as the human sleep-wake cycle (the “body clock”)
  • Epigenetic clock, a set of DNA sites whose methylation levels can be used to measure aging throughout the body
  • Molecular clock, a technique that uses the mutation rate of a biomolecule to deduce the time in prehistory when two life forms diverged
  • Vernalisation, the induction of flowering by prolonged exposure to low temperatures, as during the winter in a temperate climate
  • Menstrual cycle, the regular natural change that occurs in the female reproductive system (specifically the uterus and ovaries) that makes pregnancy possible.
This entry was posted in human being. Bookmark the permalink.

2 Responses to ウィキペディア, Wikipedia

  1. shinichi says:

    ゲノム編集サルでクローン誕生 「世界初」中国5匹

    東京新聞 2019年1月25日 朝刊

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201901/CK2019012502000120.html

     【北京=共同】二十四日の新華社電は、中国科学院神経科学研究所のチームがゲノム編集技術と体細胞クローン技術を使い、体内時計の機能を失わせた全く同じ遺伝情報を持つサル五匹を誕生させることに成功したと伝えた=写真、新華社・共同。

     ゲノム編集をしたサルの体細胞クローンは世界初といい、研究結果は中国の科学誌に掲載された。

     同研究所のチームは昨年、既に別のクローンサルの誕生を発表していた。研究所は新薬開発などの実験用サルをつくるのが目的で倫理上のルールは順守していると強調しているが、ヒトと同じ霊長類のクローンづくりは引き続き議論を呼びそうだ。

     新華社電によると、研究チームは遺伝子を狙い通りに改変するゲノム編集技術を使い、体内時計に関係する遺伝子が機能しないようにしたサル五匹をつくった。その中から体内時計が最も働いていないとみられるサル一匹を選び、そのクローン五匹を誕生させた。

     体内時計が機能しないと精神疾患や糖尿病、循環器系疾患につながるとされる。

     研究所は、遺伝情報のそろった実験動物が使えるようになると、新薬開発の実験の効率が飛躍的に向上すると主張。今後もさまざまな脳の病気モデルのクローンサルをつくりたいとしている。

Leave a Reply to shinichi Cancel reply

Your email address will not be published.