自由

常識や既成概念を覆さないと
理解できないものがある
子どもの頃の気持ちになれば
存在するものも
存在するという概念も
存在するという感覚も
思想も
思考も
感情さえも
ない
執着するものなど
なにひとつ
ない
自分という存在も
ない

概念にとらわれず
周りで起きることも
目に見えるものも
そのまま受け止めれば
悲しいとか
つらいという
自分を苦しめる感情から
解放されるという

外部の衝撃から力を受けとった石は
外部の衝撃が止んでからも動き続ける
水という制約の中で生きている魚は
水という制約から離れれば自由ではない
人間が自由になるというのも
意思によるものではない

そもそも人間のなかには
自由な意志なんてない

私たちが生きていくなかで
選んできたと思っていることも
あとから考えてみると
何も選んでこなかったと気付く

理性を信じ
直感を信じて
不自由な社会のなかで
自由になりたいと思っている僕には
自由が違って見えている

教科書に書いてある自由や
押し付けられた自由には
興味がない
僕は
僕だけの自由が欲しい
君は
欲しくない?

This entry was posted in freedom. Bookmark the permalink.

1 Response to 自由

  1. shinichi says:

    (sk)

    第199作
    Freedom

    松原哲明
    http://www.kushima.org/is/?p=497

    Spinoza
    http://www.kushima.org/is/?p=566
    から何らかの刺激を受けて

Leave a Reply

Your email address will not be published.