鴨長明

行く川の流れは絶えずして、しかも もとの水にあらず。淀みに浮ぶ うたかたは、かつ消えかつ結びて、久しく止まる事なし。世の中にある人と住家と、またかくの如し。
玉敷の都の中に、棟を竝べ甍を爭へる、尊き卑しき人の住居は、代々を經て盡きせぬものなれど、これを まことかと尋ぬれば、昔ありし家は稀なり。或は、去年焼けて今年は造り、あるは、大家滅びて小家となる。住む人も、これにおなじ。處もかはらず、人も多かれど、いにしへ見し人は、二・三十人が中に、僅かに一人・二人なり。
朝に死し、夕に生るゝ ならひ、たゞ水の泡にぞ似たりける。知らず、生れ死ぬる人、何方より來りて、何方へか去る。また知らず、假の宿り、誰がために心をなやまし、何によりてか、目を悦ばしむる。その主人と住家と、無常を爭ふさま、いはば、朝顔の露に異ならず。或は、露落ちて花殘れり。殘るといへども、朝日に枯れぬ。或は、花は萎みて露なほ消えず。消えずといへども、夕べを待つことなし。

1 thought on “鴨長明

Leave a Reply

Your email address will not be published.