Category Archives: change

Green recovery

Green recovery packages are proposed environmental, regulatory and fiscal reforms to build prosperity in the wake of an economic crisis, like the COVID-19 pandemic or the Global Financial Crisis. They pertain to fiscal measures that intend to recover economic growth while also positively benefitting the environment, including measures for renewable energy, efficient energy use, nature based solutions, sustainable transport, green innovation and green jobs, amongst others.

イカ、ブリ

 
「もう函館は“イカの街”と呼べない」という声が地元でも聞かれるようになった。その理由は、漁獲量の激減だ。
函館市によると、2012年には2万3048トンだったイカ漁獲量(市内)は21年に2476トン。9年で約10分の1になった。地球温暖化で函館の海も暖かくなったことが、函館でのイカ漁獲量の激減に直結している。
 
 
 
一方で、北海道全体で急激に取れ始めた魚がいる。ブリだ。これも地球温暖化が要因とみられる。北海道のブリの漁獲時の生体総重量は、1980年は96トンだったが、2013年に初めて1万トンを超え、2020年は1万5457トンになった。じつに40年で161倍。
その増え方は「爆発的」と表現されている。
 

Emmanuel Todd (2)

Si l’on me demandait quel concept caractérise le mieux l’Occident actuel, je répondrais sans hésiter : la « fausse conscience ». Nous ne savons plus ce que nous sommes, ce que sont les autres et ce qu’ils pensent de nous. Nous avons laissé détruire nos industries et nos classes ouvrières. Les inégalités s’envolent et notre niveau de vie baisse. Aux États-Unis, l’espérance de vie des pauvres diminue. La puissance du capital financier y a transformé le système politique en joujou des riches. Partout en Occident, la nouvelle stratification éducative a fabriqué des mondes séparés pour les éduqués supérieurs et les demi-citoyens de l’éducation secondaire. Si les transformations économiques et culturelles ont laissé subsister les institutions de la démocratie, elles en ont détruit les mœurs.

Alabang, Muntinlupa (アラバン)

モンティンルパの第2地区の一部であるアラバンは、主に1990年代後半の開発ブームで急成長した。かつては広大な牧草地だった場所が、住宅、工業、商業施設を収容する地区へと、あっという間に変貌したのだ。

間氷期の終わり

1万年前というと とても遠い過去のように思えるけれど
100年が100回繰り返せば 1万年になるのだから
考えようによっては そう前のことではない

1万年前頃に氷期が終わり 人間の活動が活発化した
農耕も様々な道具の発明も 間氷期だからできたことで
人間が偉大だから今の文明があるわけではない

人間が起こした地球温暖化は そう特別なものではない
人間が地球になにをしてもも 地球に大きな変化は起きない
地球温暖化が地球を滅ぼすなんて 人間の妄想にすぎない

きっとこの間氷期もいつかは終り 地球上には長い氷期が訪れる
その時に人間は 氷期の訪れを拒もうとするのだろうか
それとも 氷期のなかで快適に暮らそうとするのだろうか

間氷期から氷期への変わり目の自然は 誰にもとても厳しい
変わり目を乗り切り 氷期に適応してゆくのは
いったいどんな生き物たちなのだろう

人間は 変わり目を乗り切り 氷期に適応してゆくのだろうか?

Temperature changes over the past 2000 yr in China

Relative to the 1851–1950 climatology, our two reconstructions show four warm intervals during AD 1–AD 200, AD 551–AD 760, AD 951–AD 1320, and after AD 1921, and four cold intervals during AD 201–AD 350, AD 441–AD 530, AD 781–AD 950, and AD 1321–AD 1920.   The temperatures during AD 981–AD 1100 and AD 1201–AD 1270 are comparable to those of the Present Warm Period, but have an uncertainty of ±0.28 °C to ±0.42 °C at the 95% confidence interval. Temperature variations over China are typically in phase with those of the Northern Hemisphere (NH) after 1000, a period which covers the Medieval Climate Anomaly, the Little Ice Age, and the Present Warm Period. In contrast, a warm period in China during AD 541–AD 740 is not obviously seen in the NH.

詫、詑、侘、佗

 
「詑」は
ある時は
「あざむく=元の意味」、
ある時は
「詫(わび)る」と同じ用法になる
不定性字。
 
 
 
「佗」は
ある時は
「にな(う)=元の意味」や
「ほか」、
ある時は
「侘(わび)」と同じ用法になる
不定性字。
 
 
「お詫び」は大多数の人が「お詑び」と書き、間もなく「お詑び」が常用となるはずであった。
ワープロの登場で、せっかく長い歴史の中で培ってきた「お詑び」の書字法が一気に消え去った。

三種の神器(白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫)

1950年代半ばの神武景気時代には、白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫の家電3品目が『三種の神器』として喧伝された。これらのうち最も早く普及したのは白黒テレビで、逆に一番遅かったのは冷蔵庫である。
1960年代半ばのいざなぎ景気時代には、カラーテレビ・クーラー・自動車の3種類の耐久消費財が新・三種の神器として喧伝された。これら3種類の耐久消費財の頭文字が総じてCであることから、3Cとも呼ばれた。中でも普及が早かったのは1964年の東京オリンピックを境に売れ出したカラーテレビで、一番遅かったのはクーラーである。

石川九楊

人類史は言葉の歴史、文体の積畳である。意識の暗闇から言葉(語彙と文体)を引き上げ、その語彙と文体を積畳してきた歴史である。
言葉の世界に堕ちた人間は、語彙と文体をつくり、また壊しながら、際限なく言葉を、表現を窮めて行かねばならない。それなら、人間は意識の中にひそむ暗闇をどれだけ追いつめ、どれだけのことを言えるようになったのだろうか。
数字に裏付けがあるわけではないが、人間は、自ら言いたいこと、言うべきことの十分の一、否、百分の一、あるいはそれ以下しか言うことのできる力をもってはいない。今なお私たちは厖大な自ら自覚してはいない意識に踊らされて生きている。ほんとうに言いたいことへの豊かな語彙はなく、それどころか、ほんとうに言いたいことが奈辺にあるのか。どうすれば言いうるのかの手だて(文体)さえないではないか。

人類は終りであるどころか、始まったばかり。自ら抱いている過半の意識に暗いと言う、まだまだ未成熟で、三歳児段階を超えてはいないくらいに考えておいてそう狂いはないように思う。現に今、書き綴っている私のこの文とて同じだ、確かに見つけたというさわり=手応えはあっても、うまく言葉にならないもどかしさに満ちている。
言いたいことの過半が言えない。書き残したいことの大半に筆の及ばない、いわば三歳児程度で人間の歴史が終焉するはずがないではないか。
自然環境、生活環境を含めて流布される、地球や人類の終焉なるスローガンは、乏しい語彙と文体からする逃避、たんなる噂の流布以上のものではない。
そうでなくて、人類史は、これから始まるのである。

The Lost Pianos of Siberia

Siberia may be a vast, hostile landscape with a bloody past. But scattered through this expanse are extraordinary pianos. They were brought by governors, exiles and adventurers before the roads and railways opened up Siberia at the turn of the twentieth century.
After the 1917 Revolution, pianos were again distributed all over Siberia, benefitting Russians who had never before had access to a musical education. Piano culture continued to thrive after the Second World War.
Then with the breakdown of the Soviet Union in the 1990s, numerous instruments were left to rot when funding ran out.
Often all that is left of a piano’s backstory can be gleaned from the serial number hidden inside an instrument — stories that reach back through more than two hundred years of Russian history.
Yet there are also pianos that have managed to withstand the furtive cold forever trying to creep into their strings. Belief in music’s comfort survives in muffled notes from broken hammers, in beautiful harmonies describing unspeakable things that words can’t touch. It survives in the pianos that everyday people have done everything to protect.

失ったもの

快適さに囲まれて暮らす
暑い夏は クーラーの効いた部屋ですごし
寒い冬は 暖炉で温まった部屋ですごす
まるで すべてを手に入れたみたいだ

いい暮らしをしていると思い込み
朝早くから起き出し 満員電車に乗り
仕事場では15分刻みの用事に追いまくられ
帰りは自己研鑽やコミュニケーションで忙しい

快適さを手に入れたはずなのに
暮らしはよくなったはずなのに
仕事を持って豊かになったはずなのに
あったはずの怠惰自由は もうどこにもない

何もせずにぼんやりとすごした暑い夏
こたつに入って蜜柑を食べた寒い冬
締め切りとか成績のなかった昔
風呂と酒で終わる怠惰自由な一日

快適さを得るかわりに
怠惰自由を失い
景色を楽しむ時間を失った
失ったものは あまりにも大きい

涼しい風のために熱い空気をまき散らし
暖かい空気のために木を伐り燃やし尽くす
ほんのわずかな慰めの時間ために
私たちは一日中働き続ける

平和のために戦って 人を殺し
未来のために 現在を棄てる
君を守るために 君を傷つけ
愛を守ろうとして 愛を壊してしまう

何のための快適さだろう
何のための毎日だろう
得て失ったものは何だろう
失って得たものは何だろう

君がいる快適さに身を委ね
愛を感じる毎日をすごす
怠惰自由も どこかに行ってしまって
目を閉じて安らぐ
それでいい

National Academies of Sciences, Engineering, and Medicine (1998)

For the past 100 years, science and technology have been vigorous engines for U.S. economic growth. In the past 50 years, as Vannevar Bush foresaw, the Federal government has become the primary steward of the health of science and technology in this country. What Vannevar Bush did not foresee, when he wrote Science: The Endless Frontier, is that our system of research and innovation has become vastly more complicated and nuanced than the simple linear model of R&D laid out in his report.
What actions should the federal government, as a good steward, take to keep our system the most robust and beneficial in the world?
I believe that the federal government must remain very broadly involved in ensuring the overall health of our research and innovation system. Our society’s continued ability to create and harness the fruits of research and innovation will probably be the single largest determinant of our future quality of life and standard of living.

How The World Will Look in 50 Years (1992 version)

Communism will collapse in China, clearing the way for the powerhouse of Taiwan to join Hong Kong as a special economic zone of the Chinese motherland.
Even with their help, however, China cannot grow into an industrial giant in the 21st century. Its population is too large and its gross domestic product too small (it is expected to reach only $900 per capita by the year 2000). China’s economy seems to be growing at 7% in 1992, but, as the former Soviet Union and East Germany once did, Beijing cranks out phony statistics. Moreover, China’s growth projections are based essentially on light industry.

Eric Schmidbt (2020)

America’s companies and universities innovate like no other places on earth. We are garage start-ups, risk-taking entrepreneurs and intrepid scholars exploring new advances in science and technology. But that is only part of the story.
Many of Silicon Valley’s leaders got their start with grants from the federal government — including me. My graduate work in computer science in the 1970s and ’80s was funded in part by the National Science Foundation and the Defense Advanced Research Projects Agency.
But in recent years, Americans — Silicon Valley leaders included — have put too much faith in the private sector to ensure U.S. global leadership in new technology. Now we are in a technology competition with China that has profound ramifications for our economy and defense — a reality I have come to appreciate as chairman of two government panels on innovation and national security. The government needs to get back in the game in a serious way.

Ezra Klein

The numbers are startling. The median home price in 1950 was 2.2 times the average annual income; by 2020, it was six times average annual income. Child care costs grew by about 2,000 percent — yes, you read that right — between 1972 and 2007. Family premiums for employer-based health insurance jumped by 47 percent between 2011 and 2021, and deductibles and out-of-pocket costs shot up by almost 70 percent. The average price for brand-name drugs on Medicare Part D rose by 236 percent between 2009 and 2018. Between 1980 and 2018, the average cost of an undergraduate education rose by 169 percent. I could keep going.

ウクライナ

ウクライナが
ソビエト連邦の崩壊によって独立して以降
ウクライナ東部の人々は
一貫して親露派であり続けた

ウクライナ東部が
ロシアと国境を接しているせいでもあるし
ロシア人が多いせいでもある

ウクライナ西部の人々が
親欧米派になっていっても
ウクライナ東部の人々は
親露派であり続けた

2004年の大統領選挙で西部の親欧米派の候補が勝っても
2010年の大統領選挙で東部の親露派の候補が勝っても
西部は親欧米派でありつづけ
東部は親露派でありつづけた

ウクライナの分断に
欧米各国やロシアが介入し
混乱が泥沼化すると
親欧米派の西部の人々が力をつけ
東部の人々の投票なしに選挙を行うようになり
当然の結果として親欧米派の大統領が生まれる

大統領に率いられた政府はウクライナ軍を東部に進め
東部の親露派の人たちを相手に戦争を始めた

東部の親露派の人たちは
仕方なくロシアに助けを求めた

そういう見方もある
というか そういう見方のほうが
正常ではないか

戦争は
闘う双方に正義がある
双方が悪いとも言える

理不尽なことは多いけれど
どちらかだけが悪いということは
あまり ない
きっと ない

ニュースピーク

『1984』という小説のなかに
ニュースピーク という架空の言語が出てくる
語彙や思考を制限することで
人から考えることを奪ってしまう
オーウェルによれば ニュースピークは
思考の範囲を狭めるように設計されている
単語を削除したり変更したり
単語を別の単語に置き換えたり
品詞に互換性を与えたり
都合のいい単語を作ってしまったりと
文章のレベルでなく単語のレベルで操作される
言葉を痩せさせることによって
思考が痩せていくという設定だ

今の日本で起きているのはまったく逆で
思考が痩せてしまった結果
言葉が痩せてしまっている
紛らわしくて欺瞞的な官僚が用意した言葉は
頭のいい官僚たちが計算して発しているのではなく
思考停止に追い込まれてしまった結果なのではないか
思考が痩せた結果 言葉が痩せてしまった
そう考えるとすべて納得がいく

偉そうな人が
 ネットでしょうもない言葉ばかりを読んでいると
 自分の言葉が痩せていく
と言っていたけれど 原因はネットばかりでない
漫画では文字は極限まで省略され
アニメやYouTubeで用いられる言葉は耳に優しい単語ばかり
1枚の絵は1000の言葉に勝るというけれど
漫画やアニメやYouTubeのなかの
ニュアンスのない直截的な言葉に囲まれていれば
言葉が痩せるのは自然ではないだろうか

メールもメッセージも短文が要求されるから
 語彙は自然と少なくなる
人と話をしたり 文章を読んだり書いたりしながらの思考は
 生活の中から失われる
乏しい言葉を通して見るものだから
 社会の問題は見えてこない
言葉が乏しすぎて思考が単純化し
 人生の豊かさは失われてゆく

 発音の数 語彙の数 文字の数の減少する時代とは 貧困な時代であり
 文化が疲弊し精神の凋落する時代である
という文章を目にしたけれど
シグナル的機能に堕ちた言葉にシンボル的な機能を取り戻して
日常使う言葉を豊かにしてゆくしかない

韓国では詩が流行り
 言葉のニュアンスが増している
中国では文章を書くことが社会でうまくやっていくことにつながるから
 論理的な表現が広がっている
ヨーロッパでは日本人が受験勉強をしている年齢で哲学を学ばされるから
 言葉の力を信じることになる
それに反して 日本とか北朝鮮とかアメリカとか
 ラテンアメリカとかアラブ諸国とかサハラ以南のアフリカとかでは
 言葉は痩せていく

言葉が痩せてしまった人たちに 21世紀の繁栄はない
そう思うと 今の日本が悲しく映る
考えてみれば アメリカ軍に駐留されたことが悲劇の始まりで
漢字制限 字形の簡略化 仮名遣いの改変などにより
言葉から何かが消えてしまった
今の聞き言葉は コミュニケーションの媒体でしかなく
言葉に込められた心情も 情緒も消え
感じる力も失ってしまったのではないか

ニュースピークを押し付けられたのではなく
自発的にニュースピークを獲得してしまった人たち
すごいというか 滑稽というか 悲しいというか
複雑な気分になる

荒木孝洋

最近、日常使われる言葉の種類が、子どもたちの間で、というより社会全体で減る傾向にある気がする。仕事でのやりとりが電話や対話からメールに変化したことも要因のひとつであろう。メールは話し言葉のような気安さも含みながら、短文が要求されるから語彙が少なくてすむ。仕事ならそれでよいだろうが、どうも日常会話までメール風になっている人が増えているようで気になる。元来、思考は頭の中で言葉を駆使しながら行われるから、乏しい語彙力ではそれを通した狭い社会しか見ることができないことになる。つまり、言葉の省エネが過ぎると思考が単純化し人生の劣化を招くことになる。

大内衆衛

言葉が痩せていく、コミュニケーションにおける言語の位置が移ろい、変化していく。
インターネット的空間では対話のように見えて対話ではないものが蔓延する。だれもが参加できる空間であるがゆえに、あらゆる議論が並列化され、言論はすべて相対化されてしまう。言葉の持つ意味内容は空転する。重要なのは伝達される内容ではなく、繋がっていることそれ自体だからだ。
技術の発展は開放と自由をもたらす。私たちは暗黙のうちにそう信じて込んでいる。そして、恩恵を被っている間は尚更、産業技術に支えられた豊かな現実の危うさを人々は疑いはしないだろう。だが、偶然にも今日的環境の外側に飛び出した時、人は本来の感覚を取り戻すことがある。もちろんそれは不安と背中合わせの体験だ。

味方健

多くの日本人が血の通った言葉を忘れた。文字言語・音声言語は必需のものとして、日常、使用されている。しかし、現代社会において、それは多くコミュニケーションの媒体に終わってしまっているのではあるまいか。古代人は言葉の霊妙な働きを信じ、言霊といった。わが国は「言霊の幸はふ国」、すなわち言葉の霊力によって幸いが生まれる国だというのである。言葉には、人の心緒が宿り、情念があり、情調がある。言葉は時間・空間を超えた普遍的なものをも表現し、感じさせる玄妙な力がある。日本人は、いや、世界の機械的文明国の人皆かもしれないが、日常、やりとりする言葉の中に、そういう世界を取り戻すべきである。つまり、シグナル的機能に堕ちた言葉に、シンボルとしての世界を取り戻せ、というのである。
発音の数、語彙の数、文字の数の減少する時代とは、貧困な時代である。文化が疲弊し、精神の凋落する時代である。
日本人の使う言葉が痩せた一大原因は、高開発国通有の機械文明の発達、ことに電脳機器の高精度化が襲う以前に、GHQによって強いられた漢字制限、字形の簡略化、仮名遣いの改変がある。字形学的にも、音韻学的にも、理の通らない漢字字形の簡略化、語法的に理の立たない仮名遣い、格助詞、は・を・へのみに旧を残して、あえて「現代かなづかい」と称したが、「現代かなづかい」は仮名遣いではない。仮名遣いという以上、orthography(正字法)でなくてはならない。「現代かなづかい」はそれを装って、良識派の抵抗を避けた表音表記である。これは、文字表記としてまことに貧困で、安直な方法といわねばならぬ。なぜかといえば、文字とは言葉を表記するものであって、音を写すものではないからである。音を写すのは記号であって、決して文字ではない。

Gao Jing


Gao Jing, 39, a researcher from the Institute of Tibetan Plateau Research, Chinese Academy of Sciences (CAS), set her foot on the Qinghai-Tibetan Plateau at 22 and has dedicated her youth to the scientific survey of the plateau since then. On May 15, 2022, she and her team set a new record by launching a floating airship for atmospheric observation at an altitude of 9,032 meters.

Eva Lövbrand, Malin Mobjörk and Rickard Söder

The proposition that we now live on a radically transformed and damaged planet is uncomfortable and troubling. It suggests a dangerous rupture in the earth’s trajectory that calls for new ways of thinking about safety, protection and collective survival. For many the Anthropocene marks an existential moment for modern civilization that radically unsettles the nature/culture divide that under pins much of Western philosophy, science and politics. Faced with the devastating effects of melting Arctic ice sheets, loss of critical habitats and mass species extinction, the idea that we can secure humanity against external threats is precisely the problem that needs to be overcome. In a time when our global modes of economy, trade and consumption are disrupting the planet’s lifeupholding systems, dualistic understandings of an active and morally countable human subject and a passive and external nature no longer seem to make analytical or moral sense. The distinction between humans and their surrounding environment, so central to the environmental policy and security paradigm, is replaced with a more fragile and entangled universe that binds human and nonhuman worlds together in complex and unpredictable ways.

Irving John Good

Let an ultraintelligent machine be defined as a machine that can far surpass all the intellectual activities of any man however clever. Since the design of machines is one of these intellectual activities, an ultraintelligent machine could design even better machines; there would then unquestionably be an “intelligence explosion,” and the intelligence of man would be left far behind. Thus the first ultraintelligent machine is the last invention that man need ever make, provided that the machine is docile enough to tell us how to keep it under control. It is curious that this point is made so seldom outside of science fiction. It is sometimes worthwhile to take science fiction seriously.

Nick Bostrom

Storage capacity. Human working memory is able to hold no more than some four or five chunks of information at any given time. While it would be misleading to compare the size of human working memory directly with the amount of RAM in a digital computer, it is clear that the hardware advantages of digital intelligences will make it possible for them to have larger working memories. This might enable such minds to intuitively grasp complex relationships that humans can only fumblingly handle via plodding calculation. Human long-term memory is also limited, though it is unclear whether we manage to exhaust its storage capacity during the course of an ordinary lifetime—the rate at which we accumulate information is so slow. (On one estimate, the adult human brain stores about one billion bits—a couple of orders of magnitude less than a low-end smartphone.) Both the amount of information stored and the speed with which it can be accessed could thus be vastly greater in a machine brain than in a biological brain.

Buzzwords

Net zero
In July, United Nations secretary-general António Guterres said in a speech to Tsinghua University that there was “no excuse” for humanity to fail to limit global warming to 1.5ºC, which means the world must achieve net-zero emissions before 2050, and cut emissions by half by 2030. That speech, and the UN’s Race to Zero campaign, has prompted more than 100 countries and 1,500 companies worth US$11.4 trillion to make net-zero promises. Net zero has replaced carbon neutral as the more popular term.
Nature-based solutions
Talk about how to combat climate change and reduce greenhouse gas emissions by burning less fossil fuels has dominated conversations about how to avert planetary catastrophe, with little thought spared for environmental conservation — until 2020, when the business world started talking more about using natural ecosystems to curb emissions. In Singapore this year, a plan is hatching to use nature-based solutions to lay the foundations for a carbon credits market.
Carbonomics
In a year of net-zero targets, carbonomics was used in conversations about the cost of decarbonisation. Popular in environmental, social and governance investing circles, it was used this year by Bloomberg for its Future of Energy show and Goldman Sachs in its The Green Engine of Economic Recovery report.

ジャック・アタリ

飢餓の状態になく、経済的に余裕があるのなら、世界中のほとんどの人々は、健康的な食事を他者とゆっくり分かち合いたいと思っているはずだ。誰もが料理が好きであり、食事に招待したい、そして招待してもらいたいと願っているだろう。食事を共にすることで会話は弾み、しばしば重苦しい日常に安らぎのひと時が訪れる。
しかしながら、ゆっくりと食事をとる機会は世界中で減る傾向にある。
なぜ、われわれはこのように単純で、重要で、生きるために必須の楽しみを自身から奪うのか。なぜ、皆で会食する機会は減る傾向にあるのか。なぜ、仕事上の付き合いの会食だけが豪華になるのか。なぜ、(金持ちを除き)人々は糖分と脂肪分の多い加工食品だけを慌ただしく食べるようになったのか。大きなレストラン、食堂、さらには家庭の台所さえも姿を消したが、これは人間関係の崩壊を意味するのか。いつも独りで外食し、汚染された野菜や肉、そして加工食品だけから栄養を摂取する日が訪れるのか。

高橋秀幸

軍事組織といえば、ピラミッド型で、厳正な規律があり、マニュアル重視の画一性という硬いイメージが一般的だろう。だが、究極の局面である防衛出動はもちろん、現代の自衛隊が直面する災害派遣や後方地域支援の活動においても、そのような旧態依然とした組織では立ち向かえない。もはや「いわゆる軍隊式組織では勝てない」時代なのである。
進化を怠った種は、地球環境の変化に対応できなかった恐竜のように滅んでしまう。そんなダーウィンの進化論を組織経営に採り入れたのが、「環境適応理論」だ。自衛隊組織も例外ではなく、“恐竜”にならないための進化を続けている。

ジェームズ・ジョル

「気の毒だが、諸君はとりのこされた人間だ。諸君の運命はきわまった。諸君の役割はおわったのだ。諸君にふさわしいあの歴史の掃きだめに、諸君はさっさと消え失せるがよい」。一九一七年一〇年、トロツキーは反対派のメンシェヴィキをこう非難したというが、これは歴史にたいするひとつの全体的な見方を代表するものである。この見方にしたがえば、歴史家にとって大事なのは、勝利をおさめた立場だけであり、歴史の前進に寄与しない運動や個人は、反動か、無知のいずれかなのだから、無視するか、嘲笑するか、放逐するか、そのへんがかれらにふさわしい処置である、ということになる。歴史をこのようにあつかってきたのは、なにもマルクス主義者ばかりではない。キリスト教の立場にたつ歴史家は異教徒にたいして、自由主義的な歴史家は保守主義者にたいして、それぞれおなじ見方をあてはめてきたのである。

Bari Weiss

There are tens of millions of Americans who aren’t on the hard left or the hard right who feel that the world has gone mad. Science is at the mercy of politics. Identity trumps ideas. In the name of progress, art is erased and history is rewritten. Obvious truths are dangerous to say out loud.
This newsletter is for those people.
It’s for people who want to understand the world as it is, not the world as some wish it to be. It’s for people who seek the truth rather than the comfort of a team or a tribe. It’s for people who prefer to think for themselves.

成毛眞

最悪の事態を想定しながら未来を描いておけば、あなたの人生はそれよりも悪くなることはない。そして、そのシミュレーションができていれば、あなた個人に待ち受ける未来は、何も知らずにいたときの景色とは違ってくるはずだ。

今、これを読んでいるあなたは、国を忘れて、これからの時代をどうやって生き残るのかをまず考えるべきだ。どうすれば幸せな人生を送れるかに全エネルギーを注ぐのをオススメする。

生き残るためには、幸せになるためには環境に適応しなければならない。生き残るのは優秀な人ではなく、環境に適応した人であることは歴史が証明している。

環境に適応するには環境を知ることが不可欠だ。人間は想像力を超えた現実には太刀打ちできない。最悪の事態が想定できていれば右往左往することはない。

Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPANは欧州経済領域(EEA)およびイギリスのお客様に継続的なサービス利用環境を提供することが困難であるとの判断から、2022年4月6日 (水)よりEEAおよびイギリスからご利用いただけなくなります。
EEAおよびイギリスからのご利用が多いお客様におきましては、Yahoo!プレミアムなど月額利用料金が自動更新されるサービスをご利用の場合は解約の手続きをお願いいたします。
また、有料サービスをご利用の際には、サービスの利用可能期間にご注意いただきますようお願いいたします。
日本からの渡航を予定されている方もご注意ください。

過剰さが増え続ける社会

 変化が加速している。テクノロジーの変化も、社会の変化も、大きく加速している。
 コンピュータの記憶装置の容量は3年で10倍になり、6年で100倍になる。30年でなんと100億倍になる。技術的なことが100億倍になることの社会的な影響はとてつもなく大きい。部屋をひとつ占領していたコンピュータシステムでやっていたことが、手になかのスマートフォンでできてしまう。30年前にスーパーコンピュータを使ってもできなかったことが、卓上のコンピュータでできてしまう。テクノロジーの進化は想像をはるかに超えて加速している。テクノロジーを使えば、途方もないことができるようになったのだ。
 立ち止まって現在の社会を見てみれば、社会が大きく変化しているのがわかる。しかも、テクノロジーの進化によって社会の変化も加速している。それなのに、多くの人が変化に気づかずにいる。気づかないふりをしているのかもしれない。毎日の変化が小さいからなのだろうか。それとも、みんな、変化に慣れ切ってしまったからなのか。
 社会の大きな変化は、どれもテクノロジーの進化によるものだ。それなのに、社会の変化は、テクノロジーなしに語られる。社会が分断してしまったのはテクノロジーのせいなのに、政治やマスコミのせいだという。誰もが疲れ切っているのもテクノロジーのせいなのに、会社やマネージメントのせいだという。加速している大きな変化が社会のなかにどのような形で現れたとしても、その原因を探ればテクノロジーにたどり着く。
 情報とコミュニケーションのテクノロジーが、そして AI が、この加速の原因だ。何十年か前に始まったハードウェアの加速度的な進化は、社会の変化に大きな影響を与えている。処理速度は速くなり、大きさは小さくなり、価格は安くなる。大量生産によって作られたハードウェアが身近なものになり、本来、情報とコミュニケーションのテクノロジーとは無縁だった人たちが複雑なハードウェアを操っている。
 ソフトウェアの進化も加速度的だ。例えば医療現場で用いられている「診断・治療支援ソフトウェア」は、AI を組み込むことで格段の進歩をとげている。実際、現在使われている AIソフトウェアは、医師が癌だという診断を下すよりはるか前に、癌の初期兆候を特定できる。
 今の時代を生きる人は、誰もが「変化の加速」の恩恵を被って生きている。しかしその加速は、同時に過剰さをもたらす。過剰な創造、過剰な生産、過剰なコミュニケーション、過剰な商品。膨張し肥大化したものを小さくすることは、最早誰にも出来ない。過剰な機能や過剰なオプションをもった商品が、それを必要としない人のもとに届いてしまう。
 多くの人たちがテクノロジーの進化を肯定的に捉え、テクノロジーが経済的な恩恵をもたらすと思っているために、過剰さはあまり問題にされない。テクノロジーの進化を否定的に捉える人や、進化を止めようとする人は、もうほとんどいない。急成長ののち、緩やかな成長に転じたり、緩やかな下降に転じたりするどこかの国の経済と違って、テクノロジーはいつまでも加速度的に進化し続け、社会もいつまでも加速度的に変化し続ける。過剰さが増え続けた先に何が待っているのかは、誰も知らない。

来るべき社会

来るべき社会は ユートピアでもディストピアでもない
今より良くなるわけではないし 悪くなるわけでもない
今とは違う
ただただ違うのだ

何人かは良くなったと思うだろうし
何人かは悪くなったと思うだろう
でもほとんどの人たちは
良くなったとも悪くなったとも思わない

 透明性のある社会 規律のある社会 分断された社会
 肯定ばかりの社会 退屈に包まれた社会 繋がる社会
 なんでも展示されてしまう社会 個人が崩壊する社会
 エビデンス社会 プライバシーのない社会 監視社会
 ポルノ社会   個人が疲労することで成り立つ社会
 加速社会  個人が過去に縛られる社会  倫理社会
 親密さが強調される社会   人間性が喪失した社会
 燃え尽き症に象徴される社会  情報社会 暴露社会
 管理社会 管理社会 知識社会 能力社会  。。。

ノートに並ぶ文字で表される社会は どれも暗い
でも 心配はない
私たちはきっと
明るく感じる

みんななにかに忙しく
誰も社会の本質を見ようとはしない
良くはならない
悪くもならない

岩波明

新規のイノベーションを求めるには、政府主導で「正解」を描くのは無意味である。既存企業や政府が描けない、クリエイティブな発想によるアイデアが求められているのであり、それは規制の価値観、企業の利益とはバッティングすることも少なからず起こるし、既存のシステムや産業を破壊してしまうことも起こりうる。

accenture (DX)

Upon the 2021 China Enterprises Digital Transformation Index Report, the digitalization of all industries has increased steadily in the past four years, with retail and logistics being the most prominent. From a vertical view, as digitalization penetrates across industries, following a significant increase of 5% over the previous year, the proportion of “Champions” with remarkable transformation achievements has reached 16%. The report also reveals that, the digital maturity gap between Champions and the others has been translated into bigger performance advantage, the revenue growth rate gap between the two has been widened from 1.4 times to 3.7 times.

私説 近現代日本文学作家人名辞典

今ではもう読む人いないだろうね、
というか今読んでも仕方ないか?
二葉亭四迷、国木田独歩、幸田露伴
そんな作家いたよなあ 田山花袋、岩野泡鳴、徳田秋声、正宗白鳥、
有島武郎、里見淳、久保田万太郎、横光利一
今ではもう誰も読まないだろうね 菊池寛
今彼の小説を読む人がどれだけいるだろうか? 滝井幸作、牧野真一、尾崎一雄、葉山嘉樹
読みたいとは思わない 志賀直哉、武者小路実篤
知らないだろうなあ 永井龍夫、舟橋聖一
知らないよなあ 石川淳、獅子文六、丹羽文雄、石川達三、
高見順、伊東整、林房雄、島木健作

電通総研、同志社大学(価値観)

調査(「世界価値観調査」の日本の調査)によると、2010年に実施した前回調査から9年間で大きく変化したのが「仕事」や「働く」ことの意識。「働くことがあまり大切でなくなる」ことを「良いこと」「気にしない」とする答えが倍増(合計値で2010年21.1%→2019年42.6%)し、仕事や働くことに対する日本人の意識が顕著に変化した。これと連動するように「人生を自由に動かせる」と感じる人も前回調査に比べて増加(2010年50.0%→2019年58.4%)し、特に若年層ほど高い自由度を感じている傾向が顕著となった。
ジェンダー意識についても「男性の方が経営幹部や政治の指導者として適している」という項目について大半が「反対」と回答(経営幹部2010年42.7%→2019年63.6%、政治の指導者2010年37.3%→2019年54.4%)。これも調査開始以降初めての結果だった。

Chris Anderson (Search Engine, Big Data)

This is a world where massive amounts of data and applied mathematics replace every other tool that might be brought to bear. Out with every theory of human behavior, from linguistics to sociology. Forget taxonomy, ontology, and psychology. Who knows why people do what they do? The point is they do it, and we can track and measure it with unprecedented fidelity. With enough data, the numbers speak for themselves.
The big target here isn’t advertising, though. It’s science. The scientific method is built around testable hypotheses. These models, for the most part, are systems visualized in the minds of scientists. The models are then tested, and experiments confirm or falsify theoretical models of how the world works. This is the way science has worked for hundreds of years.
Scientists are trained to recognize that correlation is not causation, that no conclusions should be drawn simply on the basis of correlation between X and Y (it could just be a coincidence). Instead, you must understand the underlying mechanisms that connect the two. Once you have a model, you can connect the data sets with confidence. Data without a model is just noise.
But faced with massive data, this approach to science — hypothesize, model, test — is becoming obsolete. Consider physics: Newtonian models were crude approximations of the truth (wrong at the atomic level, but still useful). A hundred years ago, statistically based quantum mechanics offered a better picture — but quantum mechanics is yet another model, and as such it, too, is flawed, no doubt a caricature of a more complex underlying reality. The reason physics has drifted into theoretical speculation about n-dimensional grand unified models over the past few decades (the “beautiful story” phase of a discipline starved of data) is that we don’t know how to run the experiments that would falsify the hypotheses — the energies are too high, the accelerators too expensive, and so on.
Now biology is heading in the same direction. The models we were taught in school about “dominant” and “recessive” genes steering a strictly Mendelian process have turned out to be an even greater simplification of reality than Newton’s laws. The discovery of gene-protein interactions and other aspects of epigenetics has challenged the view of DNA as destiny and even introduced evidence that environment can influence inheritable traits, something once considered a genetic impossibility.
In short, the more we learn about biology, the further we find ourselves from a model that can explain it.
There is now a better way. Petabytes allow us to say: “Correlation is enough.” We can stop looking for models. We can analyze the data without hypotheses about what it might show. We can throw the numbers into the biggest computing clusters the world has ever seen and let statistical algorithms find patterns where science cannot.

高畑由起夫(People vs Tech)

フォーディズムは労働者自身が中産階級化し、消費を拡大することで、フォードT型車のオーナーになることで、工業生産をさらに拡大する=近代化向上スパイラルを維持するもの。
そうした構図がポスト・フォーデイズムでは一変します。完全なマニュアル世界となり、熟練工さえ必要としない、流動的な非正規雇用者のみを必要とする世界に突入する。つまり、相互に愛もなく、機械の部品のように取り換え可能、いわば記号化された労働者たち。
こうなるとフォーディズム時代、家計維持者であった成人男性の大半が非正規雇用者と化し、若い者の中には親に依存せざるをえない(=パラサイト・シングル化)、さらに親が死ねば、完全なワーキングプアになってしまうというわけです。
それではワーキングプアの方々をセーフティ・ネットで救えばよいのか、といえば、実は、社会全体が変化している。そのセーフティ・ネット自体がフォーディズムを前提しているのですから。

石井光太

現在、オレオレ詐欺をはじめとする詐欺事件の被害総額は、年間五百億円以上の規模になるのだそうだ。その被害者の八割が六十歳以上の高齢者だという。
従来のマスメディアの構図では、こうした犯罪は傍若無人な若者が社会的な「弱者」である高齢者を喰い物にしているというふうに語られてきた。実際、暴力団の世界ですら、老人に対する詐欺は卑怯者のすることとして古くから下に見られるのが常だった。
だが、そうした構図は過去のものであり、今は逆転して正反対の意味を持つという。つまり、老人こそが社会を作り、金を貯め込んで逃げ切った「強者」であり、その孫にあたる「失われた世代」と呼ばれる砂漠のように枯れ果てた世の中に生まれ育った若者は、一滴の水を求めてさまよい歩く「弱者」であり、彼らは貧困の世を生き抜くために富める老人に喰らいつくのはやむを得ないのだ、と。
日本の貧困問題がマスコミによって語られだしてから十年以上が経つ。日本の相対的貧困率は六人に一人にまで達し(先進国の中で世界三位)、多くの子供たちが経済的な理由で学業をあきらめざるをえず、かろうじて大学に入学した子供たちにしても半数は、社会に出る前に奨学金という名のローンを数百万円かかえなければならない。
こうした若者を待ち受けている未来は過酷だ。大卒者であっても非正規雇用の将来の保証のない立場で働かなければならない。ブラック企業に骨の髄までしゃぶられながら何年働いても、収入は上がらず借金を返す当てすらない。現実はコストカットとリストラの連続だ。三十歳を過ぎれば非正規雇用の仕事すら乏しくなり、実家に引きこもるほかなくなる。
だが、景気の良い時代をすごした年寄りたちは、そんな若者たちの窮状を理解しようとはせずに一括りに「無気力」だの「ゆとり」だのと決めつけて見下し、そのくせ子供や孫にだけは銀行に貯め込んだお金を湯水のごとく与える。こうした格差社会にあって飢えた若者たちが、貧困大国・日本を作ったのは年寄りたちだと恨みを抱き、彼らが貯め込んでいる金を奪って何が悪いと考える者が出てくるのは、ある意味自然の流れだ。

幡野広志

普通というのはつねに変化するのだ。20年どころか10年でも5年という短い時間でも変化をする。東京の普通と大阪の普通だって違う。大都市と田舎でも違う。国が違えば当然普通が違ってくる。普通というのは時代と地域で変わるのだ。そして普通は誰かから与えられたり押し付けられることではなく、きみたちで普通を作っていいのだ。だってこれからの20年を生きるんだし。
 ・・・
きみたちの親や教師は20年とか30年ぐらい長く生きて、経験を積んでいる。でも普通は変化するというということに大人が気づかなければ最悪な場合、これから大人になっていくきみたちにとって有害になりかねない。
20年前の普通が通用したのは20年前だ。これからの未来のために普通を作ってほしいのだ。根本の普通を大きく変えなくとも、すこしずつ「これ、こうしたほうが便利じゃない?」という具合で普通を変えていってほしい。

Peter Coy

In much of Europe and East Asia you can go for weeks without touching paper money or coins. In 2013, a bank robber in Sweden was thwarted because the bank he targeted didn’t have any money to steal — the branch was a “cashless” location. Five years later, Cecilia Skingsley, then deputy governor of the Sveriges Riksbank, the central bank of Sweden, told The Financial Times, “If you extrapolate current trends, the last note will have been handed back to the Riksbank by 2030.”

Tracey Anne Duncan

FOMO is over. FOGO and FONO are our new social fears
Here on day 5 million of the pandemic, some of us are getting a little antsy. Thanks to the internet, though, there are cute names for all the new kinds of anxiety that the pandemic has spawned. Judging by the number of memes they’ve inspired, FOGO (Fear of Going Out) and FONO (Fear of Normal), are pandemics in and of themselves. These acronyms may seem a bit playful to have any clinical validity, but many psychologists think that’s exactly why they can be a helpful way to understand our complicated emotional states.
**
Going back to normal is not as easy as it sounds when we were forced to quickly adapt to changes and get into a new routine.

永野征男

古く人類が狩猟採集生活を営んでいた時代では、一時的な居住地はあるものの、同一の場所で狩猟や採集を繰り返していては獲物などの収穫が減少するため、度々移動を行った。構成人数は少なく、特定の場所への定着もないため、普通この時代の居住地を集落と呼ぶことはない。
農耕が始まると土地に定着し、生産高が増して人口が増えるようになる。最初の集落は現シリアにあるテル・アブ・フレイラと見られる。確認されたうち、最古の集落は紀元前1万1500年頃のもので、人口は200人足らずであり、暮らしは野生種の種子を播いて成長を待つといった農耕の前過程であったとされる。その後、人為選択で野生種を栽培に適したものに変えていき、紀元前1万1000年の集落跡には農耕の痕跡が見つかっている。
村落が交易の中心となることで町が形成され、さらに政治的権力や経済的特権の付与によって都市に発達すると考えられる。
日本には城下町、宿場町、門前町、鳥居前町、鉱山町、商港町、軍港町などがある。

Wikipedia

Cancel culture or call-out culture is a modern form of ostracism in which someone is thrust out of social or professional circles – whether it be online, on social media, or in person. Those subject to this ostracism are said to have been “cancelled”. The expression “cancel culture” has mostly negative connotations and is commonly used in debates on free speech and censorship.
The notion of cancel culture is a variant on the term call-out culture and constitutes a form of boycotting or shunning involving an individual (often a celebrity) who is deemed to have acted or spoken in a questionable or controversial manner.
Notably, many people claiming to have been “cancelled” often remain in power and continue their careers as before. Moreover, some cancellations have also been defended as exercising free speech and promoting accountability. Others criticize cancel culture as creating a chilling effect.

Adobe Photoshop

Photoshop のニューラルフィルターを使用して、古い白黒写真に色を付けたり、表情を変えたり、スナップで背景を写実的にぼかしたり、ポートレイトを大幅に編集したりできる。
例えば、スマートポートレイトフィルターを使えば、笑顔、驚き、怒り、年齢、視線、髪の量、顔の向き、照明の向きの新しい要素を生成することで、ポートレイトをクリエイティブに調整することができる。

自発的隷属

誰かの気分を害してはいけないから
当たり障りのないことしか言わなくなり
言葉はどこまでも虚ろになる

規則や決まりごとを変えようとすれば
必ず反対する人がいるから
誰も何も変えようとはしない

先入観を揺さぶるような発言をすれば
必ず不快になる人がいるから
発言はすべて保守的になる

少数派に配慮をしなければといって
多数の意見を封じてしまい
意見を持つことが悪いかのように思わせる

誰かがそうしろと言ったわけではない
検閲や言論統制があったわけでもない
権力仕組んだのではなく 人々が望んだのだ

みんな映像に慣れ 文字から離れてゆく
もう誰も 何が事実なのかを知らない
誰も 真実を求めようとしない

映像のなかの物語が 代わりの人生になり
どこまでも美しい景色が 目の裏に焼き付く
実際にはない風景や人物が 存在を歪める

人々が 不思議な同調圧力集団を形成し
進んで ものを考えなくなってゆく
社会は もう誰のものでもない

変化

この世界には
変わらないものはなにもない
永続も 永遠も ただの幻だ
高級住宅地は スラムになり
贅を尽くした館は 廃墟になる
得たものは 失われ
あるものは なくなる
この世界を知るには
変化について知るしかない

変化についての基本は
たぶん 恐れないことだ
現実を恐れない
生きることを恐れない
死ぬことを恐れない
神を恐れない
太陽を恐れない
君を恐れない
変化を恐れない

そう 変化を恐れない
どうやっても なにもかもが 変化するのだから
恐れても仕方ない
現実を直視する
変化を直視する
そうすれば どんな変化も 受け入れられる
悲しい変化も 恐ろしい変化も 楽しくやりすごす
自然災害は地球が良くなるため
人災は人が生き延びるため
そう思って どんなことも受け入れる
人の運命も
君の運命も
僕の運命も
笑って受け入れる
そう ただ 受け入れる

エッセンシャル・サービス

エッセンシャル・サービスという不思議な言葉がある
日常生活を送るために必要不可欠なサービスのことだ
エッセンシャル・サービスを担う働き手たちのことを
エッセンシャル・ワーカーといって持ち上げたりする
政府がエッセンシャル・サービスのリストを作ったり
エッセンシャル・ワーカーはこんな人だという時には
政府にとって都合のいいものばかりが並ぶのだけれど
それは果たして社会にとってエッセンシャルだろうか
第二次世界大戦の敗戦を機に作られた枠組みのなかで
老朽化したビュロクラシーは本当にエッセンシャルか
健康 医療 介護といったエッセンシャルなサービスが
健康産業 医療産業 介護産業といった産業に変質して
市場の分析だとか 産業の成長とかを 話し始めたとき
それらはもうエッセンシャルではなくなってしまった
健康食品産業 医療機器産業 福祉機器産業などはもう
本来の目的をどこかに置き忘れ売上だけを考えている
教育産業になった教育はもうエッセンシャルではない
防衛産業になった防衛ももうエッセンシャルではない
生産 流通 配送 交通 電気 ガス 上下水道 通信 金融など
エッセンシャルに見えるものの実態を調査してみると
エッセンシャルでないサービスがたくさん見えてくる
エッセンシャルでないように見えるサービスがじつは
欠く事のできないエッセンシャル・サービスだったり
エッセンシャルに見えるサービスのほとんどがじつは
エッセンシャルでも何でもないサービスだったりする
エッセンシャル‣ワーカー エッセンシャル‣サービス
そういった お上が大好きな言葉に 騙されてはいけない

Eric Klinenberg

Infrastructure, at its most fundamental level, is not about roads and bridges, cable and concrete. It’s about who we are, what we value and what kind of society we want to create.

人の進化

人は言葉を獲得し
意思の疎通がうまくなり
あらゆる敵を打ち倒し
怯えずに暮らすようになった

人の体温は下がり
骨は軽くなり
必要なカロリーは減り
遺伝子が変わる

人の活動が狩猟から農耕になると
遊牧民だった人たちは農民になり
獲物を追っての旅は終わりを告げ
慣れた土地での繰り返しが始まる

人の体温はさらに下がり
骨はもっと軽くなり
必要なカロリーは際限なく減り続け
遺伝子がまた変わってゆく

活動の場所が農地からオフィスに移ると
農民だった人たちはオフィスワーカーになり
土に親しむ暮らしは終わりを告げ
ビルのなかでの繰り返しが始まる

人の体温は下がり続け
骨は軽くなり続け
必要なカロリーは減り続け
遺伝子が変わり続ける

オフィスに行かなくてもよくなって
みんながリモートで働くようになり
会うことも話すこともなくなって
リアルかバーチャルかわからなくなる

人の体温は極限まで下がり
骨はもっともっと軽くなり
必要なカロリーはとても少なくなり
遺伝子が大きく変わる

動物を追うことなどない
苗を植えることもない
他人と交わることもない
人は もう人ではない

自然から遠ざかった人が
どこに向かっているのか
どのように変わるのか
それは進化なのだろうか

覇権国

覇権国イギリスに綻びが出始めた頃に
日本はイギリスと同盟関係を結んだ
しばらくして
覇権国イギリスが衰退する頃に
日本は新しい覇権国アメリカと戦争をして
そして負けて
アメリカの植民地のようになった

覇権国アメリカに綻びが出始めた頃に
日本はアメリカと同盟関係を強固にした
しばらくして
覇権国アメリカが衰退する頃に
日本は新しい覇権国中国と戦争をして
そして負けて
中国の植民地のようになるのではないか

まあ そんなことは 起きないだろうけれど

すべては変わる

飽きるのを
悪いことのようにいう人がいる
でも 飽きるのは変わろうとするからで
夢中になれる何かを探し続けているからで
だから 飽きるのは 自然なのだ

変わり続ければ 飽きたりしない
変わり続ける何かを探し続けていれば 飽きっぽくみえる
変わり続けるのは 悪いことではない
でも 変わり続ければ
たくさんのものを得るかわりに
たくさんのものを失う

変わり続けて
たくさんのものを失って
それでも笑っていられれば
それでいい
。。。かもしれない
いつか 変わり続けるのに飽きるまで
失い続ければいい

いや まてよ
変わり続けなくても飽きる
人は どんなものにも飽きる
みんなで飽きるから 車のデザインは変わり続ける
服や靴のデザインも流行をくりかえす
都会に住めば 田舎に住みたくなり
田舎に住めば 都会に住みたくなる
そう 僕たちは 飽きるようにできているのだ

飽きるようにできているのに飽きないのは
君をずっと好きなのは
とっても変
。。。かもしれない

変わりゆく景色

目に見える景色は 変わり続ける
同じ景色は 二度と現れない

目の前にある景色は 今だけのもの 束の間のもの
だからこの景色は愛しい

思い出の景色は いつまでも美しい
でも どんな景色も 君のいる景色には敵わない

過去を秘めた景色が 徐々に消えてゆく
夢を秘めた景色が 徐々にはっきりしてくる

辺りが明るくなる 止まっていたものが動き出す
風が吹き 水が流れ 君が笑い 君が跳ねる

でも どんな景色も 変わり続ける
同じ景色は 二度と現れない

銀行

はじめてはいる未来の銀行は
明るくて清潔で静かだ
目の前に現れた大きなスクリーンには
運用や投資しかない
仕方なく その他を選んで タッチする
どこからか
 ただ今の時間はサービス時間外となっております
という声がする
どうしたらいいかわからず
辺りを見回す
誰もいないし なにもない
監視カメラに映る僕は
さぞかし間抜けに見えていることだろう
スクリーンにヘルプのボタンを見つけ
おそるおそるタッチする
どこからか響いてくる無機質な声が
いろいろな質問をする
それにひとつひとつ答える
20か30の答えのあとで
無機質な声が
 申しわけありません 本人確認ができませんでした
と言う
どうしたらいいのかと尋ねたら
 もう一度はじめからやり直してください
という答えが返ってくる
こんなことで 冷たいと感じたらいけない
みんなが冷たいわけではないのだ
世の中には冷たい AI ばかりじゃなく
暖かい AI もいる
だから
もしかしたら次の問い合わせには
暖かい答えが返ってくるかもしれない
マニュアル化して画一化した AI といえども
なかには少し違う AI もいて
助けてくれるかもしれない
未来の社会では 生きづらいことも多いけれど
そう捨てたものじゃないことも いっぱいある
 かもしれない
効率化と自動化とが進み
なにもかもがオンラインで
受付が無人受付システムになり
紙の預金通帳はデジタル通帳になったのは
遠い昔のこと
人は要らない
紙も要らない
そして 客も要らない
 カネのない客は客ではありません
 当行は必要としておりません
 当行がお客様に合う銀行なのか
 もう一度お確かめください
そういう未来の銀行に比べれば
今の銀行は夢みたいだ
そう考えて今の銀行に行けば
感謝で満たされるに違いない
って そんなわけないか

転居

向原町 239番地にあった公孫樹や梔子や紫陽花は
 コンクリートのなかに消えた
目黒本町 6丁目を流れていたどぶ川は
 暗渠になって姿を消した
本羽田 3丁目にポツンと建っていた家は
 建ち並んだ家々のなかに埋もれてしまった
隼町 13番地にあった広い空は
 ビルで区切られてしまった
両国 4丁目にあった下町の空気は
 ツンとすましたよそ行きの空気になり
萩山町 1丁目にあった景色は
 石も木も水も そして土までも失い
東大井 4丁目にあった慎ましさは
 豪華さにとって代わられた
2734 Hampshire Road にあった壊れかけたビルは
 不動産投資のおかげでピカピカになり
鍛冶町 190番地にあったはじめてのビルは
 後から建ったビルの間に姿を変え
Avenue Helvétique 2 にあった静けさは
 街の賑わいに包まれてしまった
38 Vert Village にあった永遠の家は
 隣人が見守ることになり
御影山手 1丁目にあった仮の館は
 いつしかちゃんとした館に変わり
1619 Third Avenue にあった幻は
 現実に置き換えられ
10 Liberty Street にあった夢は
 本当の夢になってしまった
そう みんな幻 みんな夢
昨日のことも 明日のことも

おかしくなったのは

心地よい春風が吹いているのに
暖房に慣れた体が 寒いと言っている

きっと 爽やかな秋風が吹いても
冷房に慣れた体は 暑いと言うのだろう

老人施設にいる人は 科学技術のおかげで
一年中同じ温度のなかで 快適にすごす

常夏の島にいる人は 異常気象のせいで
寒波に見舞われ 寒さに震えている

自然の摂理から遠いところにいて
考えも行動も狂ってしまった

自然の摂理から離れて暮らしていたら
人は人でなくなってしまった

環境がおかしくなったのではない
人がおかしくなったのだ

周りがおかしいのではない
僕がおかしいのだ

別世界

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった

国境を抜けると海が見えてきた

それまでとは違う別世界に入る感じがして
いい

なにかが待っている感じ
もう戻れない感じ

生きていることはすべて
一方通行
戻ることはないし
同じことは二度と起こらない

別世界で何をするか
思いは広がる

四季

春 山笑う
夏 山滴る
秋 山粧う
冬 山眠る

春 水湧く
夏 水轟く
秋 水行く
冬 水凍る

春 君歌う
夏 君弾む
秋 君感じる
冬 君安らぐ

春 遥う
夏 逍う
秋 漂う
冬 無に帰する

秩序

世界の秩序とか国の秩序とか
そんな秩序というものに
憎しみを持つ人たちがいる
秩序の側にいる人たちには
秩序の反対側に陥った人たちの気持ちはわからない
恵まれている人たちには
恵まれていない人たちの気持ちはわからない
搾取していることに気付かずに
間接的に搾取している人たちには
搾取されている人たちの苦しみはわからない
テロリストたちの憎しみは
超大国の人たちのテロに対する憎しみを
はるかに超えている
そもそも超大国の人たちは
世界中で自分の国が
なにをしているのかを知らない
テロはいけないといい
戦争反対という人たちは
自分たちがテロの原因だということをわからず
自分たちが戦争を起こしていることを知らない
富を独占し 利益を共有する人たちは
自分たちは正しいと思い
敵は間違っていると思う
敵と呼ばれた人たちは
自分たちがなぜ敵なのかを知らない
あらゆる絶対的なな秩序の前には
秩序を壊そうという人たちがたくさん現れ
あらゆる絶対的な力に対しるアレルギーは
幸いなことに普遍的だ
絶対的な秩序は必ず壊される
絶対的な力は必ず失われる
革命など起こさなくてもいい
永遠に続く秩序など どこにもないし
永遠に強いと思わせる人も 必ず死ぬ
秩序は壊れるためにある
国は亡びるためにある
力はなくなるためにある
エントロピー増大の法則を持ち出すまでもなく
秩序あるものも 放っておけば
無秩序になり 混沌としてくる
不安定なものは 放っておけば
安定してくる
整然としたものも 放っておけば
乱雑になり
確実なものは 放っておけば
不確実になる
ぜんぶが落ち着くところに落ち着く
すべての嘘はバレて
虚構は‪消える
普遍的だという嘘はバレて
人権という虚構は消える
20世紀の夢は 21世紀の夢に取って代わられ
20世紀の価値は消えてゆく
価値が消えるとき
秩序も消える
21世紀に生まれる秩序がいいとは限らないけれど
なにかが終わり なにかが始まる
なにが起きても 君には笑っていてほしい
どんなになっても 君には幸せでいてほしい

なにかが変わった

価値観が変わった
大切だと思っていたことが
大切ではないと気付いた
気にしていなかったことが
とても大切だとわかった

ではどうしたいのか
なにを描きたいか

程々の家に住み
程々の椅子に座って
目の前の風景を眺める
風を感じる

空気を肌で感じる
草の匂いを嗅ぐ
水の音を聞く

空を見上げる
朝の空を 昼の空を
夕方の空を 夜の空を

そして
君を感じる

変わる

社会が変わるのは
なにも今に限ったことではない
人が変わる 社会が変わる
景色が変わる 自然が変わる

川の流れが変わる
山の形が変わる
海岸線が変わる
すべてが変わる

大正の頃には
江戸趣味を知っている人がたくさんいたのに
いま江戸趣味といえば 遠い遠い過去のこと
いま
大日本帝国を知っている人がたくさんいるけれど
近い将来 戦前は誰も知らないという時がくる
もうすでに
メイドインジャパンが世界中に溢れていたことも
忘れられている

時代はいつも大きく変わる
生活が変わり 価値が変わり
そして すべては忘れさられる
いまの変化もすぐに過去になる

いま言われているのが
Physical から Intangible への変化
目に見えるものから 目に見えないものへ
有形から 無形への変化だ

有形のものは なかなか消えないけれど
無形のものは すぐに消える
無形資産が 有形資産を上回り
無形経済のなかで 知も消費される

新しいゲームはいつも難しい
変わったことに気づいた頃には
ゲームはもう終わっている

見えないものは見えない という
でも
見えないはずの人の気持ちも
寄りそい続ければ見えてくる
愛もきっと見えてくる

すべてが変わる

鉱山関係がいいからといって就職しても
退職する頃には鉱山は廃れ
繊維関係がいいからといって就職しても
退職する頃には繊維は廃れ
海運関係がいいからといって就職しても
退職する頃には海運は廃れ
造船関係がいいからといって就職しても
退職する頃には造船は廃れ
電気関係がいいからといって就職しても
退職する頃には電気は廃れる

どんな変化のなかにいても
誠実でいればいい
そう教えてくれた人も
もういない

変化のスピードは驚くほど速くなり
1年前に将来性があると言われた分野が
もう廃れている

どの分野も変わっていないように見えて
数年前とは様変わりしている

すべてが変わる
なにもが変わる
人が変わり
あたりまえも変わる

人の心が変わり
信じていいものも変わる

やめられない

偉いお坊さんは
悪性さらにやめがたし と言い
昭和のヒーローは
わかっちゃいるけどやめられない と言った
考えてみれば やめられないことばかり
なにが悲しいって やめるなんて 考えることもできない

飲む打つ買うがやめられないなんて 一昔前のはなし
宵越しの銭は持たないなんて 今はもう流行らない
マトモなやつらは偉そうに そんなことを言うけれど
まわりを見渡してみれば マトモでないやつばかり
時代は変わったと言いながら みんなリアルなことを続け
やめられない止まらない と口ずさんでいる

飲みさえしなければいいやつなんだけどなあ とか
ギャンブルとなると人が変わっちゃうんだよな とか
女のことさえなければ悪い人ではないんだけど とか
そんなことで世の中はまわっていく

すごくもないのにすごいと言われ やればできるとおだてられ
それが手だとは露ほども知らず 騙されたのにも気付かずに
気がついてみれば やめられないことばかり
どうしたらやめられるのか わからないことばかり

飲む打つ買うまでバーチャルの バカどもよりはマシだよと
今日もリアルな飲む打つ買うで 少ないカネがゼロになる
作り話に涙を流し 騙されることを喜びながら
詐欺に騙される老人を バカじゃないかとバカにする

あなたの国のために何ができるのか なんていう国に騙され
幸せはあなたの心の中にある という宗教に騙され
あなただけが生きがいなの という甘い言葉に騙されて
信じる者は救われると 騙されることを肯定する

信じることができないなんて
なんて可哀想な人なんでしょう
そう言われるのは僕が 異邦人だからだろうか
それとも一緒に騙されないからだろうか

騙されるのが嫌だといっても
やめられないことがないわけではない
やめられないことがいくつもあって
それで人を傷つける

悪性さらにやめがたし という言葉が胸に刺さる
わかっちゃいるけどやめられない も心に沁みる
やめられないものはやめられない
今日もやっぱりやめられない

やめられないものをやめてしまえば
それはもう自分でない
そんなふうに開き直って
なにもやめない自分が見える

やめられないために塀の中に行く人や
病院のベッドに繋がれる人がいるけれど
僕はひとりで のたれ死ぬ
それが卑怯でも のたれ死ぬ

やっぱり やめられない
どうにも やめられない
君も やめられない
君は やめたくない

進歩

進歩が望ましい方向へ進んでいくことだとしたら
私たちがしているのは進歩ではないのかもしれない
そんな疑問を持ったとしても
私たちには何も変えられない

病気を治すことができるようになれば
それは進歩
脅威から身を守ることができれば
それは進歩
エネルギーを使えるようになれば
それは進歩
食糧の生産を増やすことができれば
それは進歩

そういうことが進歩だと思うしかなくなっていて
新しいことを考えるのは進歩のため
新しいことを見つけるのも進歩のためと
勉強したり働いたりを続けてきた

進歩はいいことだと信じていたら
進歩に加速度がついてしまい
もう誰にも
進歩を止めることができない

進歩して私たちの役割が変わって
神を演じるようになったときに
いったいどんな神を演じたらいいのか
わからずに戸惑っている

越えてはいけない一線を越えた
相変わらず哀れな動物は
神になってはいけないのに神になり
生命を弄ぶことを覚えてしまった

植物の品種を改良し
動物の品種を改良し
微生物の品種を改良し
挙句の果て
遺伝子を組み替え
ゲノムを編集する

それらはどれもいいこととされ
誰も悪いことだとは言わない
このまま行けば
人に手を付けるのも時間の問題だ

父の心臓が止まりかけたとき
病院の先生のすすめに従って
ペースメーカーの埋め込み手術の申請書類に署名して
おかげで父は長生きした

父の心臓は止まりかけていた
それなのに私は神の代理になって
自分がなにをしているのかわからないままに
父の心臓を動かし続けることに同意した

神になるなんてことに加担はしていないと
何度も自分に言い聞かせ
父の穏やかな日々を眺めながら
鈍感な自分に安堵する

時間とともにすべてを忘れ
何か問題が起きれば反省はする
でも
進歩はいけないっていう話とは
少し違うと思う

進歩するのは仕方がない
進歩しちゃうんだから
そんなことを言いながら
進歩についていけない私たちは
なんだかおかしいと思ったりもする

進歩を生み出している私たちが
進歩についていけない
それはおかしくはないか

私たちが作り出すものはどんどん複雑化して
間違いの少ないものになっていく
それなのに
作り出している私たちはいつまでも変わらず
間違いだらけのまま
どうしたらいいのか
誰にも答えはない

私たちは競争の中に投げ込まれたようなもの
何をしても競争相手は世界中にいて
何かで上手くやったとしても
すぐに追い付かれ追い越されてしまう
選手が元選手になるのは一瞬のこと
右を見ても左を見ても
いるのは元選手ばかり
昔の栄光はどれも素晴らしい

通信技術の発達で
好むと好まざるとにかかわらず
世界中の多様な情報にさらされる
でもひとりの人間にとって
意味を持つことの情報の量は限られていて
それを超えれば情報の意味はなくなり
単なるノイズになってしまう
でもノイズはお構いなしにやってきて
感知の機能は消耗させられ
感知能力は麻痺していって
大切な情報にが来ても反応できなくなる

自分の生きる世界が拡がって
拡がった分だけ自分は不安定になって
店に並ぶ食べものも道具さえも
遥か遠くの国から運ばれて来ていることに
愕然とする

自分を支える世界が拡がった分だけ
自分が生まれ育った場所がかすみ
もう故郷という言葉には
何の意味もない

なじみのないものはあたりまえで
毎日が新しい遭遇で
会ったことのない人
見たことのない物
知らない技術
信じられない情報
理解できない状況

なじみのないものへの恐れから
人は誰も疲れ果て
気づかずに溺れかけている

誰だって人を好きになる
とても深く愛してるって思うこともある
でもいつもそれを疑って
少し悲しい気持ちになって
進歩がなければいいのになって
そんなふうに思ってしまう

進歩がなければおごることもなくて
無理したり努力したりもなくて
ストレスもなくて
君を心から愛していると思えて
深く愛していると思えるんじゃないか
進歩さえなければ
進歩を信じなければ
君だけを見ていれば
いいんだけれど

新しい社会の仕組み

中国では QRコード決済システムの健康コードを使って
すべての人の接触履歴が簡単に掌握されてしまった

QRコード決済システムのビッグデータと
移動や健康に関する行政のビッグデータが組み合わされ
スマートフォンに緑黄赤のいずれかの色が表示される
緑が表示されれば安全な人物
黄なら要注意人物として7日間の隔離
赤ならば濃厚接触者として14日間の隔離
という仕組みがあっという間に導入されたのだ
自分で確認できるだけでなく
検問所でも健康コードがチェックされている

行動の自由や移動の自由は保障されているものの
個人の行動や移動はすべてシステムから見えてしまう
スマートフォンを持たなければいいというものの
持たなければ買い物もできず社会生活が営めない
行動や移動がすべてわかってしまう社会
それは驚くべきことではないか

テクノロジーの利用には目を見張るものがあって
個人の情報やプライバシーのことは問題にならず
オンラインでの買物が生活インフラの一部となり
オンラインとオフラインの融合が現実になってしまった

新型コロナウイルスのことがあって
人間が長いあいだかかって獲得してきたはずの
移動の自由とか 人に会うことの自由とかが
あっという間に取り上げられ
自由とか民主主義とか人権とかが
一瞬にして意味を失ってしまった

残念とか悲しいとか言ってもなにも始まらない
新しい状況のなかでも大事なことには声を上げ
いい景色のなかで君の横顔を見る
社会がどんなに変わっても 君はきっと微笑んでいる
そう信じている

77年間

1483年(文明15年)から1560年(永禄3年)までの77年間
東山殿の造営から桶狭間の戦いまで
足利義政から織田信長まで
敷きつめられた畳、障子、床の間など、 現在に至る和のすべてがこの時に始まった

1560年(永禄3年)から1637年(寛永14年)までの77年間
桶狭間の戦いから島原の乱まで
織田信長から徳川家光まで
情報戦、神仏を恐れない振舞い、安土城の築城、楽市楽座令など、近代が始まった

1637年(寛永14年)から1714年(正徳4年)までの77年間
島原の乱から江島生島事件まで
徳川家光から徳川家継まで
キリスト教の弾圧、鎖国体制の確立、参勤交代など、江戸幕府の体制が確立された

1714年(正徳4年)から1791年(寛政3年)までの77年間
江島生島事件から寛政の改革まで
徳川家継から松平定信まで
家継の死で吉宗が将軍になり、増税、新田開発、目安箱など、江戸幕府が再興された

1791年(寛政3年)から1868年(慶応4年)までの77年間
寛政の改革から明治維新まで
松平定信から明治天皇まで
緊縮財政、学問・風俗の取り締まり、備荒政策など、江戸幕府の終わりが始まった

1868年(明治元年)から1945年(昭和20年)までの77年間
明治維新から大東亜戦争終結まで
明治天皇から昭和天皇まで
強引な近代化を行い、軍事大国になっていったが、敗戦ですべてが水泡に帰した

1945年(昭和20年)から2022年(令和4年)までの77年間
大東亜戦争終結から今日まで
昭和天皇から今上天皇まで
敗戦から立ち上がり、経済大国になったが、その後、ゆっくりと衰退していった

幸せに生きるために

恨み、無念さ、嘆き、悲しみ、つらさ
不満、もの足りなさ、心残り、未練
憧れ、妬み、悲惨さ、渇望、無常
そんなものが体のなかを渦巻いたとき
湧き上がってくるのはなんだろう?

恨まれる、恨む
怨まれる、怨む
憾まれる、憾む
なにもなく幸せに生きるのに
恨みも怨みも憾みもいらない
もちろん罰なんていりはしない

願う、望む、求める、念ずる、欲する
求める、好む、祈る、思う、期待する
そんなことで恨みが変わるのなら
恨みが愛に変わるのなら
過去も報復もいりはしない

恨みの連鎖を断ち切るには
受け入れることと
赦すこと
そして
忘れることが
必要だ

近づかない、関わらない、考えない
そして
受け入れる、赦す、忘れる
受け入れる、赦す、忘れる

Samuel Schellenberg

Des heures d’attente pour manger. Ces sept derniers jours, dans l’actualité helvétique, aux interminables queues de voitures devant les drive-in du leader mondial de la malbouffe ont succédé les images d’une longue file de quelque 2500 précaires, samedi à la patinoire de Vernets, à Genève. Des femmes et des hommes durement frappés par la situation économique liée au Covid-19, venus recevoir un sac de nourriture d’une valeur de 20 francs.

濱田篤郎

 人間の文明は古代、中世、近世、近代と進化を遂げてきた。そしてペストの大流行はその節目毎に出現している。この病気が本来は、ネズミという生物種を維持するメカニズムであったとしても、同時に人間の文明を進化させる魔力として機能しているのかもしれない。
 現在、世界に存在するペストの巣窟は3つにとどまらない。4回目の世界流行の果てに、それは北米の砂漠地帯にも新たな拠点を築いたのである。これら巣窟の周囲では、最近でも年間2000人前後のペスト患者が発生している。抗菌剤が発達した現代、その死亡率は10%以下に低下しているが、近年は抗菌剤に抵抗性のペスト菌も少しづつ出現しているのである。
 最後の世界流行が発生したのは19世紀末のことで、300年周期とすれば次の流行は22世紀あたりになるだろう。しかし油断は禁物である。ペストは文明の停滞や堕落を常に監視しているのだ。
 カミューは「ペスト」の最終章を次のような文章で結んでいる。
 「人間に不幸と教訓をもたらすため、いつかペストは鼠どもを呼び覚し、何処かの幸福な都市に彼等を死なせにやってくる」

Wikipedia

One theory that has been advanced is that the devastation in Florence caused by the Black Death, which hit Europe between 1348 and 1350, resulted in a shift in the world view of people in 14th-century Italy. Italy was particularly badly hit by the plague, and it has been speculated that the resulting familiarity with death caused thinkers to dwell more on their lives on Earth, rather than on spirituality and the afterlife. It has also been argued that the Black Death prompted a new wave of piety, manifested in the sponsorship of religious works of art. However, this does not fully explain why the Renaissance occurred specifically in Italy in the 14th century. The Black Death was a pandemic that affected all of Europe in the ways described, not only Italy. The Renaissance’s emergence in Italy was most likely the result of the complex interaction of the above factors.
The plague was carried by fleas on sailing vessels returning from the ports of Asia, spreading quickly due to lack of proper sanitation: the population of England, then about 4.2 million, lost 1.4 million people to the bubonic plague. Florence’s population was nearly halved in the year 1347. As a result of the decimation in the populace the value of the working class increased, and commoners came to enjoy more freedom. To answer the increased need for labor, workers traveled in search of the most favorable position economically.
The demographic decline due to the plague had economic consequences: the prices of food dropped and land values declined by 30–40% in most parts of Europe between 1350 and 1400. Landholders faced a great loss, but for ordinary men and women it was a windfall. The survivors of the plague found not only that the prices of food were cheaper but also that lands were more abundant, and many of them inherited property from their dead relatives.
The spread of disease was significantly more rampant in areas of poverty. Epidemics ravaged cities, particularly children. Plagues were easily spread by lice, unsanitary drinking water, armies, or by poor sanitation. Children were hit the hardest because many diseases, such as typhus and syphilis, target the immune system, leaving young children without a fighting chance. Children in city dwellings were more affected by the spread of disease than the children of the wealthy.
The Black Death caused greater upheaval to Florence’s social and political structure than later epidemics. Despite a significant number of deaths among members of the ruling classes, the government of Florence continued to function during this period. Formal meetings of elected representatives were suspended during the height of the epidemic due to the chaotic conditions in the city, but a small group of officials was appointed to conduct the affairs of the city, which ensured continuity of government.

Ole Jørgen Benedictow

Thus, the arrival of the Black Death heralded a new historical period in which epidemic disease affected profoundly the structure and course of European society, from Norway to Spain, from England to Russia. Later research has shown that developments were quite similar in Arab countries in North Africa and the Middle East, and this appears also to be the case in Asia Minor and the Trans-Caucasian countries. This, then, is the reason the history of the Black Death is important: it made history.

Ole Jørgen Benedictow

The development of long-distance trade by galleys and cogs from the late 1200s was crucial to plague’s spread, because it linked Europe together and with distant trading stations and commercial hubs near plague focal points in north Africa, the near east, the Middle East, and in southern Russia. In the early 1300s, the probability that plague would arrive in Europe was rapidly increasing; the commercial and demographic requirements for its dissemination were all in place.

The historical impact of the Black Death and subsequent plague epidemics resulted in a temporary halt in the development of the early Renaissance, which was not resumed until about 1450.

sasakiii

  • ステージ1 : 人類誕生~10,000年前(人が日常的に死んだ時代)
    狩猟生活。基本他の動物と同じなので生存競争の中で日常的に死ぬ。
  • ステージ2 : 10,000年前~200年前(疫病・飢饉で人が死んだ時代)
    農耕生活。大規模な社会が生まれたけど疫病・飢饉・戦争で定期的に死ぬ。生まれ落ちた階級ガチャでも理不尽に死ぬ。
  • ステージ3 : 200年前~50年前(人が人を殺した時代)
    産業革命以降。外部エネルギー(石炭等)を活用できるようになり衣食住急改善したことで死が身近でなくなった一方で、政治判断で突発的に数百万人単位が死ぬ。
  • ステージ4 : 50年前~今(人が死ななくなった時代)
    冷戦以降。理不尽は世界から完全には消えていないが、死は身近ではないし、突発的に数百万人死ぬこともなくなった超安定期。

古田拓也


1995年から2015年までの20年間で、経営者数がピークとなる年齢が、47歳から66歳にまで高齢化した。95年にはわずか7.3%程度だった70代の経営者が、20年には19.3%と、3倍近い水準にまで上昇している。その一方で、50代未満の経営者は、95年の67.1%から足元では48.2%まで低下しており、経営者の世代交代に難がある現状がうかがえる。

松本裕子

1カ月半ぶりに2万円台を回復した日経平均株価。実体経済への不安が残るなかで株価を押し上げてきたのは、あらかじめ決められたプログラムに従って売買する「機械の投資家」だ。新型コロナウイルスの景気や企業業績への悪影響を懸念して持ち高を抑制していた中長期の機関投資家は苦戦している。耐えきれず買いに動けば一段高になる可能性も出てきた。

日本経済新聞

マーケットに流動性をもたらしているのが、HFTのような機械なら、新たに株価の方向性を決める存在に浮上しているのもAIファンドなど機械だ。
米国では求人者数やホテルの予約件数などこれまで投資情報にならなかった「オルタナティブ・データ」をAI(人工知能)が分析し、投資に活用する動きが広がる。米データ調査会社、シンクナムは18年11月、米ゼネラル・モーターズ(GM)が工場閉鎖などの構造改革案を公表する前に同社の求人者数が8割減っていたとの調査を公表した。GM株は構造改革案を発表後に急騰した。AIファンドは求人者数など新しいデータを事前に入手、分析し、株価の方向性変化を狙う。
こうした株価の変化を増幅させているのが、モメンタム型ファンドや商品投資顧問(CTA)などトレンドフォロワーと呼ばれる「順張り」勢だ。

テクノロジーの発展で市場の無人化は急速に進む。一方、AIはヒトによる分析や検証が不可能なブラックボックス化の問題をはらむ。18年12月26日の米株式相場は1000ドルを超える史上最大の上昇幅を記録し、年明け3日には再び急落した。無人市場ではこうした乱高下が「ニューノーマル」なのかもしれない。

Niall Ferguson

Globalization is in crisis. Populism is on the march. Authoritarian states are ascendant. Technology meanwhile marches inexorably ahead, threatening to render most human beings redundant or immortal or both. How do we make sense of all this?

Technologies come and go. The world remains a world of squares and towers.

The crucial question is how has it changed? The answer is that technology has enormously empowered networks of all kinds relative to traditional hierarchical power structures – but that the consequences of that change will be determined by the structures, emergent properties and interactions of these networks.

ウィキペディア

易姓革命は、古代中国において起こった孟子らの儒教に基づく、五行思想などから王朝の交代を正当化する理論。
周の武王が殷の紂王を滅ぼした頃から唱えられ、天は己に成り代わって王朝に地上を治めさせるが、徳を失った現在の王朝に天が見切りをつけたとき、革命が起きるとされた。それを悟って、君主が自ら位を譲るのを禅譲、武力によって追放されることを放伐といった。無論、堯舜などの神話の時代を除けば禅譲の事例は実力を背景とした形式的なものに過ぎない。
後漢から禅譲を受けた魏の曹丕は「堯舜の行ったことがわかった」と言っている。後漢から魏のように、前王朝が徳を失い、新たな徳を備えた一族が新王朝を立てたというのが基本的な考え方であり、血統の断絶ではなく、徳の断絶が易姓革命の根拠としている。儒家孟子は易姓革命において禅譲と武力による王位簒奪の放伐も認めた。

Joseph Stiglitz

One of the marked aspects of American inequality is that health inequalities are even greater than our income and wealth inequalities. COVID-19 has brought out the magnitude of these inequalities. One would hope that with the nation having seen these glaring inequalities, it would respond in a way that would try to curb them. This is what happens when you don’t recognize the right of access to health care as a basic human right when you have large parts of the population suffering from nutritional deficiencies and so forth.

The Editorial Board – The New York Times

Just a little more than a decade ago, Americans lived through a very different kind of crisis — a financial collapse — that exposed similar fragilities in American society. The government’s response was inadequate. The recovery was still underway when the coronavirus arrived, and partly because recovery had come so slowly, America’s political leaders had failed to take advantage of the intervening years to prepare for the inevitability of fresh tests.
The nation cannot afford a repeat performance, particularly as other challenges to our society already loom, most of all the imperative to slow global warming.
The United States has a chance to emerge from this latest crisis as a stronger nation, more just, more free and more resilient. We must seize the opportunity.

Sam Phan

Inequality has reached unprecedented levels, with more than 70% of the global population living in countries where the wealth gap is growing, according to a new UN report.
Social and economic disparities have soared even in countries such as Argentina, Brazil and Mexico, where inequality had been falling in recent decades, found the World Social Report.
If nothing is done to address the problem, the prosperity and development of millions of people could be damaged.

Thomas Robert Malthus

The finest minds seem to be formed rather by efforts at original thinking, by endeavours to form new combinations, and to discover new truths, than by passively receiving the impressions of other men’s ideas.

Wilhelm Wundt

If we take an unprejudiced view of the processes of consciousness, free from all the so-called association rules and theories, we see at once that an idea is no more an even relatively constant thing than is a feeling or emotion or volitional process. There exist only changing and transient ideational processes ; there are no permanent ideas that return again and disappear again.

United Nations


World population milestones in billions (USCB estimates)
Population 1 2 3 4 5 6 7 8 9
Year 1804 1927 1960 1974 1987 1999 2011 2024 2042
Years elapsed 123 33 14 13 12 12 13 18