西田幾多郎

我々が同一の石を見るという時、各人が同一の観念をもっていると信じている。しかしその実は各人の性質経験に由って異なっているのである。故に具体的実在は凡て主観的個人的であって、客観的実在という者はなくなる。客観的実在というのは各人に共通なる抽象的概念にすぎない。

1 thought on “西田幾多郎

Leave a Reply

Your email address will not be published.