内藤正典

0576ムスリムは、世界のどこにいても、世俗国家で生まれている様々な「現象」に疑問をもち、国家の法よりも神の法に従って生きていく道を選ぶようになりつつある。それを支えているのが、イスラムのもつ癒しの力と来世への希望であることに、西洋は気づいていない。イスラムの法を、自由意志を否定し、頑迷固陋に戒律の網から抜け出せないものと決めつけてきたことによる誤認がそこにはある。
**
私は、死を迎えるとき、愛する家族と共にムスリムの友人たちに囲まれていたいと思う。高度な医療も、無機質な病室も、いらない。


1 thought on “内藤正典

  1. shinichi Post author

    イスラム―癒しの知恵

    by 内藤正典

    ・ムスリムの自殺率はなぜ低いのか

    ・孤独にならないシステム

    ・儲かるのも破産するのも神の御意志

    今の時代を生き抜くヒントは、イスラムの発想法にある

     イスラム教徒は自殺しない? イスラム教徒の実像は好戦的ではなかった。張り巡らされる癒しの知恵は、助け合いから性にまでおよぶ。

     我々はイスラムを、ふだん異質の文化、宗教としてしか認識していないかもしれないが、既存の価値観が崩壊しつつある今、実は彼らから学ぶべき事は多い。日本ではまったく伝えられていない、平安と癒しをもたらすムスリムのメンタリティーを学ぶと同時に、日本人の心の処方箋ともなる一冊。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.