住友化学園芸

blueberryブルーベリー   樹があまり大きくならず、和洋どちらの庭にも適する樹形で、春には釣り鐘状の魅力的な花が咲き、夏には果実、秋には真っ赤な紅葉と、1年を通じて楽しめます。今では「ベリーの王様」として、フルーツとしての利用以外にも、ガーデニング素材としても広く親しまれています。
ブルーベリーの魅力は、果実の健康機能性にもあります。果皮に多く含まれるアントシアニン色素には、ロドプシンの再合成を助ける働きがあり、視力改善や眼精疲労の回復に効果があると多数報告されています。
また、果実に含まれる食物繊維は、フルーツの中でトップクラスに入ります。最近では、ラビットアイブルーベリーの葉に含まれるポリフェノールの一種、プロアントシアニジンに、抗脂肪肝作用や血圧上昇抑制作用などの生理機能がある可能性も報告されており、キナ酸によってさわやかな酸味をもつハーブティーとして、利用されるようになりました。

1 thought on “住友化学園芸

  1. shinichi Post author

    ブルーベリーの育て方

    監修: 國武久登

    住友化学園芸

    http://www.sc-engei.co.jp/plant/fruits/cultivate/188.html

    ブルーベリー
    ツツジ科スノキ属
    落葉性の小果樹で、北アメリカ原産の野生植物から、品種改良されたものです。

    6月から8月にかけて、1果2~3g程度の果実をつけ、独特の食味をもつことから、世界中で食べられるようになりました。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.