TBSニュースバード

TBSnewsbird
事件・事故や政局、環境や教育問題、経済の動向から国際政治まで・・・。限られた時間では、伝えきれない事実や真実、捉え方があります。
「ニュースの視点」では、時事問題の中から毎日一つのテーマを絞り、時にはゲストや専門家を招いたり、現場から生中継を繋いだり、ニュースバードのキャスターが、政治部、経済部、社会部、海外特派員などの現役記者や解説委員と共に、ニュースの本質に迫ります。

2 thoughts on “TBSニュースバード

  1. shinichi Post author

    ニュースの視点

    TBSニュースバード

    http://www.tbs.co.jp/newsbird/lineup/viewpoint/index-j.html

    **

    TBSニュースバード TBSの24時間ニュースチャンネル

    http://www.tbs.co.jp/newsbird/

    TBSの24時間ニュースチャンネル。JNN系列28局や米CBSとのネットワー クによる圧倒的情報発信力をもとにした最新ニュースをお届け。スタジオから、現場 から、ライブ重視&速報重視でリアルな「今」をお伝えします。

    TBSニュースバードは、スカパー!または全国のケーブルテレビでご覧いただけます。

    Reply
  2. shinichi Post author

    TBSニュースバード

    ウィキペディア

    https://ja.wikipedia.org/wiki/TBSニュースバード

    国内外に展開するJNNの豊富な取材網を活用し、速報性を重視したニュースを積極的に放送している。

    基本的に専用のスタジオから、1名から2名のキャスターが交代で24時間ニュースを伝える。キャスターは主に当チャンネル専属の人物だが、TBSのアナウンサーが持ち回りで出演するときもある。多くのニュース項目は、地上波の各報道番組で放送された項目を録画・編集したものだが、緊急時は生で回線接続する場合がある。

    また、アメリカ・CBSテレビとの提携を活かし、同局のニュースやドキュメンタリー番組などを生放送・時差放送している。

    なお、毎日新聞(朝刊)の第2TV&ラジオ面には番組表が掲載されている。

    4:30を基点とする24時間放送。

    一部を除いて、番組自体は30分単位だが、内容は10分ごと(0時から6時までは15分ごと)のパートで区切られている。また、CMは毎時28分、58分から2分間挿入される。

    番組の進行によっては、CMの開始までに空きが生じることがあり、その場合は天気予報やニュース項目の一覧(背景はお天気カメラ)、もしくはチャンネルのロゴマークをあしらったフィラー映像を流して調整する。

    各ニュース番組は、2時間 – 4時間前後の枠になっており、原則初回の30分は生放送、残りの時間はその再放送であるが、時間帯により、一部内容を入れ替える。また新規のニュースや続報が入った場合も、適宜内容を新しいものに更新し、再構成したものを放送する(更新の場合、一部のパートを生放送に切り替えることもある)。大きな事件や事故、災害のニュースが入った時は随時速報(録画放送時は生放送に切り替える)するほか、TBS発の報道特別番組を地上波と同時放送する場合がある(場合によってはBS-TBSでも)。また、JNN各局ローカルの報道特番を同時放送することもある。

    **

    クロージングナビ+ニュースの視点(月曜から木曜 15:00 – 16:00)
    冒頭数分間は東証からのリポート、後半約30分 – 40分は注目ニュースについて、記者、専門家などを招いて解説する「ニュースの視点」を放送(残りの時間はニュースの再放送)。「ニュースの視点」は事前収録の場合あり。また当日21:00 – 再放送。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.