文鮮明, 重光武雄

文鮮明
1941年、19歳の時に日本に留学し、早稲田高等工学校に通い電気工学分野の勉強を続け、1943年末に卒業後、鹿島組で働いた。終戦後、22歳の時に帰国し、1954年に「世界基督教統一神霊協会」を設立した。


重光武雄
1942年、19歳の時に関釜連絡船に乗って日本本土へ転居。1944年に早稲田実業学校卒業。終戦後、ガム製造に乗り出し、1948年に株式会社ロッテを設立した。

2 thoughts on “文鮮明, 重光武雄

Leave a Reply

Your email address will not be published.