ヘレン・ラッセル

家族と過ごすために金曜は早く帰る。子どもが病気になれば給与を引かれることなく仕事を休み、家にいることができる。こういった慣習の結果として、 OECD によればデンマークは「ワーク・ライフ・バランス」の良さでトップに立つ国となっている。それに僅差でオランダ、ノルウェー、ベルギーが続き、アメリカとイギリスはそれぞれ22位と28位となっている。
公的には、デンマークの1週間の労働時間は37時間となっており、ヨーロッパで一番短い。しかしデンマーク統計局によれば、実際のデンマーク人の労働時間は週たった34時間ということだ。就労者は年間5週間の休暇をとることができ、加えて公休が13日ある。つまりデンマーク人は平均すると1カ月に18.5日しか働いていないことになる。

1 thought on “ヘレン・ラッセル

  1. shinichi Post author

    幸せってなんだっけ? 世界一幸福な国での「ヒュッゲ」な1年

    by ヘレン・ラッセル

    近年のユーロバロメーター調査によれば、デンマーク人はEU内でも最も幸せな労働者であり、Randstand.comの調査でもデンマークの労働者は世界一幸福であるという結果が出ている。加えてウォーリック大学の調査によれば、人はポジティブな状態であると12%も生産性が上がるということだ。実際に OECD の調査によれば、労働者の生産性の点でデンマークは3位につけている。長時間働かないけれど、仕事は終わらせる。国連のグローバルイノベーションバロメーターでデンマークは9位をつけており、世界銀行はデンマークをヨーロッパで一番ビジネスがしやすい国として挙げている。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.