文様

昔々 朝鮮半島から海を越えてやって来た人たちが
絹を伝え 養蚕技術を伝え 絹織物の技術を伝えた

その後 唐の朝廷で用いられたさまざまな文様が伝わり
文様の施された染織品が 装束や調度に用いられた

文様はしだいに抽象化していって もとの意味を失い
複雑化と簡素化の繰り返しのなかで 美しさを増した

文様をデザインした人 染めを施した人 縫製した人
いろいろな人が文様のなかから語りかけてくる

なぜこの文様が この大きさなのか この色なのか
小さな花が大きくなり 大きなな動物が小さくなる

君に似合う文様を探し 文様の大きさと色を決める
想像の服を着た君を思って 幸せな気持ちになる

1 thought on “文様

  1. shinichi Post author

    (sk)

    第238作
    Pattern

    有職文様図鑑
    by 八條忠基
    から何らかの刺激を受けて

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.