反ニュートリノ

粒子があると反粒子があるという
粒子と反粒子は
質量や寿命などの性質が同じで
電荷のプラスとマイナスだけが反対
そんなことを信じろという

粒子が反粒子と衝突して
質量がエネルギーに変換され
粒子と反粒子が消えるが対消滅
逆に
エネルギーが質量に変換され
粒子と反粒子が生成まれるのが対生成
そんなことらしい

粒子から作られるのが物質で
反粒子から作られるのが反物質
エレクトロンの反粒子はポジトロン
プロトンの反粒子はアンチプロトン
水素はプロトンとエレクトロンからできていて
反水素はポジトロンとアンチプロトンからできている
そんなことを鵜呑みにすれば いい生徒といわれ
なんだかなあと思えば ろくでなしといわれる

宇宙は138億年前のビッグバンで誕生したという
宇宙には始まりも終わりもないという人もいる
愛に始まりと終わりがあるように
生命に始まりと終わりがあるように
宇宙にはきっと始まりと終わりがあって

すべては
たくさんの愛の始まりと終わりからできていて
そして すべては
たくさんの生命の始まりと終わりからできていて
だから すべては
たくさんの宇宙の始まりと終わりからできている
そう
宇宙はきっとひとつではない
私たちが知っている宇宙は
138億年前に生まれた
そして
私たちが知らない宇宙が
今日生まれていてもおかしくはない

私たちの想像は限られていて
宇宙のどこかに
人のような生命体がいると期待する
そんな確率は限りなくゼロに近いのに
多くの人たちが同じことを期待している
そして
多くの人たちが同じことを信じている
宇宙が138億年前に生まれたと信じている
反物質なんていうものを信じている

科学を信じている人のなかには
宗教を否定する人が多いが
知ることができないことを
信じているということでは
科学も宗教も同じだ
ニュートリノが何なのかわからないのに
ニュートリノと反ニュートリノのことを
まじめな顔で話す人は
神のことを
どれだけ知っているのだろう

僕は神を信じない
僕は科学も信じない
愛も信じない
永遠も信じない
そして正直なところ
なんにもわからないけれど
でも僕は 君が好き
とってもとっても 君が好き

2 thoughts on “反ニュートリノ

Leave a Reply

Your email address will not be published.