音楽ビジネス

音楽がビジネスになり
音楽産業として発展し
毎年 たくさんの新譜が発表され発売されてきた
世界中の売上高は年間2兆円を超え
その半分以上が音楽ストリーミングだ

機器が変わり続け メディアが変わり続け
CDやDVDを買う時代から ダウンロードする時代へ
環境が変わっても 人は新しい曲を作り続け
歌い続け 演奏し続ける

ハードウェアやソフトウェアを使って
誰にでも作曲ができるようになると
どんな曲を作っても
以前作られた曲に似てしまう

毎年 何十万もの曲が編み出され
何百万 何千万もの曲が蓄えられる
音の組み合わせは無限だといっても
もう どんな組み合わせも 独創的とはいえない

コンピュータを使って 新譜に似た古い曲を見つけ出し
新譜の作曲をした人を 著作権侵害で訴えるなどという
新しいナンセンスなビジネスが生まれ
著作権は意味を失う

人は何千年ものあいだ
著作権料など払わずに 歌を歌ってきた
吟遊詩人の歌も ブルースも メロディーは似通っていて
でも それを 誰も おかしいとは言わなかった

聴いた曲が良ければ 歌いたくなるのは自然のこと
コピーだとか 真似たとか 似たものを作ったとか
そんな細かいことは 誰も言わなかった
大らかに笑っていれば それでよかった

自分では何もしないで
なんでもかんでもビジネスにして
カネ儲けをしている人たちに
音楽が乗っ取られてしまった

音楽はビジネスである前に
楽しむもの
楽しむことなくカネ勘定をするのは
音楽への冒涜だ
著作権ビジネスで稼ぐ人たちは
みんな悪魔だ

1 thought on “音楽ビジネス

Leave a Reply

Your email address will not be published.