Aldous Huxley

“But I don’t want comfort. I want God, I want poetry, I want real danger, I want freedom, I want goodness. I want sin.”
“In fact,” said Mustapha Mond, “you’re claiming the right to be unhappy.”
“All right then,” said the Savage defiantly, “I’m claiming the right to be unhappy.”
“Not to mention the right to grow old and ugly and impotent; the right to have syphilis and cancer; the right to have too little to eat; the right to be lousy; the right to live in constant apprehension of what may happen tomorrow; the right to catch typhoid; the right to be tortured by unspeakable pains of every kind.” There was a long silence.
“I claim them all,” said the Savage at last.
Mustapha Mond shrugged his shoulders. “You’re welcome,” he said.

2 thoughts on “Aldous Huxley

  1. shinichi Post author

    すばらしい新世界

    by オルダス・ハクスリー

    translated by 大森望
     
     
    第17章

    **

    「でも僕は、楽なんかしたくない。神がほしい、詩がほしい、本物の危険がほしい、自由がほしい、善がほしい。罪がほしい」
    「つまりきみは」とムスタファ・モンドが言う。「不幸になる権利を要求しているんだね」
    「ええ、それでいいですよ」と野人が喧嘩腰で言った。「僕は不幸になる権利を要求する」
    「老いて醜くなり、無力になる権利はもちろん、梅毒や癌にかかる権利、食料不足に陥る権利、虱にたかられる権利、あしたどうなるかわからないという不安をつねに抱えて生きる権利、腸チフスになる権利、あらゆる種類の言語に絶する苦痛に苛まれる権利も」長い沈黙が流れた。
    「そのすべてを要求します」と、ようやく野人が言った。
    ムスタファ・モンドは肩をすくめた。「では、ご自由に」

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.