自衛隊

第一次世界大戦後に締結された不戦条約は
国際紛争を解決する手段として戦を放棄し
紛争は平和的手段で解決すると規定した

しかしその条約は戦の放棄をもたらさず
勝手に解釈し裁定する自衛という概念が
例外の戦を認めることにまってしまう

戦というものは適法でも違法でもない
ただの病気としか言えないものなのに
不戦条約のせいで正義になってしまった

認められた自衛という戦を戦った挙句に
負けたものを糾弾するための裁判を行い
憲法のなかに戦の放棄を謳うよう強いる

負けた国には自衛隊という軍隊が作られ
軍隊でない軍隊は災害の度に駆り出され
挙句の果てにワクチン接種に使われる

不戦条約を骨なしにした国々に習って
憲法を変えず戦をして勝てばいいのだ
勝てばすべてが許されるに違いない

自衛隊はサッカー日本代表よりは強い
科学技術を持ってサイバー戦を戦って
人を殺めずに勝ち戦に持ち込んでくれ

勝ってくれれば自衛隊とは呼ばせない
国の正規の軍隊と認めようじゃないか
みんなの軍隊と認めようじゃないか

2 thoughts on “自衛隊

Leave a Reply

Your email address will not be published.