South China Morning Post

  • Regulators have not released a list of approved new video game titles since the end of July, marking the longest suspension since a nine-month hiatus in 2018
  • As a result, about 14,000 small studios and gaming-related firms in China went out of business over the past several months

3 thoughts on “South China Morning Post

  1. shinichi Post author

    China gaming crackdown: freeze on new video game licences extends into 2022 as 14,000 gaming-related firms shut down

    by Josh Ye

    South China Morning Post

    https://www.scmp.com/tech/policy/article/3161717/china-gaming-crackdown-freeze-new-video-game-licences-extends-2022

    China’s freeze on new video game licences is extending into 2022, dashing hopes that the process might resume by year-end, which has led many small gaming-related firms to close their operations and prompted the industry’s biggest publisher to pursue expansion overseas.

    The National Press and Publication Administration (NPPA), which is in charge of licensing video games in China, has not published a list of approved new titles since the end of July. This marks the country’s longest suspension of new game licences since a nine-month hiatus in 2018 that followed a regulatory reshuffling.

    As a result, thousands of small studios and video gaming-related firms – including those involved in merchandising, advertising and publishing – went out of business over the past several months.

    About 14,000 of these enterprises have been deregistered since July, according to a report on Friday by state-run newspaper Securities Daily, which cited data from business registry tracking firm Tianyancha. That number signified a considerable acceleration from the 18,000 video gaming firms that shut down throughout 2020.

    Larger firms such as TikTok owner ByteDance, online search giant Baidu and Tanwan Games trimmed their losses by laying off a number of employees involved in the video gaming segment of their operations.

    Meanwhile, industry leaders Tencent Holdings and NetEase are putting more resources in overseas markets.

    Shenzhen-based Tencent, which runs the world’s biggest video gaming business by revenue and ubiquitous super app WeChat, plans to open a new video game development studio in Singapore under subsidiary TiMi Studio Group. TiMi is the developer behind two of Tencent’s biggest mobile gaming hits, Honour of Kings and Call of Duty: Mobile.

    The new Singapore studio will be TiMi’s fourth overseas developer facility after those in Los Angeles, Seattle and Montreal. Before this move, Tencent had its employees in the city state work only on existing games.

    The recent company closures and lay-offs show the increased regulatory uncertainty in China, which ranks as the world’s largest and most lucrative video gaming market. That has made it increasingly difficult for companies to invest and draw up new video gaming projects in the domestic market.

    The NPPA has neither provided an official explanation for the latest suspension nor any hint on when the process for new video game approvals will resume. Since May 2019, the NPPA has typically announced newly licensed games either in the middle or at the end of each month. Between 80 to 100 games are usually approved each month.

    The freeze on new licences came months after President Xi Jinping raised the issue of gaming addiction among the country’s youth during the Chinese People’s Political Consultative Conference, the other half of China’s annual “two sessions” event in March. The other major measure, a three-hour weekly gaming restriction for minors, was announced in August.

    Reply
  2. shinichi Post author

    サウスチャイナ・モーニング・ポスト

    https://ja.wikipedia.org/wiki/サウスチャイナ・モーニング・ポスト

    サウスチャイナ・モーニング・ポスト (South China Morning Post、南華早報) は、香港で発行されている日刊英字新聞。

    **

    香港がイギリス領であった1903年に創刊された英字新聞。創刊当時の中国語題号は『南清早報』であったが、辛亥革命によって1912年に中華民国が成立したことを受けて、翌1913年より現在の『南華早報』に改めた(英語題号は変更していない)。中華人民共和国への香港返還後も引き続き多くの英語話者を抱えている香港で固定的な読者を持ち、2006年現在の発行部数は約10万4,000部である。また日曜版である『サンデー・モーニング・ポスト』(“Sunday Morning Post”)の発行部数は約8万部となっている。1996年から有料のオンライン版も発行しているほか、紙媒体版には学生割引サービスが存在する。

    1987年にルパート・マードックのニューズ・コープに買収された後、1993年からマレーシア華僑・ロバート・クオック(郭鶴年)のケリー・メディア社の傘下に入った。2015年に馬雲のアリババグループに買収された。

    **

    イギリス植民地時代、香港政庁の御用新聞といわれるほど政庁寄りの論調をとり、多くの政庁官僚が評論や資料を発表し、インタビュー取材を受けた。

    郭鶴年による買収以降は、中国政府寄りの傾向が見られるとの指摘がある。コラムニストのダニー・ギティングス、北京特派員ジャスパー・ベッカー、中国ニュースの編集・林和立(ウィリー・ラム)の解雇は、彼らの中国批判に対するものであると社外から見られたが、郭は否定している。

    とはいえ、同紙は、2005年に普通選挙実施を訴えるデモに関する広告掲載を受け入れるなど、香港最大手の中国語新聞『東方日報』ほどには、中国寄りになってはいないと評される。

    Reply
  3. shinichi Post author

    中国当局、2021年7月から新作ゲームを1本も承認せず。約1万4000もの関連企業が登記抹消
    最高指導者の意向だけに

    by Kiyoshi Tane

    https://japanese.engadget.com/china-ame-regulator-not-approved-new-titles-040053815.html

    中国ではビデオゲームの新規ライセンス発行が2021年7月から凍結されており、現在(2022年1月3日時点)までに約1万4000もの小規模なゲーム関連会社が登記を抹消されたと報じられています。

    香港メディアThe South China Morning Post(SCMP)によると、中国でゲームのライセンスを担当している国家新聞出版署(NPPA)は7月末以降、新規タイトルの承認リストを発表していないとのこと。これは2018年3月~12月にかけての休止以来(当時も中国ゲーム市場の成長が大幅に鈍化)、中国内で最も長い新規ゲームライセンスの停止となります。

    すでに昨年(2021年)9月、中国当局がテンセントやネットイースといった大手ゲーム開発企業を呼び出し、新作ゲームのライセンス発行を停止すると申し渡したことが報じられていました。さらに言えば、中国で18才未満が週に3時間以上ゲームをプレイするのを禁じられた直後のことでもあります。

    そのため小規模なゲーム関連企業の多くが事業を閉鎖し、ゲーム業界最大手のパブリッシャーらは海外展開を進めているとのこと。その結果マーチャンダイジングや広告・出版に関わる企業を含む何千ものゲーム関連企業がこの数カ月で廃業し、約1万4000社が登記を抹消される事態となっています。この数字は2020年中に閉鎖された1万8000社から、かなりの加速を示しています。

    かたやTikTokを運営するByteDance、オンライン検索大手のBaidu、Tanwan Gamesなどの大手企業は、ゲーム事業に関わる多くの従業員を解雇して損失を縮小。その一方、業界トップのテンセント・ホールディングスとネットイースは海外市場に経営資源を投入していると伝えられています。

    たとえばテンセントは子会社のTiMi Studio Groupのもと、シンガポールに新たなビデオゲーム開発スタジオを開設する予定とのことです。TiMi社はモバイルゲームの大ヒット作『王者栄耀』(「Honour of Kings」)や「Call of Duty: Mobile」、「ポケモンユナイト」などの開発元として知られています。

    NPPAは今回の停止についての公式な説明も、新規ゲーム承認のプロセスがいつ再開されるかの手がかりも提供していません。

    もともと中国でのゲーム規制強化は、習近平主席がゲームを問題視したことから始まっており、さらに最近の国営メディアがオンラインゲームを「精神的アヘンが数十億ドル規模の産業に成長した」と非難したことで加速した経緯があります。中国の国策であり、最高指導者の意向である以上、ゲームへの締め付けを撤回することは困難かもしれません。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.