天国

戦争に負けてから77年経った今でも
5万3,713 ものアメリカの部隊が
駐留している国にいて

アメリカ兵に出て行ってくれと言うことも
アメリカにもう自由にしてくれと言うことも
できない国にいて

広島や長崎に原子爆弾を落とした
アメリカに遠慮して
核兵器禁止条約に加盟しない国にいて

僕は
国に多くを感じることなく
亡びてゆくのを ただ見ている

**

山が火を噴き
大地は揺れ
津波が襲う国にいて

言いたいことを言わず
長いものに巻かれ
建前が通る国にいて

世をはかなみ
自分を責め
命をなくす人の多い国にいて

僕は
希望を持てずに
逃げ出す算段をしている

**

逃げた先には
上品で 謙虚で 心優しい人が
たくさん住んでいて

豊かな人も
貧しい人も
お互いを思いあうことを知っていて

朝夕に聞こえてくる鳥の鳴き声を楽しみ
陽の光にも 雨の恵みにも 感謝を忘れず
思慮深く暮らしていて

僕は
そこに落ち着いて
二度と戻ろうとは思わない

**

山に囲まれて
湖を前にして
考えは散らばってゆく

ぼんやりとしていたら
いつの間にか日が暮れて
空には半月が浮かんでいる

庭で遊ぶ鳥が 飛び立ち
木のなかに隠れ
枝と一緒に 揺れている

そろそろ家の中に入り
戸や窓を閉めて
君の隣で眠ることにしよう

1 thought on “天国

Leave a Reply

Your email address will not be published.