島崎藤村

しづかにてらせる
     月のひかりの
などか絶間なく
     ものおもはする
さやけきそのかげ
     こゑはなくとも
みるひとの胸に
     忍び入るなり

なさけは説とくとも
     なさけをしらぬ
うきよのほかにも
     朽くちゆくわがみ
あかさぬおもひと
     この月かげと
いづれか声なき
     いづれかなしき

This entry was posted in poem. Bookmark the permalink.

2 Responses to 島崎藤村

  1. shinichi says:

      小詩二首

        一

    ゆふぐれしづかに
         ゆめみんとて
    よのわづらひより
         しばしのがる

    きみよりほかには
         しるものなき
    花かげにゆきて
         こひを泣きぬ

    すぎこしゆめぢを
         おもひみるに
    こひこそつみなれ
         つみこそこひ

    いのりもつとめも
         このつみゆゑ
    たのしきそのへと
         われはゆかじ

    なつかしき君と
         てをたづさへ
    くらき冥府よみまでも
         かけりゆかん

        二

    しづかにてらせる
         月のひかりの
    などか絶間なく
         ものおもはする
    さやけきそのかげ
         こゑはなくとも
    みるひとの胸に
         忍び入るなり

    なさけは説とくとも
         なさけをしらぬ
    うきよのほかにも
         朽くちゆくわがみ
    あかさぬおもひと
         この月かげと
    いづれか声なき
         いづれかなしき

  2. Garfield says:

    藤村は、詩も小説も大好きです。
    でも、この詩は知りませんでした。

Leave a Reply

Your email address will not be published.