黒井千次

KuroiSenji2「ここまでで充分よ、ありがと」
「ここに立って、手でも振ってお見送りするか」
 駅の改札口の前で足を止めた浩平は、溜息とともに自分に言いきかせるように呟いた。何が起ったのか、そして何がもう起らないのか、承知しているようでまだ認める気にはなれない平原のような領域が、駅の外の夕暮れ近い空の下に遠く拡がっているような気がした。
「私に見えるように、大きく振ってね」
 笑いながら穏やかな表情で重子が言った。頷いた浩平は一度左右に肩を揺すってから、右手を高々と差し伸べる仕草を見せかけて途中で止めた。若い母親らしい女性に連れられて改札口から出て来た幼い子供が不思議そうな顔で足を止めて彼を眺め、すぐに引き立てられるようにしてまた歩き出す。
 改札口をはいった重子は一度だけ振り返って彼に視線を投げ、すぐブリッジの階段に頭から消えていった。

This entry was posted in life. Bookmark the permalink.

2 Responses to 黒井千次

  1. shinichi says:

    高く手を振る日

    by 黒井千次

    妻を看取って十余年、人生の行き止まりを意識し始めた嶺村浩平は、古いトランクからかつての大学のゼミ仲間・瀬戸重子の若々しい写真を見つける。そして甦る、重子と一度きりの接吻を交わした遠い思い出。思わぬ縁で再会した重子の勧めで、70代にさしかかり初めて携帯電話を手にした浩平は、秘めた想いをメイルに込めるが……。恋に揺れる、老いの日の戸惑いと華やぎを描く傑作小説。

  2. shinichi says:

    (sk)

    これも、東郷克美推奨の一冊。

Leave a Reply

Your email address will not be published.