松尾芭蕉

物言えば唇寒し秋の風
こちら向け我もさびしき秋の暮
この道や行く人なしに秋の暮
旅に病で夢は枯野をかけ廻る

朝顔や昼は錠おろす門の垣
蕣や是も又我が友ならず

月を侘び、身を侘び、つたなきを侘びて、侘ぶと答へむとすれど、問ふ人もなし。なほ侘び侘びて、
侘びて澄め月侘斎が奈良茶歌

This entry was posted in poem. Bookmark the permalink.

1 Response to 松尾芭蕉

  1. shinichi says:

    蕣や是も又我が友ならず
    (あさがおや これもまた わがともならず)

    元禄7年夏、芭蕉は「閉関の説」を書いて門を閉じた。このときに読んだ句「朝顔や昼は錠おろす門の垣」では、朝顔は孤独を慰めてくれる唯一の話し相手であった。しかし、それもやがて深い孤独を慰めてくれるものとはならず、やはりわが友とはいかないのである。

Leave a Reply

Your email address will not be published.