松本竣介

 

現実がそのまゝで美しかったなら、絵も文字も生まれはしなかった。そして現実の生活の一部分にでも共感するものがなかったなら文章も絵も作られはしない。

 

This entry was posted in art. Bookmark the permalink.

2 Responses to 松本竣介

  1. shinichi says:

    Matsumoto2松本 竣介 線と言葉


  2. shinichi says:

    (sk)

    「そのまゝで美しいわけではない現実」は、松本竣介によってどのように絵にされたのか。それはたぶん、絵をいくらながめていても、わかることではない。

Leave a Reply

Your email address will not be published.