気象庁

オゾンは酸素原子3個からなる気体です。大気中のオゾンは成層圏(約10~50km上空)に約90%存在しており、このオゾンの多い層を一般的に オゾン層といいます。成層圏オゾンは、太陽からの有害な紫外線を吸収し、地上の生態系を保護しています。 また成層圏オゾンは、紫外線を吸収するため成層圏の大気を暖める効果があり、地球の気候の形成に大きく関わっています。
人間が大気中に放出したフロンなどのオゾン層破壊物質から発生した塩素原子によって、高度約40km付近の上部成層圏のオゾン層が 破壊されます。オゾン層を保護するため、1985年に「ウィーン条約」、1987年に「モントリオール議定書」が採択され、また国内では1988年に「オゾン層保護法」が施行されたことにより、フロン等のオゾン層破壊物質の生産や消費が規制されています。これらの規制の結果、成層圏のオゾン層破壊物質の総量は、1990年代後半のピーク時の値から減少傾向を示しています。さらに、国内では、エアコン、冷蔵庫等で既に使用されているフロン類についても積極的に回収・破壊する取り組みが行われています。フロン等の規制はしだいに強化されており、世界気象機関(WMO)と国連環境計画(UNEP)がとりまとめた「オゾン層破壊の科学アセスメント2010」では、今後オゾン層破壊物質は徐々に減少し、世界全体のオゾン層は今世紀半ばより前には、オゾン層破壊が明瞭になる1980年以前のレベルにまで回復するとしています。

This entry was posted in globe. Bookmark the permalink.

3 Responses to 気象庁

  1. shinichi says:

    地球環境・気候 > オゾン層・紫外線 > 基礎的な知識

    気象庁

    http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/ozonehp/3-1ozone.html

  2. shinichi says:

    Ozone layer

    Wikipedia

    https://en.wikipedia.org/wiki/Ozone_layer

    The ozone layer can be depleted by free radical catalysts, including nitric oxide (NO), nitrous oxide (N2O), hydroxyl (OH), atomic chlorine (Cl), and atomic bromine (Br). While there are natural sources for all of these species, the concentrations of chlorine and bromine have increased markedly in recent years due to the release of large quantities of man-made organohalogen compounds, especially chlorofluorocarbons (CFCs) and bromofluorocarbons. These highly stable compounds are capable of surviving the rise to the stratosphere, where Cl and Br radicals are liberated by the action of ultraviolet light. Each radical is then free to initiate and catalyze a chain reaction capable of breaking down over 100,000 ozone molecules. The breakdown of ozone in the stratosphere results in a reduction of the absorption of ultraviolet radiation. Consequently, unabsorbed and dangerous ultraviolet radiation is able to reach the Earth’s surface. Ozone levels over the northern hemisphere have been dropping by 4% per decade. Over approximately 5% of the Earth’s surface, around the north and south poles, much larger seasonal declines have been seen, and are described as ozone holes.

    In 2009, nitrous oxide (N2O) was the largest ozone-depleting substance (ODS) emitted through human activities.

    The ozone hole is an annual thinning of the ozone layer over Antarctica, caused by stratospheric chlorine. Other more moderate thinnings have also been called “ozone holes”, such as the one over the North Pole during certain weather conditions. The discovery of the annual depletion of ozone above the Antarctic was first announced in a paper by Joe Farman, Brian Gardiner and Jonathan Shanklin which appeared in Nature on May 16, 1985.

  3. shinichi says:

    (sk)

    「フロンガス」と “chlorofluorocarbons (CFCs)” との1対1対応が、長い間取れていなかった。

    どんなにイマジネーションを働かせても、それが同じものだとは気付かない。フロンという呼び方が日本でつけられた俗称だなどとは、知る由もない。

    日本人以外と話をする時に、こういう単語がコミュニケーションを難しくする。

    「フロンガス」というたったひとつの言葉が、どれだけの不都合を生じさせ、正しい理解の妨げとなってきたのかということを、日本の「専門家」たちに深く考えてほしい。

    言葉というものは、内輪で通じればそれでいいというものではない。とても大事なものなのだという認識が必要だ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.