Category Archives: globe

Leda Cosmides, John Tooby

People are not reasoning logically at all — rather they are looking for a balance between costs and benefits in social exchange (“you give me X, I give you Y”), or in the calculus of social status (“you’re in social category X, so you’re entitled to benefit Y”). They’re especially sensitive to cheaters and poseurs — those who take a benefit without paying the appropriate cost, or having the appropriate status. Sometimes this sensitivity to social cheating happens to correspond to logical inference, but often it doesn’t.

Exaluminal

Exaluminal is an Internet of Things device that will notify you the Earth is about to be destroyed by a supernova up to one hour before it happens. By simply plugging Exaluminal into a wall outlet and connecting to the local WiFi network, Exaluminal will silently wait for the Earth’s demise. When Extraluminal recieves a signal from the Extraluminal service, it will sound an alarm warning you of Earth’s impending doom.

AI を操る独裁者

AI が進化して
AI が何をしているのかを説明できる人がいなくなりつつあるなかで
AI に対する私たちのスタンスが大きく変わりつつある

どのようなアルゴリズムでその結果に至ったのかを説明できるようにすると
AI のパフォーマンスが落ちるから
AI のパフォーマンスを上げるために AI のブラックボックス化が許容される
データサイエンティストも AI のアルゴリズムを作成するエンジニアも
データから直接導き出される結果について 何の説明もできない
ブラックボックスの内部で何が起こっているのかを理解してもいない

結果に影響を与える variable にどんなものがあるのかさえも
技術者たちは知らない
にもかかわらず 導き出された結果が社会を変えてゆく
私たちは理解したり考えたりすることを止め
「AI が言っていることだから」といって とまどいを棄て
何でも受け入れる

多様性だとかフェアネスとかはパフォーマンスを下げる要素として切り捨てられ
イエスかノーかといった答えだけが欲しいデシジョン・メーカーのために
AI の出した結果は極限まで単純化される
もう今までの監査や検査・規制などはまったく通用しない

解釈可能な AI とか説明可能な AI といった技術の側からのまやかしと
「AI が出した答えだから」と言って AI の答えを歪曲して伝える人間の側からのまやかしとで
信頼性のないことがあたかも信頼性のあるものとして伝えられる

カネを儲けたいという欲求や
勝負に勝ちたいという欲求
長く生きたいという欲求が
AI によって見事に打ち砕かれてゆく

全体主義の権力者たちも例外ではなく AI に裏切られる
どんな人も いつか必ず裏切られる
権力者たちまでも監視してしまう IoT とか Blockchain といった技術が
権力者たちのためになるのかどうか

「技術者の手のなか」にない技術が
「権力者の手のなか」に収まるわけもなく
これからの社会は「1984」の想像をはるかに超え
もう誰にも制御できないものになってゆく
そうなったときに
自分の言うことを聞く AI を持つ者が現れて
すべてをコントロールするのだろうか?

「将棋 AI」から素直に良いものを習得し混戦を抜け出して勝ってしまう
藤井聡太のような人が経済の分野にも表れて
「経済予測 AI」から素直に良いものを習得し経済政策を決めてゆけば
経済はよくなっていくかもしれない
「農業 AI」に「栽培から収穫まで」や「放牧から搾乳まで」を任せれば
今より少ない人数で収益性のいい農業になるかもしれない
そういうことのひとつひとつは ディストピアとは無縁だ

権力者は 皆 狡猾だから
AI をはじめとするすべての技術を自分のものにしようとする
でも
どんなにがんばっても
権力者には今の技術の本質をつかむことはできない
だから
もし新しいタイプの権力者が現れるとしたら
その人はきっと誰の前にも姿を現さない
うしろのほうで静かに ほくそ笑む独裁者
AI を手中に収めた独裁者が
私たちの敵となるか
無害の存在でいてくれるか
でも間違いないのは
独裁者は 絶対に私たちの味方ではないということだ

不埒

道理にはずれていることを
不埒という
不始末ともいうし
不届きともいう

事が解決しないこと
決着のつかないこと
法にはずれていること
けしからぬこと
みんなみんな不埒だ

後始末のしかたが悪いとか
人に迷惑がかかるとか
だらしがないと あとを引く

注意が足りなかったり
配慮が行き届いていなかったりすれば
責めを負うしかない

いくら言い訳しても
質が低いと言われ
許してもらえないのが
不埒なのだから
開き直って
道理を笑い飛ばすしかない

道理も所詮
人の作ったものなのだから

Madeira 2

 
この先の突端まで
行くか行かないか

先に何があるのか
想像できないけど

何も考えずに行く
行けなくても行く

波が砕け散るのを
眺めるためだけに

Tribune de Genève

Les températures sont restées élevées durant la nuit en Suisse

Il n’est pas exclu que la barre des 37 degrés soit atteinte dans l’après-midi en Suisse, ce qui constituerait un nouveau record pour le mois de juin.

坪内祐三

 
 私が赤堤に引っ越してきた当時の住所は赤堤二丁目三八八だった(それが三丁目二十八の二十六に変わるのは小学校三年ぐらいの時だと思う)。
西福寺という寺の敷地にあった分譲住宅の一軒だ。
私の家と同じ規模の分譲住宅は四軒あったが、私の家の向かいと手前(大通りに面している)の家は違った。
向かいはある小出版社のオーナー社長の一家が住んでいたが、かなりの豪邸で三台分の駐車場と広い庭があった。
私の手前の家はさらに広い敷地を持っていた。ただし豪邸ではなかった。

Current World Dictators

  • Ashraf Ghani Ahmadzai, President of Afghanistan
  • Abdelmadjid Tebboune, President of Algeria
  • João Lourenço, President of Angola
  • Ilham Aliyev, President of Azerbaijan
  • Hamad bin Isa Al Khalifa, King of Bahrain
  • Alexander Lukashenko, President of Belarus
  • Haji Waddaulah, Sultan of Brunei
  • Évariste Ndayishimiye, President of Burundi
  • Paul Biya, President of Cameroon
  • Faustin Archange Touadera, President of the Central African Republic
  • Idriss Deby, President of Chad
  • Xi Jinping, President of China
  • Félix Tshisekedi, President of the Republic of Congo
  • Miguel Díaz-Canel, President of Cuba
  • Ismaïl Omar Guelleh, President of Djibouti
  • Abdel Fattah al-Sisi, President of Egypt
  • Teodoro Mbasogo, President of Equatorial Guinea
  • Isaias Afwerki, President of Eritrea
  • Abiy Ahmed, Prime Minister of Ethiopia
  • Albert-Bernard Bongo, President of Gabon
  • Mamady Doumbouya, President of Guinea
  • Ariel Henry, President of Haiti
  • Ali Khamenei, Supreme Leader of Iran
  • Barham Salih, President of Iraq
  • Abdullah II bin Al Hussein, King of Jordan
  • Kassym-Jomart Tokayev, President of Kazakhstan
  • Sadyr Japarov, President of Kyrgyzstan
  • Bounnhang Vorachith, President of Laos
  • Nouri Abusahmain, President of Libya
  • Assimi Goïta, President of Mali
  • Win Myint, Prime Minister of Myanmar
  • Daniel Ortega Saavedra, President of Nicaragua
  • Kim Jong-un, President of North Korea
  • Qaboos bin Said Al-Said, Sultan of Oman
  • Denis Sassou Nguesso, President of Congo (Brazzaville)
  • Salva Kiir Mayardit, President of South Sudan
  • Hun Sen, Prime Minister of Cambodia
  • Tamim bin Hamad Al Thani, Emir of Qatar
  • Vladimir Putin, President of Russia
  • Paul Kagame, President of Rwanda
  • HRH King Abdullah Ibn Abdul Aziz Al Saud, King of Saudi Arabia
  • Mohamed Abdullahi Mohamed, President of Somalia
  • Abdel Fattah Abdelrahman Burhan, President of Sudan
  • Mswati III, King of Swaziland
  • Bashar al-Assad, President of Syria
  • Emomalii Rahmon, President of Tadjikistan
  • Chuan Leekpai, Prime Minister of Thailand
  • Losang Jamcan, Chairman of Tibet
  • Recep Tayyip Erdoğan, Prime Minister of TurkeyR
  • Serdar Berdimuhamedow, President of Turkmenistan
  • Yoweri Kaguta Museveni, President of Uganda
  • Sheikh Khalifa bin Zayed Al Nahyan, President of the United Arab Emirates
  • Shavkat Mirziyoyev, President of Uzbekistan
  • Nicolás Maduro, President of Venezuela
  • Nguyễn Phú Trọng, President of Vietnam
  • Brahim Ghali, President of Western Sahara
  • Abd Rabbuh Mansur Al-Hadi, President of Yemen
  • Emmerson Mnangagwa, President of Zimbabwe

自分勝手

木や草や虫が 森という社会を作る
競争相手でもある他のものたちに 栄養を分け与え
他のものたちと 分かち合い
他のものたちを 助け そして守る

自分のためだけでなく 他のもののために
自分たちだけのためでなく 他のものたちのために

自分だけでは 森はできない
森がなければ 自分は生きてゆけない
自分のことだけを考えていたら 木は朽ち 草は枯れ 虫は死に絶える

一本の木では 森はできない
二本の木でも 森はできない
たくさんの木でも 森はできない
種類の違う木々がなければ 森はできない
草がなければ 虫がいなければ 森はできない

 

私たちが作り上げた社会では
多くの人たちが孤立している

他人に分け与えることを知らず
動物や植物に分け与えることなど考えもせず
分かち合ったり 助けたり 守ったりすることもなく
人は 自分のことだけを考える

自分だけでは なんにもできないのに
自分だけでは 生きていけないのに

 

地球上の 14億の人の殆どを 僕は知らない
日本人と呼ばれる 1億2000万人も 他人でしかない

競い合い 奪い合い 出し抜き合うなかで
誰と分かち合い 誰を助け 誰を守れというのか

多くなりすぎた人間たちは 生き物たちをなにげなく殺し
生き物たちのことを考えたりはしない
生き物たちを みんな敵にまわし
自分たちだけが よくなろうとしている

私たちは あまりにも自分勝手だ

Kristalina Georgieva

The world has dealt with unthinkable crisis after unthinkable crisis and yet we remain resilient. The next chapter must focus on building resilient people – backed up by education, health and social protection.

Josh Lipsky

In the past four global recessions, the US and Germany took the lead in driving down the world’s economy. But this time will be different:

For the first time, it’s China’s pronounced slowdown which could be the single largest factor in creating a global recession.

Thucydides’s Trap

In the most frequently cited one-liner in the study of international relations, the ancient Greek historian Thucydides explained, It was the rise of Athens and the fear that this instilled in Sparta that made war inevitable.
Thucydides wrote about the Peloponnesian War, a conflict that engulfed his homeland, the city-state of Athens, in the fifth century BCE, and which in time came to consume almost the entirety of ancient Greece. A former soldier, Thucydides watched as Athens challenged the dominant Greek power of the day, the martial city-state of Sparta. He observed the outbreak of armed hostilities between the two powers and detailed the fighting’s horrific toll. He did not live to see its bitter end, when a weakened Sparta finally vanquished Athens, but it is just as well for him.
While others identified an array of contributing causes of the Peloponnesian War, Thucydides went to the heart of the matter. When he turned the spotlight on the rise of Athens and the fear that this instilled in Sparta, he identified a primary driver at the root of some of history’s most catastrophic and puzzling wars. Intentions aside, when a rising power threatens to displace a ruling power, the resulting structural stress makes a violent clash the rule, not the exception. It happened between Athens and Sparta in the fifth century BCE, between Germany and Britain a century ago, and almost led to war between the Soviet Union and the United States in the 1950s and 1960s.
Like so many others, Athens believed its advance to be benign. Over the half century that preceded the conflict, it had emerged as a steeple of civilization. Philosophy, drama, architecture, democracy, history, and naval prowess—Athens had it all, beyond anything previously seen under the sun. Its rapid development began to threaten Sparta, which had grown accustomed to its position as the dominant power on the Peloponnese. As Athenian confidence and pride grew, so too did its demands for respect and expectations that arrangements be revised to reflect new realities of power. These were, Thucydides tells us, natural reactions to its changing station. How could Athenians not believe that their interests deserved more weight? How could Athenians not expect that they should have greater influence in resolving differences?
But it was also natural, Thucydides explained, that Spartans should see the Athenian claims as unreasonable, and even ungrateful. Who, Spartans rightly asked, provided the security environment that allowed Athens to flourish? As Athens swelled with a growing sense of its own importance, and felt entitled to greater say and sway, Sparta reacted with insecurity, fear, and a determination to defend the status quo.
Similar dynamics can be found in a host of other settings, indeed even in families. When a young man’s adolescent surge poses the prospect that he will overshadow his older sibling (or even his father), what do we expect? Should the allocation of bedrooms, or closet space, or seating be adjusted to reflect relative size as well as age? In alpha-dominated species like gorillas, as a potential successor grows larger and stronger, both the pack leader and the wannabe prepare for a showdown. In businesses, when disruptive technologies allow upstart companies like Apple, Google, or Uber to break quickly into new industries, the result is often a bitter competition that forces established companies like Hewlett-Packard, Microsoft, or taxi operators to adapt their business models—or perish.
Thucydides’s Trap refers to the natural, inevitable discombobulation that occurs when a rising power threatens to displace a ruling power. This can happen in any sphere. But its implications are most dangerous in international affairs. For just as the original instance of Thucydides’s Trap resulted in a war that brought ancient Greece to its knees, this phenomenon has haunted diplomacy in the millennia since. Today it has set the world’s two biggest powers on a path to a cataclysm nobody wants, but which they may prove unable to avoid.

IMD World Competitiveness Ranking 2021

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
Switzerland
Sweden
Denmark
Netherlands
Singapore
Norway
Hong Kong SAR
Taiwan, China
UAE
USA
Finland
Luxembourg
Ireland
Canada
Germany
China
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
Qatar
United Kingdom
Austria
New Zealand
Iceland
Australia
Korea Rep.
Belgium
Malaysia
Estonia
Israel
Thailand
France
Lithuania
Japan
Saudi Arabia
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
Cyprus
Czech Republic
Kazakhstan
Portugal
Indonesia
Latvia
Spain
Slovenia
Italy
Hungary
India
Chile
Russia
Greece
Poland
Romania
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
Jordan
Slovak Republic
Turkey
Philippines
Bulgaria
Ukraine
Mexico
Colombia
Brazil
Peru
Croatia
Mongolia
Botswana
South Africa
Argentina
Venezuela

セオ商事

ニューQ Issue02 エレガンス号

ファッションデザイナーである中里周子と哲学者・梶谷真司による「エレガンス」を読み解く巻頭特集や、アーティストの野村康生と「自然科学のエレガンス」を追う記事などを収録。

Earth Charter International

The mission of Earth Charter International is to contribute to the transition to sustainable ways of living on the planet.

Our goals

  1. Raise awareness of the sustainability vision that is articulated in the Earth Charter and promote understanding of its inclusive ethical vision.
  2. Promote the adoption and use of the Earth Charter as an ethical reference and guide to be turned into action.
  3. Encourage and support the educational use of the Earth Charter.
  4. Promote the use of the Earth Charter as a soft law document.

World Values Survey (WVS)


Project’s overall aim is to analyze people’s values, beliefs and norms in a comparative cross-national and over-time perspective. To reach this aim, project covers a broad scope of topics from the field of Sociology, Political Science, International Relations, Economics, Public Health, Demography, Anthropology, Social Psychology and etc. In addition, WVS is the only academic study which covers the whole scope of global variations, from very poor to very rich societies in all world’s main cultural zones.

ミカン下北

名称について
多様な文化が交差し、絶えず自由に編集され、変わり続ける、
つまり“常に未完である”ことに下北沢の普遍的な魅力を見出し、
未完ゆえに生まれる新たな実験や挑戦を促す想いを表現しました。

ロゴマークについて
リセットするのではなく、上書く。
未完というテーマを土台に、トライしたという確かな痕跡と、
現状をよしとせずに実験を重ねようとするアグレッシブな姿勢を、
象徴的に記号化しました。

Hadas Erel, Yoav Cohen, Klil Shafrir, Sara Daniela Levy, Idan Dov Vidra, Tzachi Shem Tov, Oren Zuckerman

Robot-Robot-Human Interaction is an emerging field, holding the potential to reveal social effects involved in human interaction with more than one robot. We tested if an interaction between one participant and two non-humanoid robots can lead to negative feelings related to ostracism, and if it can impact fundamental psychological needs including control, belonging, meaningful existence, and self-esteem. We implemented a physical ball-tossing activity based on the Cyberball paradigm. The robots’ ball-tossing ratio towards the participant was manipulated in three conditions: Exclusion (10%), Inclusion (33%), and Over-inclusion (75%). Objective and subjective measures indicated that the Exclusion condition led to an ostracism experience which involved feeling “rejected”, “ignored”, and “meaningless”, with an impact on various needs including control, belonging, and meaningful existence. We conclude that interaction with more than one robot can form a powerful social context with the potential to impact psychological needs, even when the robots have no humanoid features.

未生と完生

未生は不確かな状態
まだ 生き石にも 死に石にも なっていない
incomplete

でも incomplete な人は
輝いていて
美しい

完生は生き返った状態
生き石に なっている
complete

ただ complete な人は
生きているのに
終わっている

Darrell Bricker, John Ibbitson

All of this is completely, utterly wrong.
The great defining event of the twenty-first century — one of the great defining events in human history — will occur in three decades, give or take, when the global population starts to decline. Once that decline begins, it will never end. We do not face the challenge of a population bomb but of a population bust — a relentless, generation-after-generation culling of the human herd. Nothing like this has ever happened before.
If you find this news shocking, that’s not surprising. The United Nations forecasts that our population will grow from seven billion to eleven billion in this century before leveling off after 2100. But an increasing number of demographers around the world believe the UN estimates are far too high. More likely, they say, the planet’s population will peak at around nine billion sometime between 2040 and 2060, and then start to decline, perhaps prompting the UN to designate a symbolic death to mark the occasion. By the end of this century, we could be back to where we are right now, and steadily growing fewer.

UNICEF

A league table of child well-being outcomes: mental well-being

1   Netherlands
2   Cyprus
3   Spain
4   Romania
5   Denmark
6   Portugal
7   France
8   Greece
9   Italy
10  Croatia
11  Norway
12  Finland
13  Switzerland
14  Slovakia
15  Hungary
16  Germany
17  Belgium
18  Bulgaria
19  Luxembourg
20  Iceland
21  Austria
22  Sweden
23  Slovenia
24  Czech Republic
25  Latvia
26  Ireland
27  Chile
28  Malta
29  United Kingdom
30  Poland
31  Canada
32  United States
33  Estonia
34  Republic of Korea
35  Australia
36  Lithuania
37  Japan
38  New Zealand

私たちが知らない戦争

ウクライナの戦争のことが
毎日のように
ありとあらゆるメディアから
溢れ出してくる
でも
知らない国の戦争のことは
なにも出てこない

たくさんの人が
殺されても
誰も興味を持たないし
そもそも 誰も知らない

アフリカで人が死んでも
中東の地で人が死んでも
誰も気にしない

ウクライナのことを心配する人が
北朝鮮のことを心配することはない
北朝鮮のミサイルのことは心配しても
北朝鮮の人たちを救おうとは言わない

こちらを救おうと思い
あちらは救わなくてもいいと思う
人は皆 身勝手で
人は皆 操られている
そのことに
誰も気づかない

社会心理

同調圧力
同調現象
斉一性の原理
沈黙の螺旋
全会一致の幻想
数の暴力
場の空気
忖度
集団思考
集団決定
集団心理
群集心理
集団行動
自粛・自己検閲
自主規制
権威に訴える論証
共同絶交
いじめ
奉加帳方式
秘密投票
官製デモ
強制的異性愛
権威主義的パーソナリティ
村社会
和の文化・日本の文化
シマ社会
非国民
道徳教育
情操教育
朝敵
赤狩り
国民精神総動員
大政翼賛会
町内会
世論
ポリティカル・コレクトネス
全体主義
体育会系
家父長制

村本由紀子

世の中には、数多くの「不人気な規範」が存在します。多くの人が本当は要らないと思っているにもかかわらず、いつまでも形骸的に生き残り、規定力を強く発揮する暗黙の規範のことです。
**
集団のメンバーの多くが、自分は規範を受け入れていないにもかかわらず、他のメンバーの大半がその規範を受け入れていると信じている状況のことを、社会心理学では「多元的無知」と呼びます。企業にも、多元的無知で維持されている不人気な規範があるはずです。冒頭で触れた「上司が帰るまで、部下は帰ってはいけない」という暗黙の規範も、その1つかもしれません。
多元的無知は、他者の選好の誤推測と他者からの評判の誤推測によって起こります。「他者の選好の誤推測」とは、周囲のメンバーがその暗黙の規範を好んでいる、と勘違いすることです。他者の考えは目に見えず、見えるのは行動だけなので、メンバーが(たとえ嫌々でも)規範を守り続けている限り、勘違いを修正することは困難です。「他者からの評判の誤推測」とは、その暗黙の規範を破ると周囲から嫌われてしまう、と思い込むことです。実際にはそんなことはなくても、規範を破ってみない限り、確かめる術はありません。
この2種類の誤った推測に基づく行動が集合的に連鎖することで、本当は誰も望んでいない空気が作られ、みんながその空気を読み合うのです。

マイケル・ブラストランド

危険とは浅瀬のサメ、食器棚の錠剤、グランドピアノが窓からずり落ちかけている下で子供がスキップしている状況だ。クリーム摂りすぎの食生活、ベースジャンプ、密造酒、歩行者対2階建てバス、車でのスピードの出し過ぎ、変な天気もだし、スリル満点の物事もだ。言い換えると、危険はいつどこにでもある。そして、どれをとっても例の2つの顔をもっている。無感情で型にはまった、計算に徹する顔と、人間くさい希望と恐怖に満ちた顔だ。この2つを一度に見る、というのが本書の普通ではない目的である。

数字と統計情報は揃っている。それらを駆使して、山あり谷ありの人生におけるさまざまな出来事の確率を見ていく。子供ならではのリスク、暴力、事故、犯罪のリスク、セックス、麻薬、乗り物での移動、食事、ライフスタイルに由来する危険、自然災害のリスクなどだ。そして、これらのリスクがわかる仕組み、リスクがわからないことがある事情、リスクの変遷について述べていくが、話がわかりやすくなるよう、手に入るなかでも、あるいは編み出せるなかでも最高の手法を用いる。特に、「マイクロモート」と呼ばれる巧みな仕掛け、そして新しい「マイクロライフ」という、命に関わるリスクを表す親しみやすい2つの単位を用いる。私たち著者はこれらが本音を見抜く力を与えてくれると考えており、どちらもまもなく登場する。この意味で、本書は人生にまつわるさまざまな確率を取り上げた新しいガイドブックと言えよう。

Rachel Carson

No responsible person contends that insect-borne disease should be ignored. The question that has now urgently presented itself is whether it is either wise or responsible to attack the problem by methods that are rapidly making it worse. The world has heard much of the triumphant war against disease by controlling insect vectors of infection. However, it has heard little of the other side of the story—the defeats, the short-lived triumphs that now strongly support the alarming view that the insect enemy has been made actually stronger by our efforts. Even worse, we may have destroyed our very means of fighting.

**

Those who contemplate the beauty of the earth find reserves of strength that will endure as long as life lasts. There is something infinitely healing in the repeated refrains of nature — the assurance that dawn comes after night, and spring after winter.

劉慈欣(刘慈欣、Liu Cixin)

ならば、自分がノーマルだと思っている行為や、正義だと思っている仕組みの中にも、邪悪なものが存在するのだろうか? さらなる熟慮の末に至ったひとつの推論は、ぞっとするような深い恐怖の底に彼女を突き落とした。もしかすると、人類と悪との関係は、大海原とその上に浮かぶ氷山の関係かもしれない。海も氷山も、同じ物質でできている。氷山が海とべつのものに見えるのは、違うかたちをしているからにすぎない。じっさいには、氷山は広大な海の一部なのではないか……。
文潔は、多数派が正しく、偉大であるとする文革の邪悪さに気づいていたが、文潔がノーマルで正当だと考えていた殺虫剤の使用も実は悪だということに、レイチェル・カーソンによって気づかされた。つまり、人類のすべての行為は悪であり、悪こそが人類の本質であって、悪だと気づく部分が人によって違うだけなのではないか。人類がみずから道徳に目覚めることなどありえない。自分で自分の髪の毛をひっぱって地面から浮かぶことができないのと同じことだ。もし人類が道徳に目覚めるとしたら、それは、人類以外の力を借りる必要がある。この考えは、文潔の一生を決定づけるものとなる。

世界

僕は神が造った世界にいないし
ましてや 神の子どもなんかではない
大きく広がった宇宙のなかにいて
小さくて どうでもいい存在なのに
悲しみや苦しみから逃れようとして
必死になってあがいている
貨幣という価値を追い求めているわけではないし
自由という価値を信じているわけでもない
僕はただ 君といたい
僕はただ 君とすごしていたい

橘玲


 
アルカンことジェリコ・ラジュナトヴィッチは「セルビア民族防衛隊」、別名「アルカンの虎部隊」のリーダーで、最盛期には1万人のメンバーを率い、自前の戦車まで保有していた。アルカン部隊は内戦中にクロアチアやボスニア、コソボなどで数々の残虐行為を繰り広げ、多数の市民を虐殺したことで「最悪の殺人集団」と恐れられたが、セルビア人のあいだでは不敗を誇る最強部隊として勇名を馳せた。アルカン部隊のもうひとつの特徴は、そのメンバーの多くが、ベオグラードの人気サッカークラブ、レッドスターのフーリガンだったことだ。

David Brooks, World Values Survey Association

Every few years the World Values Survey questions people from around the globe about their moral and cultural beliefs. Every few years, some of these survey results are synthesized into a map that shows how the different cultural zones stand in relation to one another. In 1996 the Protestant Europe cultural zone and the English-Speaking zone were clumped in with the other global zones. Western values were different from the values found in say, Latin America or the Confucian zone, but they were contiguous.
But the 2020 map looks different. The Protestant Europe and English-Speaking zones have drifted away from the rest of the world cultures and now jut out like some extraneous cultural peninsula.



Credit…World Values Survey Association


In a summary of the surveys’ findings and insights, the World Values Survey Association noted that on issues like marriage, family, gender and sexual orientation, “there has been a growing divergence between the prevailing values in low-income countries and high-income countries.” We in the West have long been outliers; now our distance from the rest of the world is growing vast.

Buddha

Now, Ānanda, earlier I purposely told you that whatever there is of various agreeable matters for which one has thoughts of affection, all of this is of a nature to become separated from one; it is as I said earlier. Therefore do not be so very sad, Ānanda. You should know that soon the Tathāgata will also be of the past. Therefore, Ānanda, you should make yourself an island by relying on yourself, you should make the Dharma your island by relying on the Dharma; you should make yourself no other island, no other reliance.
・・・
Ananda, this is called having oneself as an island by relying on oneself, having the Dharma as an island by relying on the Dharma, having no other island, no other reliance.

本の劣化

紙でできている本は劣化する
きれいな状態で保管したいと思っても
気がつけば劣化している
木に含まれている成分のせいで
変色したり退色したりする
製造工程で使われる薬剤のせいで
紙がもろくなって破れたりもする

光が当たれば劣化して
温度や湿度の変化で劣化する
空気に触れれば劣化して
カビとか虫とかで劣化する
そしてなによりも
人が触れることで劣化する

本屋の本も 図書館の本も
君の本も 僕の本も
まるで生きもののように
最後は朽ちて果てる

牧口常三郎


宗教というものは体験する以外にわかるものではない。
水泳をおぼえるには、水に飛び込む以外にない。畳の上では、いくら練習しても実際にはおぼえられない。
- 牧口常三郎、白金小学校(東京市白金尋常小学校)第9代校長(大正11年(1922年)4月~昭和6年(1931年)3月)

戦前の白金小学校には室内プールがあったという

David Lyon


 
Surveillance today is a means of sorting and classifying populations and not just of invading personal space or violating the privacy of individuals. In postmodernizing contexts surveillance is an increasingly powerful means of reinforcing social divisions, as the superpanoptic sort relentlessly screens, monitors and classifies to determine eligibility and access, to include and to exclude.

上東麻子

「倒そう、制圧、制圧」。手袋をはめた制服姿の入管職員が、収容されていた日系ブラジル人男性を6人がかりで押さえ込み、「痛い、痛い」と叫ぶ男性の腕をねじり上げた。「痛いじゃねーんだよ」「うるさい、静かにしろ」。職員の大声が響き渡る。これは、男性が東京入国管理局(現・東京出入国在留管理局、東京都港区)に収容されていた際に職員による暴行でけがをしたとして、国に損害賠償を求めた裁判で東京地裁に提出された証拠のビデオ映像だ。入管収容施設で外国人が職員に暴力を振るわれたと訴える裁判が相次いでいる。入管の収容施設で、何が起きているのか。

ニューノーマルが普通になってゆく社会

 AI を使って何かをすることをズルいと感じる人がどれぐらいいるだろう。AI を使って将棋を研究し勝ち続ける棋士をズルいという人はいないだろう。AI を使って患者を診断する医者をズルいという人もきっといない。サッカーチームが AI を使って戦術を立てたりチームを強くしたりすれば賞賛される。でも、AI ‎に学位論文を書かせたら、人はズルいと言うのではないか?
 引用文献リストやインデックスをソフトウェアの論文作成支援機能を使って作成するのはズルいだろうか。いま論文を書く人が、ソフトウェアを使うことなしに、引用文献リストやインデックスを作っていたら、バカにされるのではないだろうか。
 でも AI が組み込まれたソフトウェアにいくつもの論文を読ませて、新しい論文を書かせるのはどうだろう。誰もがズルいと思うのではないか。実際にそのようなことをする若い人がたくさんいるなかで、年長者がそんな行為を見つけるのはほぼ不可能だ。論文を書かせるソフトウェアを作っている会社が、そのソフトウェアを使ったかどうかを判断するソフトウェアを売っているが、そんなものを買ってもその会社を潤わせるだけだ。
 一歩進んで、AI が組み込まれたソフトウェアにあるテーマを与え、関連した最新の論文を探させ、それらを読ませて、論文を書かせるというのはどうか? その場合、論文を作成する人は何もしない。出来上がりを読んで、手を入れるだけだ。そのまま提出する人だっている。それは明らかにおかしい。
 でも良く考えてみると、それほどおかしくもない。AI が組み込まれたソフトウェアが探してくるのと、グーグルが探してくるのと、どう違うというのか。ソフトウェアが読むのと自分が読むのと、何がちがうのか。書くことも、そうは違わないだろう。違いといえば、「ソフトウェアのほうが、間違いが少ない」ことと、「費やす時間が、はるかに短い」ことくらい。出来上がりは、そうは変わらない。
 論文作成の方法が変化すれば、学位授与に際しての論文の位置づけは変わってくるだろうし、学問自体も淘汰されるものが増えるに違いない。知識とか教育とかの基本が揺らぐのは自然の成り行きだ。
 大学入学共通テストの問題をスマートフォンで撮影し外部に送信した受験生のことが報道されたが、スマートフォンを袖に隠すという稚拙な方法だったから見つかったものの、もっとスマートな方法を用いていれば誰も見つけることはできなかったはずだ。不正をした受験生は悪いけれど、試験会場にシールドをかけて携帯電話の周波数帯をブロックするなどの対策を何も考えていなかった大学入試センターの側が悪いとは言えないか。
 カメラとディスプレイ、それにBluetoothなどの通信機能を搭載したスマートグラスと呼ばれているメガネ型ウェアラブル端末のなかには、ただの眼鏡と何の変わりもないものもある。試験会場にその眼鏡を付けて入り、試験用紙が配られたら、眼鏡についているカメラを指の動きで操作して試験問題を撮影し、通信機能を使って外部に送信、外部の協力者が送り返した回答を眼鏡のディスプレイに表示すれば、あとは解答用紙に答えを書き込むだけ。試験監督に気付かれることは絶対にないし、証拠が残ることもない。
 大学入試センターが会場に必要なシールドをかけたとしても、受験生はその上を行くテクノロジーを手にしている。実力を測るのに、ペーパーテストなどという前世紀的なことを続けているのがいけないのではないか。
 前世紀的なことといえば、軍事のことが挙げられる。いくつかの国が電子戦に的を絞り、多くの予算を電子戦のために振り分けているのに、多くの国は相も変わらず前世紀的な兵器を軸に戦略を立て、そのために予算を費やしている。
 中東で敵を爆撃する飛行機のパイロットは、中東にはいない。アメリカのビルのなかで、まるでゲームをするかのようにして爆撃を行っている。地雷を探知するロボットも、いつの間にか遠隔操縦になっている。でも、ほんとうに重要なのは、インフラに対する攻撃だ。
 電気と電波を使えなくすれば、指揮命令系統は機能しなくなり、電気や電波を使った武器は使えなくなり、情報とコミュニケーションのシステムやレーダー網は働かなくなり、すべての人員がパニックに陥る。と、ここまでは軍に限った話だが、話を社会にまで広げれば、違った未来が見えてくる。
 電気と電波を使えなくすれば、インターネットが使えなくなり、テレビやラジオの放送は止まり、新聞やチラシの印刷はできず、電話連絡はつかなくなる。コミュニケーションの手段を失った社会は、機能不全に陥る。水の供給が止まり、経済活動も止まり、食糧調達もままならなくなる。一言で言えば、パニックに陥る。
 電子攻撃にさらされた社会は、攻撃してきたのが誰だかわからず、疑心暗鬼に包まれる。その時点で負けである。そんな危機が目の前にあるのに、何もしない。ニューノーマルが普通になるなかで、テクノロジーを強化することなく生き延びてゆくのは、思っているよりずっと難しい。

さらけだされてしまう社会

 心の内をさらけ出すというのは、今も昔も難しい。迷いながら、躊躇しながら、後ろめたさを感じながら、哲学しながら、心の内にある隠しておきたいことを、勇気を持って正直に話す。そんなことは、できるはずもない。
 それなのに、テクノロジーは心の内を、なんの迷いも躊躇もなく、鮮やかにさらけ出す。コンピュータグラフィックス(CG)技術が成熟し、コンピュータグラフィックスの関連領域が発達したために、ニューロイメージングを使った脳神経学、脳医学、認知神経科学といった専門分化された分野が急速に発展し、また、センサーなどの IoT から集められたデータや、インターネット上のありとあらゆるデータとが、AI によって有効活用できるようにもなり、どの分野の進化のスピードも、まさに加速度的である。
 心の内をさらけ出すという行為は、多くの場合、痛みや苦しみ、悲しみを伴う。それとは反対に、発見や推理、喜びといった快楽を伴ったりもする。ところがテクノロジーが心の内をさらけ出す場合にはすべてが無機的で、「心の内はこうですよ」という結果だけが提示される。そこにはベールを剥がすというようなワクワク感は存在しない。
「感情」という「ある意味ブレーキの役目を果たすもの」がないから、そういった分野の進歩を止めるものはない。何の役に立つのかも考えずとにかく進化し、後から「こんなことに役立つ」とか「あんなことにも役立つ」などと言っている研究者たちは、まさに21世紀的なのだろう。

目的を持てない社会

 最近になって「生きる目的がない」、「仕事の目標が思いつかない」、「将来に希望がない」というような文章を目にすることが多くなった。そんなことについて「良い」、「悪い」とか、「誰のせい」、「何のせい」とか、いろいろな説明をする文章にもよく出会う。でも、それもこれも、「変化の加速」がもたらした過剰さによるのではないか。「目的がないのではなく、目的が持てない」、「目標がないのではなく、目標が持てない」、「希望がないのではなく、希望が持てない」というのが現実ではないか?
 過剰さの成長や増殖には、不思議なくらいプロセスがない。過剰さの原因のテクノロジーを検証しても、プロセスは見えてこない。あるのは結果だけ。なんの面白みもない。驚くことに目的もない。目的は持つものではなく、AI を内蔵している情報とコミュニケーションのテクノロジーシステムからもたらされるものなのだ。過剰が目的を越えてしまったのか? そもそも目的はなかったのだろうか?
 本来は、そして私たちが説明を受けてきたのは、「AI はあくまでも人間の補助であり、決めるのは人間だ」というレトリックだった。ところが実際に AI が使われている現場を覗いてみると、人間は何も決めてはいない。人間は結果を、そして結論を、AI から受け取るだけなのだ。AI が組み込まれたソフトウェアを使っているエンジニアは、なぜその結果がもたらされたのかも、なぜその結論が導き出されたのかも、知りはしない。すべて AI 任せなのだ。
 どの国も、AI の開発競争に忙しく、AI の規制を始めようとはしない。言葉を変えれば、AI の進化を止めようとはしない。AI を前にして、人間は無力だ。何をしているかさえもわからないエンジニアに、何を期待するのか? 若い人たちは、そんなエンジニアになるために、10年も20年も勉強をするだろうか?
 AI が人間のように意識を持つという日は、当分来ないだろう。でも、悪意のある人間が AI を利用することは、あるかもしれない。AI が軍事の分野で使われれば、恐ろしいことが起こってしまう。
 ただ、ちょっと深く考えてみれば、ほんとうに恐ろしいのは、悪意のある人間ではなく、何も考えない人間だということに気づく。目的を持てずに育ち、AI から結果や結論を受け取るだけの人間が、どれだけ恐ろしいか。テクノロジーが恐ろしいのではない。テクノロジーが導き出した結果や結論に盲目的に従う人間が恐ろしいのだ。そういう人間は、すでにたくさんいる。そしてこれから増え続ける。減ることは、ない。

トランスペアレントな社会

 トランスペアレントという言葉がよく使われるが、トランスペアレントな社会、つまり透明性が高く隠し事のない社会は、道徳か倫理社会の教科書のなかにしか存在しない。隠し事のない人がいないように、隠し事のない社会もありはしない。隠し事をしてはいけないという建前が先に立てば、人間の本音は居場所をなくしてしまう。はたしてそれは、いいことなのだろうか。
 トランスペアレントな社会からは、暴露も消える。隠し事がなくなれば、暴露することもなくなってしまう。隠し事のない息の詰まるような社会では、どんな事情も考慮されない。AI がすべてを明らかにし、説明できないことをなくしてゆく。
トランスペアレントな社会を作りだすテクノロジーには心がない。だから、真理や道徳を考えたり思ったりはしない。利益をもたらすことや、注目されることで、より多くの収益をあげる。テクノロジーによって現れたトランスペアレントな社会では「良い悪い」よりも「儲かる儲からない」が重要なのだ。
 トランスペアレントな社会からは、プライバシーも消えてしまう。隠し事のない社会では、プライバシーを保とうとすれば隠し事をしていると言われ、まるで悪いことをしているかのように扱われてしまう。より多くのビッグデータを得るために、そしてまたシステムをより効率的に運用するために、プライバシーの放棄が勧められる。
 人間という元来透明性の似合わない生き物に透明性を求めた結果、人間という不可解で非論理的・非合理的な存在は、行き場を失っている。監視され、自由を完全に失ってしまったのだ。トランスペアレントな社会は決していい社会ではない。
 トランスペアレントな社会は、モラルやエシックスから生まれたものではない。世界中に人の数を越えて存在している IoT端末と、Google に代表されるインターネット検索と、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)と、ブロックチェーンと、ビッグデータと、ブロックチェーンと、AI とかが、束になってトランスペアレントな社会を作り出している。
 人は相変わらず隠し事をする。それが習性だと言わんばかりに隠し事をしたがる。ところが世界中の IoT端末とそれを繋ぐネットワークによって「いつ」「どこ」にいて「なに」をしたかが分かってしまう。インターネット上の情報は、高度に発達した検索で簡単に見つかる。自己顕示欲が強い人や承認欲求が強い人は、自分をアピールするため、人から認めてもらうため、そして人と繋がるために SNS に自分についての過剰な情報を載せるが、それもトランスペアレントな社会の広がりを助長している。関連した事実が時系列に並んでいるブロックチェーンを前にして「それは違う」と言える人はひとりもいないし、個人情報は守られているというビッグデータのなかにも関連情報は潜んでいる。そして AI が、バラバラの情報をあっという間にまとめ、どんなに隠したいことも白日の下にさらしてしまう。テクノロジーが隠し事を不可能にし、社会はどんどんトランスペアレントになってゆく。
 誰もテクノロジーの進歩を止められないなかで、社会はますますトランスペアレントになり、隠し事をひとつも持てない恐ろしい世の中がやってくる。その先に待っているのは、何もしていないのに、そして何も言っていないのに、考えただけで、思っただけで、それが知られてしまう社会。なんと恐ろしいことだろう。

校條浩

SNSで結集した大衆の力はもろ刃の剣だ。SNSはばらばらだった人々が集まり力を結集し、世の中を変えるような素晴らしさがある。一方、集まった人たちが同じ考えの一色となり、異なる価値観や少数意見は全く耳を貸さなくなる危険性がある。
特に危険なのは、不都合な事実はフェイク(偽り)だと断定し、自分に都合のいい架空の話は真実だと信じることだ。関東大震災での朝鮮人虐殺のような悲惨な事件を日本も経験している。情報の分断による人々の危険な行動は、どの国にも危険が潜んでいる。

나태주

내가 너를 얼마나 좋아하는지
너는 몰라도 된다

너를 좋아하는 마음은
오로지 나의 것이요
나의 그리움은
나 혼자만의 것으로 차고 넘치니까

나는 이제 너없이도
너를 좋아할 수 있다

Maurice Blanchot

“Does that come to pass?” — “No, it does not.” — “Something comes, however.” — “In waiting that stops and leaves all coming behind.” — “Something comes, coming outside waiting.” — “Waiting is the calm leaving behind that leaves in its future everything that comes.”

Jean Baudrillard

Staying with this image, one might suppose that the acceleration of modernity, of technology, events and media, of all exchanges – economic, political and sexual – has propelled us to ‘escape velocity’, with the result that we have flown free of the referential sphere of the real end of history.

나태주

그리움
 
 
 
가지 말라는데 가고 싶은 길이 있다
만나지 말자면서 만나고 싶은 사람이 있다
하지 말라면 더욱 해보고 싶은 일이 있다

그것이 인생이고 그리움
바로 너다

BBC Future

 

Rather than being a beginning, the Big Bang could have been a moment of transition from one period of space and time to another – more of a bounce (Credit: Alamy)

BBC Future

Your Human Leukocyte Antigen (HLA) profile is very likely to be different to everyone else you meet – though some people, like your close relatives, will be more similar to you than others. From a genetic point of view, it is an advantage to have a child with someone who has a dissimilar HLA profile.
Couples who had high HLA-dissimilarity – which presumably happened by chance – had the highest levels of sexual satisfaction and the highest levels of desire to have children.
This link was more strongly seen in women. Women partnered with HLA-similar men reported more sexual dissatisfaction and lower desire to have children. Though when evidence from multiple studies is taken into account, the effect might not be conclusive.

BBC Future

In a complex, fast-paced world of soundbites, knee-jerk opinions and information overload, BBC Future provides something different: a home for slowing down, delving deep and shifting perspectives.
You’ll find stories here on almost every topic that matters. Psychology. Food. Climate change. Health. Social trends. Technology.
What links them all is our approach. Through evidence-based analysis, original thinking, and powerful storytelling, we shine a light on the hidden ways that the world is changing – and provide solutions for how to navigate it. Energised by the everyday, we think no topic is too small to be fascinating. Inspired by obstacles, we believe no subject is too overwhelming to tackle.

不幸の種

不幸の種は
心の中にある
心が痛くなるたびに
種は大きくなり
心は ズタズタ になる

心を静かにして
不幸の種が育たないようにする
透きとおった心を持ち
不幸にならない
幸せにもならない

静かに
そして暖かく
やわらかに
そして しなやかに

名郷直樹

多くの患者と日々接する毎日である。その一人ひとりの患者を、病名ではなく、別の角度で書き直せば、もともと元気であったり、放っておいても勝手によくなったり、薬を飲んでも飲まなくても日々の生活に大きな変わりがながったり、一方で良くなる可能性が小さかったり、どうやっても死んでしまう、という人たちである。私が何か医療を提供すれば良くなる、という人たちは少ない。
ワクチンによる予防接種の効果は社会全体としては大きいが、個々のレベルではもともと元気な人が元気で居続けるだけのことだ。かぜを疑う患者の診療も、かぜに似た重症の病気を見逃さないようにするという点では大きな仕事だが、大部分は医療機関に来る必要もない人である。
高血圧や高コレステロール、糖尿病の患者も大部分は元気である。もちろんその治療により、将来の合併症が幾分少なくなっているという面はある。しかし、これも健診や予防接種と同様、元気な人が元気なままということだ。今の時点で元気な人に、放っておくと病気になってしまいますよと、定かではない未来の不幸の可能性を強調して、脅かしをかけているだけかもしれない。
 

Daimler

CASE – Intuitive Mobility
Connected, Autonomous, Shared, Electric: Each of these has the power to turn our entire industry upside down. But the true revolution is in combining them in a comprehensive, seamless package.

デジタル通貨

現金通貨、すなわち紙幣や硬貨は、景気が良かろうが悪かろうが、あるいはインフレだろうがデフレだろうが、常に無利子(ゼロ金利)で流通する不思議な存在だ。 しばしば「名目金利はマイナスにはならない」ということが言われるが、この考え方の最大の根拠は、「常に無利子」である現金通貨の存在にある。
日本銀行など主要中央銀行が、中央銀行デジタル通貨(CBDC: Central Bank Digital Currency)の導入に向け動き出している。将来、CBDC が浸透することになれば、これまで当たり前に無利子(ゼロ金利)で流通してきた現金通貨に対して、マイナス金利を付けることが技術的に可能になる。そのような世界では、「名目金利はマイナスにはならない」という「名目金利の非負制約」は意味を失い、金融政策の可動領域も拡がり得ることになる。

National Geographic

The Anthropocene Epoch is an unofficial unit of geologic time, used to describe the most recent period in Earth’s history when human activity started to have a significant impact on the planet’s climate and ecosystems.

旅券法

昭和二十六年法律第二百六十七号
   旅券法

 (外国滞在の届出)
第十六条 旅券の名義人で外国に住所又は居所を定めて三月以上滞在するものは、外務省令で定めるところにより、当該地域に係る領事館の領事官に届け出なければならない。

徳永雄一郎(疲労社会)

  1 新聞をあまり読まない、見出しに目を通すぐらいになった
  2 テレビを見なくなった、見ても笑わない
  3 食欲が低下して、好物に箸をつけない
  4 休日の外出を嫌がるようになった
  5 家でもくつろげず、落ち着かない
  6 家族との些細なやり取りにイライラする
  7 ちょっと動いただけで疲れたと言う
  8 起床時間が遅くなってきた
  9 朝の身支度にも時間をかけない……
以上のポイントに多く当てはまる場合、前うつ状態=脳疲労にあるかもしれません。約1000万人の勤労者が陥っているともいわれる脳疲労。長時間の労働、職場での人間関係からストレスをためこみ、判断力、集中力が低下してしまいます。肉体疲労とちがって、なかなか疲れを実感できないうちに、気づいたら症状は悪化し、うつ病に至るというケースはじつに多くあります。

山中邦久(Ability Society)

従来の固定化された「身分社会・ステータスソシエティ(Status Society)」に対してこれからは実際に「何ができるか?」という「能力社会・アビリティソシエティ(Ability Society)」の時代だと聞かされてきた。確かに日本は明治までの厳しい身分制度からは解放されたが、中国、韓国に似て科挙の受験地獄以来、「18歳の春」で人生が決まってしまうような単線型社会であるところがあって、一度弁護士や医者になると身分が安定、あるいはいい大学を出て大企業や官僚になれば地位が守られるという面では緩やかな「身分社会」といえるだろう。

LINE(SNS)

メールではなく「LINE」を使う理由は?
 第1位 操作が簡単、早い
 第2位 気軽に使える
 第3位 履歴が見やすい
 第4位 スタンプ
 第5位 大勢でやり取りできる
 第6位 既読機能が便利
 第7位 皆が使っているから
 第8位 無料だから

最大多数の最大幸福

便利だ
役に立つ
ということで新しいファンクションが与えられる
新しいファンクションは誰のためのもの
どこにいた 何をした が 
一目でみることができる

最大多数の最大幸福
最大多数に私は入っていない 
君も入っていない
みんなの幸福は私の幸福ではない 
君の幸福でもない

Kevin Kelly (Search Engine, Big Data)

There’s a dawning sense that extremely large databases of information, starting in the petabyte level, could change how we learn things. The traditional way of doing science entails constructing a hypothesis to match observed data or to solicit new data. Here’s a bunch of observations; what theory explains the data sufficiently so that we can predict the next observation?
It may turn out that tremendously large volumes of data are sufficient to skip the theory part in order to make a predicted observation. Google was one of the first to notice this. For instance, take Google’s spell checker. When you misspell a word when googling, Google suggests the proper spelling. How does it know this? How does it predict the correctly spelled word? It is not because it has a theory of good spelling, or has mastered spelling rules. In fact Google knows nothing about spelling rules at all.
Instead Google operates a very large dataset of observations which show that for any given spelling of a word, x number of people say “yes” when asked if they meant to spell word “y.” Google’s spelling engine consists entirely of these datapoints, rather than any notion of what correct English spelling is. That is why the same system can correct spelling in any language.

ソフトバンク(Blockchain)

エストニアは「デジタル先進国」と呼ばれている。1991年にソビエト連邦から独立した人口130万人強の北ヨーロッパのこの小国は、「e-Estonia(電子国家)」というスローガンを掲げ、官民を問わずITを積極的に活用している。そんなIT先進国エストニアは、世界で最も早くブロックチェーンを行政サービスに導入した国のひとつとして注目を集めている。
現在、エストニアでは納税や投票、結婚や離婚の手続き、土地や法人の登記、パスポートの発行までもがインターネットで完結する。銀行取引や保険はもちろん、医療情報も電子化されている。驚くべきことに、すべての行政サービスのうち99%がインターネットで完結するという。さらには、エストニアを一度も訪れたことのない外国人でもインターネットで「電子居住者」としての登録申請が可能で、この電子居住者の制度が外国人起業家の誘致の鍵となっている。
エストニアの電子政府は「利便性」と「透明性」をポリシーに掲げ、これらの行政手続きの記録にブロックチェーンを活用しており、国そのものがブロックチェーンスタートアップだと言われるほどに力を入れている。まさに近未来国家と言えるだろう。

京都

京都をプロモートするのは
たいていの場合
外の人か
外からやってきて 入り込んだ人だ

京都はいつも
ただの素材でしかない

上品な人がプロモートすれば
京都は上品になり
下品な人がプロモートすれば
京都は下品になる
に憧れた人のための京都は
どこまでも
わびさびに憧れた人のための京都は
どこまでもわびさび

私より年上の人たちがプロモートした京都は
どこか欧米人好みたっだ気がする
いまあるのは
私より年下の人たちがプロモートした京都
中国人好みの京都だ

昔々 中国に似せて作られた街が
千年以上経って 中国人好みの街になる
観光という言葉が 街を変え
いまの人にしかわからない街になる

鳥羽和久

有無を言わさぬシステム網が子どもたちをあらかじめ制御しているので、それに身を委ねていたら、あなたは自動的にいい子になる。いまはそんな社会です。
でも、物事の善悪というのは、本来、自分の身体を使って学んでいくべきものでしょう。それなのに、大人は慎重にふるまうことを教えるばかりで、勇気をもって試してみるということをあなたに教えません。あなたが一歩進んで倒れそうになったとたんに、すぐに抱きかかえてあなたを元の位置に戻してしまいます。試してみるというのは、善悪の沼に飛び込んでみて、泥だらけになって悪の味を知るということなのに、あなたにはなかなかそれが許されません。
システムによる悪の排除によって、確かにあなたは悪をなさなくなるでしょう。それは社会にとって良いことです。だから、大人は今日も悪の排除を進めるのです。でも、悪をなさないあなたは、善をなしているわけではありません。そして、悪をなさないとしても、それはあなたが悪を克服したことを意味しません。
こんな社会で育ったあなたはまだ、善悪なんて何もわかっていないのかもしれません。わかっていないのにわかったつもりになって自分を善人だと信じているあなたは、結果的に、管理社会にとって都合のいい人間になろうとしています。一生懸命「いい子」を演じてきたあなたにこんなことを言うのは不憫な気もしますが、あなたは今日も、管理社会に加担する、人間の多様な可能性を封じることに躊躇しない人格をみずから育んでいるのです。
コロナ禍を通してこれまで以上に可視化されたのは、いかに大人が自分の力で何が善で何が悪かを見極めようとしないかということです。どんな悪でも、いったん善いこととされてしまうと、それに対して疑いを持たなくなるのです。
易きに流れる大人たちによって形成された世論の奔流は、善悪の判断を保留している人たちに牙をむいて襲い掛かります。人はいったん善に居直ってしまうと、それに疑いを持つこと自体が悪に加担していることなのだと、善に寝返らない人たちを責め立てるのです。
しかし、善悪とは何かという問いは、決して簡単に割り切れるようなものではありません。割り切れないからこそ、善悪の審判は自ずと戦略的なゲームの結果として、言い換えれば、政治的な暴力によって下されるわけで、賢明な人たちはその場面こそを注視しなければならないはずです。
それなのに、大人はその複雑な構造を見ることはせずに、悪を実体化することを通して、自分を善の側に置こうとします。だから、私たちが一番に警戒すべきなのは、みずからを善人と確信して、悪人を裁く人です。さらに、悪人にも事情があるはずだと、悪人を憐れむ人です。

108

煩悩は108種類
①六根(眼・耳・鼻・舌・身・意)説
眼・耳・鼻・舌・身・意(6)× 好・悪・平(3)× 浄・染(2)× 過去・現在・未来(3)= 108
②四苦八苦説
四苦(4×9)+ 八苦(8×9)= 108
③十纏・九十八結説
十纏(無慚・嫉・無愧・悔・眠・惛沈・慳・忿・掉挙・覆)(10)+ 九十八結(98) = 108
④暦説
月の数(12)+ 二十四節気(24)+ 七十二侯(72)=108

Frédéric Lère

A travelling nun stood for hours in front of Adam Pendleton’s “Who Is Queen?” installation in Moma’s atrium. She was watching a video collage that featured “Resurrection City, a 1968 ad-hoc city set up on the National Mall, Washington DC, to demand the elimination of poverty”.

顔が見れないと
心も見れない
時に顔は
判断を左右する

素直な顔の人は
素直な心の持ち主だと思われ
狡賢い顔の人は
狡賢い人だと思われる

いい顔の人は
いい人だと思われ
悪い顔の人は
悪い人だと思われる

美容整形をした顔の
表情を読み取るのは難しい
心を閉ざした人と
コミュニケーションは とれない

顔を見る
顔を読み取る
心を見る
心を感じる

イリュリア

イリュリアは 昔々に
バルカン半島の西側の地域に存在した国で
架空とはいえ
シェイクスピアの『十二夜』(1602年2月2日初演)や
サルトルの『汚れた手』(1948年4月2日初演)の
舞台になっている
ぼんやりとして 知らないイリュリアという場所に
惹かれる

ハプスブルク家の領土だったイリュリアを
ナポレオンがフランス帝国に編入し
1809年から1813年まで
フランス領イリュリア州として治めていた

1849年に
オーストリア帝国の支配下のイリュリア王国が消え
百年後にサルトルがその名を蘇らせる
消えては蘇るイリュリアという名前は
不思議ではないか

クロアチアのドゥブロヴニクの旧市街を歩けば
シェイクスピアの『十二夜』の舞台となったイリュリアは
間違いなく「ここ」だと思う
シェイクスピアが想像をかき立てられたのは
間違いなく「ここ」なのだ

バルカン半島のこのあたりは
ユーゴスラヴィアの一部とか
クロアチア モンテネグロ アルバニアといった認識だけど
イリュリア人の祖先は 青銅器時代にイリュリア地方に定着し
。。。とか
3世紀にはイリュリア出身者が何人もローマ皇帝に即位し
。。。とか
そんな記述を見ると うーんとうなってしまう

アドリア海を挟んでイタリアの対岸であるイリュリア
確かに想像をかき立てられる場所だ

チトーがスターリンと対立して
ユーゴスラビアがコミンフォルムを追放され
ソ連の支配から外れて独自の路線を歩き始めた1948年に
演じられた『汚れた手』が
どの程度ユーゴスラビアの現実を描いていたのか

でもそんなことよりも
イリュリアといわれているあたりで
ゆっくりしてみたい
海を見ながら
なにもせずに すごす
イリュリアは きっと
なにかを感じさせてくれる
きっと

社会

予期された答えしかない肯定社会
教育や訓練で秩序が保たれる規律社会
なんでもわかってしまう透明社会
なんでも根拠になってしまうエビデンス社会
愛も恋も消えてしまったポルノ社会
変わり続けることで成り立つ加速社会
ほかの世界と隔絶している親密社会
大量の情報に価値をおく情報社会
知識が重要な価値を占める知識社会
誰もが自分のことを見せる展示社会
絶え間なく成果を求められる疲労社会
プライバシーのないポストプライバシー社会
深い退屈に彩られた倫理社会
精神的暴力が支配する監視社会
忘れたことまで暴き出す暴露社会
他人に寛容で優しい繋がる社会
人間が管理されるようになった管理社会
The Society of Positivity
The Disciplinary Society
The Transparency Society
The Society of Evidence
The Society of Pornography
The Society of Acceleration
The Society of Intimacy
The Society of Information
The Knowledge Society
The Society of Exhibition
The Society of Tiredness
The Post-Privacy Society
The Society of Moral
The Surveillance Society
The Society of Unveiling
The Connected Society
The Society of Control

IoT

百何十億ものモバイルデバイスや
10億を超えるAI内臓の監視カメラが
インターネットにつながって
僕たちの役に立っている

乳幼児の安全確認
高齢者の見守り
薬の服用状態や効果のモニタリング
睡眠時間などの活動データの収集
生活習慣のデータの管理
血圧などの健康管理
エアコンの遠隔操作
台所の電気やガスの確認
失われた鍵の追跡
照明の適正化
災害の回避
芝生や植物の水やり
掃除の自動化
冷蔵庫の適量コントロール
そんなことのために
みんながカネを出して身の回りに溢れさせる

官公庁も負けじとばかり
スピードセンサーを道路に埋め込んだり
道路のゴミを検知したり清掃したり
街の明るさを制御したり
公園のスプリンクラーを必要に応じて動かしたりと
水の汚染レベルの監視とか
野生生物の保護とか
危険情報の収集とか
スマート農業とか スマート林業とか
いろいろなことにおカネをかける

会社だって負けてはいない
保守管理とか修理とか
推測の回避とか
製造過程の監視とか
資産の追跡とか
安全の管理とか
品質の維持とか
生産スケジューリングの最適化とか
サプライ・チェーンの管理とか
企業のリソースの計画とか
製品のライフサイクルの管理とか
もっと儲けるために カネを使う

インターネットにつながったモノたちが
知らず知らずのうちに僕らを監視している
誰もそれが監視だとは思っていない

監視

なにげなく暖房の話をしていたら
一時間もしないうちに
最新型のエアコンの
宣伝メールが届く

白老町を通過したら
その晩になって
次は白老町にゆっくり来てくださいという
メールが届く

いったいスマホやPCは
僕の何を見て
僕から何を聞いて
何をしているのだろう

どうってことないと言いながら
スマホの電源を切る
監視カメラや隠しマイクが
そんな僕を笑う

ビッグデータ

多くのアプリケーションがビッグデータを利用する

建前では
 ビッグデータを利用しても
 個人を識別するデータを使用するわけではないから
 個人識別可能情報が危険にさらされることはない
ということになる

でも実際は 問題ばかり
 ビッグデータを取り巻く技術は
 進歩を続けているから
 そんなことはあっという間に解決される
と言われても にわかには信じられない

ビッグデータの中にいる君は 隠れて見えない
ビッグデータの中の君は 君ではない
そういうことにして
まあいいか と思う

医療情報

医学に関する知識は
過去の経験から成る
そこには
無数のプライバシーや
センシティブな情報が含まれる

プライバシーを優先して
多くの医療情報の利用を禁じれば
医学の進歩は止まる
だから
プライバシーの保護は二の次になる

もっとも僕らは治療や手術を受ける前に
いろんな紙にサインをしていて
プライバシーを進んで放棄しているのだから
何かを言えるわけではないのだけれど
そしてみんなが
医学の進歩を願っているのだから
プライバシーのことでとやかく言うのは
馬鹿げているのかもしれない

ということで やっぱり
プライバシーの保護は二の次なのだ

石牟礼道子

差別を受けた人、深く傷ついた人たちがたくさんいますよね。未来は、そういう人たちの中に、むしろ希望があると思うんです。

人工知能

人工知能が 人の知能のようになることはない
人工知能のインテリジェントな判断を 人がすることはないし
人のインテリジェントとは程遠い判断は 人工知能にはできない

人工知能は どこまでも合理的で
人の知能は いつも非合理的だ

人工知能の論理は 最初から最後まで論理的で
人の心が 論理的になることはない

人工知能は心を再現できるのか?
人工知能に脳のメカニズムを解明できるのか?
人工知能に人間はどう考えるかがわかるのか?
人工知能に思考や知性や意識が理解できるのか?
人工知能は人間のように考えることができるのか?
人工知能のアーキテクチャは脳に近づけるのか?
人の脳は計算を行っているのだろうか?
インテリジェントな人工知能を作ることができるのか?
インテリジェントな人工知能には意識があるか?

人工知能は合理的に考えるか?
人工知能は論理を考えるのか?
論理的な推論を実行するプログラムが人工知能なのか?
人工知能に論理の組み立てができるのか?
演繹とか帰納とか仮説推論といった論法は通用するのか?
人工知能に人は論理的に考えないということが理解できるのか?
強力な人工知能は脆弱な人工知能を気にするだろうか?
人工知能に真実や虚りを知ることができるのだろうか?
結論が正しくもなく間違ってもいない場合に 人工知能はどうするのか?
人のように考えるには いいことか?
人の知能を持つことが 人工知能にとっていいことなのか?

君はただ笑うだけ
かな?

北の大地

北海道に行けば 自然があるのだと
勝手に思い込んで 飛行機に乗った
川があり 水があり 石があった
木があり 草があり 花が咲いていた
山があり 空があり 海があった
それでも自然は どれも部分でしかなかった
山の上の鉄塔や電線
海を遮るコンクリート
政治的な記念碑
宣伝のための看板
川も 水も 石も 黙りこみ
木も 草も 花も 色を隠し
山も 空も 海も 動きを止めている
ただ虹だけが 私に微笑んで
そしてあっという間に 消えていった

分断

検索エンジンやソーシャルメディアといったインターネットの世界では
興味の一致する人や自分に似た人にしか出会わない
自分の気に入ることだけを切り取ってきた世界には
同じ意見や同じ好みを持った人が集い
その世界にしかない事実が生まれ
その事実を間違っているという人は
その世界には入ってこない
外の意見は見事なまでに無視され
批判的な意識は消え
正しいと信じることが確信になってゆく
親しさに溢れる世界は快適で
公共性は遠いものになり
プライバシーは意味を失う
遠さまでもが取り除かれた近さだけの世界は
ほかの世界と見事なまでに隔絶していて
外に向かって開こうとすることはなく
外のことを気にすることもない
この世界も あの世界も どの世界も
この人も あの人も どの人も
決して交わることはない

Wendong Li, Michael Frese, Peter D Harms, Doris Fay

Previous proactivity research has predominantly assumed that proactive personality generates positive environmental changes in the workplace. Grounded in recent research on personality development from a broad interactionist theoretical approach, the present article investigates whether work characteristics, including job demands, job control, social support from supervisors and coworkers, and organizational constraints, change proactive personality over time and, more important, reciprocal relationships between proactive personality and work characteristics. Latent change score analyses based on longitudinal data collected in 3 waves across 3 years show that job demands and job control have positive lagged effects on increases in proactive personality. In addition, proactive personality exerts beneficial lagged effects on increases in job demands, job control, and supervisory support, and on decreases in organizational constraints. Dynamic reciprocal relationships are observed between proactive personality with job demands and job control. The revealed corresponsive change relationships between proactive personality and work characteristics contribute to the proactive personality literature by illuminating more nuanced interplays between the agentic person and work characteristics, and also have important practical implications for organizations and employees.

Christopher J. Boyce, Alex M. Wood

Unemployment has a strongly negative influence on well-being, but it is unclear whether it also alters basic personality traits. Whether personality changes arise through natural maturation processes or contextual/environmental factors is still a matter of debate. Unemployment, a relatively unexpected and commonly occurring life event, may shed light on the relevance of context for personality change. We examined, using a latent change model, the influence of unemployment on the five-factor model of personality in a sample of 6,769 German adults, who completed personality measures at 2 time points 4 years apart. All participants were employed at the first time point, and a subset became unemployed over the course of the study. By the second time point, participants had either remained in employment, been unemployed from 1 to 4 years, or had experienced some unemployment but become reemployed. Compared with those who had remained in employment, unemployed men and women experienced significant patterns of change in their mean levels of agreeableness, conscientiousness, and openness, whereas reemployed individuals experienced limited change. The results indicate that unemployment has wider psychological implications than previously thought. In addition, the results are consistent with the view that personality changes as a function of contextual and environmental factors.

金大偉

私はこの制作を通じて、自分の内面に向かって、あるいは魂へ向かって旅をするような感覚を体験した。何か重いものを背負っているように感じると同時に、進む方向には仄かな光があるかのように見える。すべての生き物が共生できるように、人々は夢と希望を持って、他者への祈りや祝福をしなければならない。これは純粋な初心に還ることでもある。希望はまだ精神の火のように灯されており、それが消えない限り、人々は共生の循環のなかに居続けることができるであろう。

松岡正剛

まことに解説しにくい「絶対矛盾的自己同一」とは、わかりやすくは個物も一般者も、主観も客観も、精神も物質も、ヨーロッパ的に考えられてきた大半の対立的で対比的な現象や概念や感想は、いったん「一」と「多」を入れ替えつつ、その直後に「無」に肯定されることによって、その矛盾したはたらきを失うことなく自己同一されるという意味である。
ここでは絶対・矛盾・自己・同一という用語にとらわれないほうがいい。西田も「これは一息に読むんです」と解説している。つまり、これは相依相入であって、禅の「喝」であり、「持っているのならあげよう、持っていないのなら奪うぞ」なのである。盤珪(ばんけい)の「このまま」から「そのまま」へなのである。しかし、そこに、よしんば矛盾や葛藤があろうとも、それも「そのまま」、そのかわり私と汝も一切が「このまま」なのである。
このような「絶対矛盾的自己同一」を瞬時においておこしたとき、そこに西田は「平常底」があらわれると見た。そして、そのようになること、そのようにすることを「逆対応」と名付けた。
すでに親鸞は「悪人こそが往生する」と言った。これは親鸞における「逆対応」である。その論理を超える論理には「絶対矛盾的自己同一」がある。日本仏教は早くからそれを「自然法爾(じねんほうに)」とも言ってきた。鈴木大拙はそれを「即非の論理」とも言った。
なににつけ、そこには「一抹の無」というものがまぶされているとよいのである。「一抹の無」の混入を「面目の変換」だとみなせばいいのだ。

西田幾多郎

多と一との絶対矛盾的自己同一として自己自身によって動き行く世界においては、主体と環境とが何処までも相対立し、それは自己矛盾的に自己自身を形成し行くと考えられる世界である、即ち生命の世界であるのである。しかし主体が環境を形成し環境が主体を形成するといっても、それは形相が質料を形成するという如きことではない。個物は何処までも自己自身を限定するものでなければならない、働くものでなければならない。働くということは、何処までも他を否定し他を自己となそうとすることである、自己が世界となろうとすることである。然るにそれは逆に自己が自己自身を否定することである、自己が世界の一要素となることである。この世界を多の一として機械的と考えても、または一の多として合目的的と考えても、いやしくもそれが実在界と考えられるかぎり、かかる意味において矛盾的自己同一的でなければならない。

シャクシャイン

 
シャクシャインは蝦夷地全域のアイヌへ、不平等な交易を強いた松前藩への戦いを呼びかけ、1669年6月蜂起を起こした。シャクシャインに率いられたアイヌ軍は松前を目指し進軍、7月末には現在の山越郡長万部町のクンヌイまで攻め進んだ。クンヌイでの戦闘は8月上旬頃まで続いたが、シャクシャイン勢が和人側の妨害により渡島半島のアイヌと連携できなかったのに対し、松前藩は幕府や東北諸藩の支援を受け、アイヌ軍はクンヌイからの敗退を余儀なくされた。シャクシャインは10月23日に現在の新冠町にあたるピポクの松前藩陣営の「和睦の席」で謀殺され無念の最期を遂げた。

Forbes

  • 同じ意見の人が集まると、違う意見の人が見えなくなる
  • 人の話を聞いていると思っている人は、人の話を聞いていない
  • 能力について、多くの人が自分を過大評価している
  • すべてを知る人は、ひとりもいない

時が過ぎてゆくのが好きだ
時を消費し
時を失う
時を無駄にし
時を忘れる

時に縛られないでいると
時が永遠に思える

時の行きたいように
行かせてあげる

佇んで
あたりを見回す
まだ 大丈夫だ

環境省

地球上には、様々な生態系が存在し、これらの生態系に支えられた多様な生物が存在しています。全世界の既知の総種数は約175万種で、このうち、哺乳類は約6,000種、鳥類は約9,000種、昆虫は約95万種、維管束植物は約27万種となっています。まだ知られていない生物も含めた地球上の総種数は大体500万~3,000万種の間という説が多いようです。

都市のアメニティ

都市で暮らす上で あると嬉しいのが
都市のアメニティだ
スーパー コンビニ ドラッグストア 医療施設 クリーニング店 交番 郵便局 ATM
 といった 生活利便施設
飲食店 カフェ 喫茶店 弁当屋 惣菜屋 パン屋 大型商業施設 娯楽施設 スポーツ施設
 といった 商業・レジャー施設
幼稚園 保育園 学校 音楽教室 語学教室 書道教室 書店 図書館 コンサートホール
 といった 教育・文化施設
そんなアメニティが
歩いて行けるところに どれだけ集積しているか
その量と質が
便利さの指標になる

**

この村は不便で
歩いて行けるところには なにもない
山は見えるけれど
だからって歩いて行けるわけではない

草の斜面を下って行けば
食堂はあるけれど
それをアメニティといえるかどうか
定かではない

村で暮らしていると
どれだけ運転すれば
アメニティにたどり着くのかが
便利さの指標になる

あれっ ところで ATMって
どこにあるんだっけ