川崎洋

向きあうもの として は 海
これまで 信じなかったもの と 不意に回路がつながる ことが あるやも知れぬ
海 海と 思いつづけることが ぼくにとっての 海 だ
両頬に戸をたてられて 海だけを見ている馬
だが 夢に 海が流れ入る ことは ない たぶん 水面の高さが同じだからだろう
死ぬまぎわ 思い浮かべるものは 非常に 海に近いものに違いない

This entry was posted in poem. Bookmark the permalink.

3 Responses to 川崎洋

  1. shinichi says:

    by 川崎洋

  2. shinichi says:

    (sk)

    海を見に行きたい。

  3. Garfield says:

    海。。。いいですね。
    三好達治を思い出します。

Leave a Reply

Your email address will not be published.