Wikipedia

saint_praxedisSaint Praxedis is an oil painting attributed to Johannes Vermeer. This attribution has often been questioned.
The Barbara Piasecka Johnson Collection Foundation bought it from Spencer in 1987. The leading Vermeer scholar Arthur Wheelock subsequently argued the case for the attribution to Vermeer in an article devoted to it in 1986.
It was sold at Christie’s in London on 8 July 2014 on behalf of the Barbara Piasecka Johnson Collection Foundation. It sold to an unknown buyer for £6,242,500 (US$10,687,160), at the lower end of the estimated price range of £6-£8 million. Some art market commentators speculated that doubt about the attribution to Vermeer may have contributed to the relatively low price. From March 2015 it has been on display in the National Museum of Western Art in Tokyo, labelled as “attributed to Johannes Vermeer”. This appears to be a long-term loan to the museum from a private collector.

 

This entry was posted in business. Bookmark the permalink.

2 Responses to Wikipedia

  1. shinichi says:

    フェルメールの油彩画に11億円 ロンドンで競売

    日本経済新聞 

    (2014年7月9日)

    【ロンドン=共同】日本で人気が高いオランダの画家フェルメール(1632~75年)の油彩画「聖プラクセディス」が8日、ロンドンで競売にかけられ、約624万ポンド(約11億円)で落札された。競売大手クリスティーズが明らかにした。フェルメール作品と確認されているのは世界で三十数点しかなく、競売は異例。個人の所有は同作品を含め2点だけという。

    真贋論争もあったが、同社はアムステルダム国立美術館が顔料分析で真作と鑑定したと強調。1655年と記入され、22~23歳の最初期の作品とされる。落札者は明らかにしていない。

    これまで所有していたのは、昨年死去したポーランド出身の大富豪バーバラ・ピエセッカ・ジョンソン氏の財団。

    ジョンソン氏は米医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン創業者の息子の妻。もともと家政婦として働いたが、1971年に42歳年上の息子と結婚。83年に先立たれた後、夫の前妻の子らと巨額の遺産相続をめぐり法廷闘争を繰り広げた。大学で絵画史を学び、夫の資産で絵画を収集していた。

  2. shinichi says:

    常設展新規展示作品のお知らせ

    国立西洋美術館

    http://www.nmwa.go.jp/jp/information/whats-new.html#news20150424_2

    2015年3月17日より、当館常設展(本館2階)にて以下の作品を新規展示いたします。

    ヨハネス・フェルメールに帰属《聖プラクセディス》1655年、油彩/カンヴァス、101.6×82 cm(寄託作品、DEP. 2014-0001)

Leave a Reply

Your email address will not be published.