25歳の女性

まるで夢のような朝だった
必要ないものはすべて存在しなかった
私はただ
自分の存在と共にあり
あらゆるものが
美しく輝いていた
世界が変わったのではない
ふと私が変わったのである
ただそれだけのこと
何の理由もいらない
私が変わるということ

This entry was posted in poem. Bookmark the permalink.

1 Response to 25歳の女性

  1. shinichi says:

    水のはじける音

    by 二十五歳の女性

    産経新聞「朝の詩」

Leave a Reply

Your email address will not be published.