zak

ビジネスプランニングに限らず、近年色々な分野で言われるようになってきたのが、whole-brain thinking(全脳思考)という概念です。直感的思考と論理的思考両方をバランス良く駆使して、最適解を導き出すというもので、後者重視だった従来の発想法を転換させる試みとして、欧米では小学校のころから教育に取り入れているところも多いそうです。
全脳思考にするには、自分の弱い方の思考を取り入れてあげる、右脳が強い人は論理思考を、左脳が強い人は直感(感性)的思考を意識して、バランスが取れるようにするのだそうです。私は従来から左脳思考の強い人間なのですが、全脳思考を常に意識しながらプランを練っていかなければなりません。
ちなみに右脳の直感を鍛えるって難しいと思えるかもしれませんが、要は制約に縛られない自分の自由な発想を認めてあげるというもので、誰でも訓練を詰めば鍛えられる可能性のあるものです。ビジネスに関しては右脳思考を発展させるためのフレームワークは多数提供されていて、例えばブレインストーミングやマインドマップは有名だと思います。その他何かのビジネスアイディアを発展させて行く時には、Osborn’s checklist などを使って意図的に直感を別の考えと結びつけたりさらに発展させて行くことができます。
今丁度、何個か候補になるビジネスプランを捻り出している段階で、かなり論理思考に凝り固まった自分の考えを解きほぐすのに苦労しています。少しアイディアを出すとすぐに市場性とか競合とかを分析し出して、思考の発展を止めてしまう自分に少しイライラもしつつ、楽しんで新しい発想法を模索しています。

This entry was posted in business. Bookmark the permalink.

1 Response to zak

  1. shinichi says:

    ウォーリックMBA留学記 – A diary of Warwick MBA

    by zak

    http://zak2007.seesaa.net/archives/200806-1.html

    2008年06月29日

    克己

    早いもので、ビジネススクールの授業は全て終了し、これからは3ヶ月弱修士論文作成期間になります。論文は特定のクライアントを持って、そのクライアントのコンサルティングプロジェクトをやって、それを経過を書くものもあれば、自分の好きなトピックを選択して、リサーチするプロジェクトもあり様々です。私はビジネスプラン系のプロジェクトを探していたのですが、運良くそんなプロジェクトを提供してくれるクライアントを見つけました。あるチャリティーNGOなのですが、政府の援助や寄付に頼っていたのを何とかビジネスでの収入確保をしたいということで、私の方でビジネス機会の発掘から具体的なマーケティングプランの作成までをプロジェクトとして請け負うことになりました。クライアントのためにも是非、期待に見合う働きをしたいと考えています。

    ビジネスプランニングに限らず、近年色々な分野で言われるようになってきたのが、whole-brain thinking(全脳思考?)という概念です。直感的思考と論理的思考両方をバランス良く駆使して、最適解を導き出すというもので、後者重視だった従来の発想法を転換させる試みとして、欧米では小学校のころから教育に取り入れているところも多いそうです。

    ちなみに自分が右脳思考が強いか左脳思考か知りたい方は、ここにテストがあります。
    http://www.angelfire.com/wi/2brains/test.html

    全脳思考にするには、自分の弱い方の思考を取り入れてあげる、右脳が強い人は論理思考を、左脳が強い人は直感(感性)的思考を意識して、バランスが取れるようにするのだそうです。私は従来から左脳思考の強い人間なのですが、全脳思考を常に意識しながらプランを練っていかなければなりません。

    ちなみに右脳の直感を鍛えるって難しいと思えるかもしれませんが、要は制約に縛られない自分の自由な発想を認めてあげるというもので、誰でも訓練を詰めば鍛えられる可能性のあるものです。ビジネスに関しては右脳思考を発展させるためのフレームワークは多数提供されていて、例えばブレインストーミングやマインドマップは有名だと思います。その他何かのビジネスアイディアを発展させて行く時には、Osborn’s checklist
    http://www.vrc.gr:8080/npd-net/npd/page.html?page_id=1006
    などを使って意図的に直感を別の考えと結びつけたりさらに発展させて行くことができます。

    今丁度、何個か候補になるビジネスプランを捻り出している段階で、かなり論理思考に凝り固まった自分の考えを解きほぐすのに苦労しています。少しアイディアを出すとすぐに市場性とか競合とかを分析し出して、思考の発展を止めてしまう自分に少しイライラもしつつ、楽しんで新しい発想法を模索しています。イギリスの食の貧困さは周知のことなので、日本食レストランとか、真面目に提案することを考えたりしています。そしてイギリス料理に一言物申してやりたい。

    この海原○山にこんな料理を食べさせるつもりかーーーーーーっ!!!!(←意味不明)

    野菜や魚を茹でたりフライにしただけで料理と呼べるか、ゴルァ(#゚Д゚)!!(←全脳思考ゼロ)。

    今まで築きあげてきた自分の発想法から脱却するのはパワーが要りますが、この夏は静かにゆっくりと今までの自分から脱皮する戦いを進めて行きたいと思います。その先に少し進化した自分が見えてくるのでしょうか?

Leave a Reply

Your email address will not be published.