足利義政

憂き世ぞとなべて云へども治めえぬ我が身ひとつに猶嘆くかな

置きまよふ野原の露にみだれあひて尾花が袖も萩が花摺り

わが庵は月待山のふもとにてかたむく月のかげをしぞ思ふ

見し花の色を残して白妙の衣うつなり夕がほのやど

さやかなる影はそのよの形見かはよしただくもれ袖の上の月

今日はまた咲き残りけり古里のあすか盛りの秋萩の花

わが思ひ神さぶるまでつつみこしそのかひなくて老いにけるかな

今日はまづ思ふばかりの色みせて心の奧をいひはつくさじ

春来ぬとふりさけみれば天の原あかねさし出づる光かすめり

こぎわかれゆけばかなしき志賀の浦やわが古郷にあらぬ都も

つらきかな曽我の河原にかるかやの束の間もなく思ひみだれて

This entry was posted in poem. Bookmark the permalink.

One Response to 足利義政

  1. shinichi says:

    慈照院集

    足利義政

Leave a Reply

Your email address will not be published.