河田勝彦

オーボンヴュータン  思い出の時
恋している菓子、すねている菓子、哲学している菓子。
フランス菓子ほど表情豊かな食べ物はありません。
フランスでの9年間の職人生活は私を“菓子の狂宴”に酔わせてしまいました。
それが、私のオーボンヴュータンでした。
妍を競うフランス菓子の魅力をご堪能ください。

This entry was posted in happiness. Bookmark the permalink.

2 Responses to 河田勝彦

  1. shinichi says:

    (sk)

    小柳さんが買って送ってくださるお菓子は、いつもここ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.