北川悦吏子

僕は遅いかもしれない。だけど走ろうと思う。
僕は寂しがりやかもしれない。だけど隠そうと思う。
僕は負けるかもしれない。だけど闘おうと思う。
僕は愛されないかもしれない。だけど愛そうと思う。
僕は弱虫かもしれない。だけど強くなろうと思う。
僕は君が望むような僕じゃないかもしれない。
でも、だけど…君の心の灯が消えそうなときは、そっと手をかざそう。
いつまでもかざそう。

This entry was posted in poem. Bookmark the permalink.

2 Responses to 北川悦吏子

  1. shinichi says:

    僕は。

    by 北川悦吏子

    (『半分、青い。』バージョン)

    **

    僕は、遅いかもしれない。
    でも 走ろうと思う。

    僕は、悲しいかもしれない。
    でも 隠そうと思う。

    僕は、負けるかもしれない。
    でも 戦おうと思う。

    僕は、弱虫かもしれない。
    でも 強くなろうと思う。

    人生は、過酷かもしれない。でも 夢見ようと思う。

    翼は、折れたかもしれない。でも 明日へ飛ぼうと思う。 

    僕は、きみの望むような僕じゃないかもしれない。

    でも、きみの、きみの心の火が消えそうな時は、
    そっとこの手をかざそう。
    いつまでもかざそう。

  2. shinichi says:










    あやな
    ‏@ak_happy_bear
    7月7日
    @halu1224 見てないので
    申し訳ないですが、今回の#半分青いに2003年のGLAYのHIGH COMMUNICATIONSツアーのライブで「ゆるぎない者達」の演奏の前に 小泉今日子さんの朗読によるこの詩がアレンジされて流れたんですね。TLで流れてきて嬉しくなりました。GLAYバージョンも素敵でした。

Leave a Reply

Your email address will not be published.