安野光雅

 よく見ていると、親が自分の都合で子どもを叱っていることが多いことに、わたしは気がつきました。たとえば、家で洗濯ものを干しているとき、買いものをしているときに、子どもが邪魔をするとか、自分が急いでいるのに子どもが手間をかけるとか、ほとんどの場合、おとなのさまたげになるときに叱っているように思います。
子ども自身の成長に必要だから、ということで叱っている方は、少ないのではないでしょうか。
そもそも、わたしは「しつけ」が嫌なので、叱ることはありませんが、ほかの子を傷つけたり、いじめたりしたときには叱ることも必要だと思っています。

This entry was posted in attitude. Bookmark the permalink.

2 Responses to 安野光雅

  1. shinichi says:

    『かんがえる子ども』

    by 安野光雅

    https://www.fukuinkan.co.jp/kangaerukodomo/

    子どもは大人をよく見ている

    子どもにとっては今が大事

    自然から学ぶこと

    図画工作で伝えたかったこと

  2. shinichi says:

    おとなの都合で、子どもを叱る?

     そもそも、子どもは叱られることばかりします。そんなときは、叱るほかありませんが、ぶったり、たたいたりしては、心に傷が残ります。わたしは一度もぶったことはありませんでした。
    「子どもを叱ってしまった」と思ったときは、考えてみてください。
     よく見ていると、親が自分の都合で子どもを叱っていることが多いことに、わたしは気がつきました。たとえば、家で洗濯ものを干しているとき、買いものをしているときに、子どもが邪魔をするとか、自分が急いでいるのに子どもが手間をかけるとか、ほとんどの場合、おとなのさまたげになるときに叱っているように思います。
     子ども自身の成長に必要だから、ということで叱っている方は、少ないのではないでしょうか。
     そもそも、わたしは「しつけ」が嫌なので、叱ることはありませんが、ほかの子を傷つけたり、いじめたりしたときには叱ることも必要だと思っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.