鴨長明

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。

This entry was posted in change. Bookmark the permalink.

One Response to 鴨長明

  1. shinichi says:

    方丈記

    by 鴨長明

Leave a Reply

Your email address will not be published.