寺山修司

ぼくは不完全な死体として生まれ
何十年かかって
完全な死体となるのである
そのときには
できるだけ新しい靴下をはいていることにしよう
零を発見した
古代インドのことでも思いうかべて

「完全な」ものなど存在しないのさ

This entry was posted in poem. Bookmark the permalink.

2 Responses to 寺山修司

  1. shinichi says:

    懐かしのわが家

    by 寺山修司

Leave a Reply

Your email address will not be published.