岡野大嗣

じいさんがゆっくり逃げるばあさんをゆっくりとゆっくりと追いかける

This entry was posted in poem. Bookmark the permalink.

1 Response to 岡野大嗣

  1. shinichi says:

    岡野大嗣

    地獄ではフードコートの呼び出しのブザーがずっと鳴ってるらしい

    生年と没年結ぶハイフンは短い誰のものも等しく

    かなしみを遠くはなれて見つめたら意外といける光景だった

    もういやだ死にたい そしてほとぼりが冷めたあたりで生き返りたい

Leave a Reply

Your email address will not be published.