Gabriel García Márquez, 黒木本店

This entry was posted in happiness. Bookmark the permalink.

2 Responses to Gabriel García Márquez, 黒木本店

  1. shinichi says:

    Cien años de soledad

    Gabriel García Márquez

    (1967)

    『百年の孤独』(Cien Años de Soledad)は、ガブリエル・ガルシア=マルケスの長編小説。

    **

    百年の孤独 (焼酎)

    百年の孤独は、宮崎県高鍋町に本社を置く酒造メーカー 株式会社黒木本店より発売されている麦焼酎の銘柄。名前はガブリエル・ガルシア=マルケスの小説『百年の孤独』からつけられている。

  2. shinichi says:

    『百年の孤独』あらすじ

    ホセ・アルカディオ・ブエンディアとウルスラ・イグアランを始祖とするブエンディア一族が蜃気楼の村マコンドを創設し、隆盛を迎えながらも、やがて滅亡するまでの100年間を舞台としている。

    コロンビアのリオアチャにあるコミュニティでは、近い血縁での婚姻が続いたせいで豚の尻尾が生えた奇形児が生まれてしまった。それを見たウルスラは性行為を拒否するが、そのことを馬鹿にされたため、ウルスラの又従兄弟で夫のホセ・アルカディオは彼女を馬鹿にした男を殺してしまう。しかし殺された男がホセとウルスラの前に現れ続けたために、夫妻は故郷を離れてジャングルを放浪した末に、新しい住処「マコンド」を開拓する。そしてウルスラは「豚のしっぽ」が生まれないように、婚姻の相手は血の繋がりのない相手に限定するという家訓を残した。さまざまな人間模様や紆余曲折がありながら「マコンド」は繁栄していったが、ウルスラが残した家訓は玄孫の代に叔母と甥の恋愛結婚という形で破られ、「マコンド」は衰退と滅亡へと向かっていく。

Leave a Reply

Your email address will not be published.