物語のなかの真実

ハッピーエンディングは
ハッピーなエンディングなんかじゃなく
ハッピーエンディングは
ハッピーはエンディングなのかもしれない
ハッピーエンディングのあとは
ずっとハッピーが続くって思ってたけど
ハッピーエンディングのあとの長い時間が
ずっとハッピーだなんてありえない
ハッピーエンディングは
終着駅なんかじゃなくて
ハッピーエンディングは
乗換駅でしかないんじゃないか

ハッピーエンディングのあとの
日常は長く
ハッピーエンディングのあとに
見るものは違う
ハッピーエンディングの前に
見えなかった現実が
ハッピーエンディングのあとには
次から次へと押し寄せる
血の繋がった人たちも
血の繋がらない人たちも
問題を持ってやってくる
病気 怪我 家事 育児
教育 労働 介護 お金
問題の種は限りなく
乗り越えなければならないことが
ハッピーエンディングをぼやかしてしまう

ハッピーエンディングは
ハッピーなエンディングなのか
ハッピーはエンディングなのか
映画のなかの主人公たちの
ハッピーエンディングのあとの時間は残酷なほど長い

ハッピーエンディングは
始まりなのか
終わりなのか
なにかの終わりは他のなにかの始まりだから
ハッピーエンディングはやっぱり乗換駅というしかない

日常の繰り返しのなかに
喜びを見出すことのできる人だけが
ハッピーエンディングを超えていく

ハッピーエンディングとは縁のない
しあわせもある

This entry was posted in perception. Bookmark the permalink.

1 Response to 物語のなかの真実

  1. shinichi says:

    (sk)

    第45作
    Happy Ending

    渡辺由佳里
    http://www.kushima.org/is/?p=58362
    にインスパイアされて。

Leave a Reply

Your email address will not be published.