アルヴォ・ペルト

子守唄を聴きながら眠る
昼なのに眠る

音がないみたいなのに
静かな音が聞こえてきて

鈴の音はしないのに
鈴が鳴り続けているように感じる

飾らない音符と簡素な和音が
簡素な音と飾らない声を生む

リズムはいつまでも単純だけれど
飽きることはない

まるで昔の音楽が
よみがえったみたいだ

懐かしい君を
抱いているみたいだ

子守唄がいつまでも聞こえる
ずっと聞こえる

This entry was posted in dream. Bookmark the permalink.

1 Response to アルヴォ・ペルト

  1. shinichi says:

    (sk)

    第126作
    Arvo Pärt

    Arvo Pärt
    http://www.kushima.org/is/?p=58118
    http://www.kushima.org/is/?p=60909
    から何らかの刺激を受けて

Leave a Reply

Your email address will not be published.