ポエマー

ポエマーという言葉をはじめて目にしたので少し調べてみたら
ニコニコ大百科に

「およそ人には見せられないようなこっ恥ずかしい厨二病的『詩』と称するものを自己サイトにアップロードする者。こうした人物は対外的行動を行わない傾向にあるため、一般に叩かれる要因は少ない」

と書いてあった

ポエマーは和製英語で
英語の poet とは違う

「いわゆる『二次創作』とは違い、完全に自分の主観やら希望やらがない交ぜになっており、非常に痛い」

とも書いてあり

「ある状況や話題に即し、詩の形態で心情を現そうと試みる者」

という説明もあった

「厨二病同様『はしか』のようなもので、かかると深みにはまる一方年をとると完治してしまうことが多い。しかし厨二病同様に免疫ができずに大人になる者も少なくない」

なんだか嫌だ

で 言えるのは

ポエマーって言われるのは嫌だ

ということ
 
今まで自分は 何者でもない 詩人ではない と言ってきたけれど
急に 自分のことが

詩人

に思えてきた

僕は詩人だ
ポエマーではない

This entry was posted in poem. Bookmark the permalink.

1 Response to ポエマー

  1. shinichi says:

    (sk)

    第161作
    Poemer

    George Lakoff, Mark Johnson
    http://www.kushima.org/is/?p=56840
    から何らかの刺激を受けて

Leave a Reply

Your email address will not be published.