福田正夫

This entry was posted in human being. Bookmark the permalink.

3 Responses to 福田正夫

  1. shinichi says:

    白鳥省吾
    福田君の第一詩集「農民の言葉」は装幀校正ともすべて私がやった。装幀は愛読したピーター・クロポトキンの「相互扶助」の普及版がたいへんいいと思ってそれを模した。数年後の大正九年一月に帝大教授の森戸辰男氏がこのアナーキストを紹介して、大学を追放されたのは人の知るところである。福田君は私と逢って間もなく、家庭の事情で学校をやめ、川崎在のその頃の橘樹郡平間村の小学校に就職した。その時の農村見聞録がこの一巻の詩集を成した。

  2. shinichi says:

    たった82年前に、多摩川沿いで、農民たちが洪水に怯えながら暮らしていたということを、もう誰も知らない。

  3. shinichi says:

    写真の作品「農民の言葉」は、詩集「農民の言葉」の第三部に収録され、その書名ともなった。

Leave a Reply

Your email address will not be published.