虹のことが光学的に説明され
不思議なことがなくなっても
虹が出ているのに遭遇すると
運がいいと思い
空に想いを馳せる

虹の色の数は7色なんかじゃなくて
もちろん2色でも4色でもなくて
色の数はある意味無限で
赤の外の見えない色から
紫の外の見えない色まで
それをいくつに区切ろうと
きれいなことには変わりない
そう
でも
7色よりももっと多くの色を
感じたほうがいい

虹は太陽の光でできるのだと
思い続けてきたのだけれど
月の光でできる虹があると
南の島から来た人に聞かされた

月虹を見た人には
幸せが来るという

君に虹を見てほしい
いや
君に月虹を見てほしい
いや
君と月虹を見に行きたい
いや
一緒に月虹を見に行こう

君は月虹を見て
なんと言うだろう
微笑むだろうか
それとも
泣くだろうか

もしかしたら
いや君はきっと
月虹が消えるまで
じっと見つめているのだろう
そして僕はそんな君を
じっと見つめているのだろう

1 thought on “

Leave a Reply

Your email address will not be published.