ふたつの世界

色にはふたつの世界がある
ふたつの世界は交わっているのか
交わっていないのか

ひとつの世界はカラフルで
グルグルと回っている
もう一つの世界は無彩色で
どちらに行っても行き止まる

カラフルな世界は
見えない世界からやって来る
静かにから入って来て
紅赤になり になる
   を眺め
黄緑  青緑 の脇をすり抜け
 青紫  を通り
紅紫 から見えない世界に戻ってゆく
行った先にはが感じられ
見えない世界を通って
グルグルと回っている
それは永遠の愛のように
はじめがなく 終わりがない
暖かく 明るく 優しい

無彩色の世界は
行き場がない
こちらの先にはがあって
あちらの先にはがあって
その先に行くのを遮っている
 のそばには
 胡粉とか鉛白とか白土とかがあって
 を囲んでその先に行くのを防いでいる
 乳白色に頼み込んでも
 その先は見えてこない
  の少し先には漆黒があって
  の少し手前には墨色があって
  その先があるのではないかと探ってみても
  その先にはなにもなく
  ただ闇に吸い込まれるだけ
それはせつない恋のように
迷い込んだら 出口がない
やるせなく 心がやりきれない

気をつけて見ると
無彩色の世界にも
色が紛れ込んでいる
 練色には 黄色みを感じ
 灰桜には 赤みを感じ
 の冷たさが和らぐ
  黒橡色は 青みを帯び
  憲房色は 黄色みを帯び 赤みも帯び
  だというのに温かさがある
でも
どんなに色が紛れ込んだとしても
無彩色の世界から 脱出することはできない
そう
無彩色の世界に出口はない

カラフルな世界が
こっちに来いと
微笑みかける
無彩色の世界も
こっちのほうがいいと
誘いかける
 
グルグルと回る円のなかに閉じ込められるのと
行ったり来たり直の線のなかに閉じ込められるのと
どちらがいいのか

永遠の愛も せつない恋も
自由よりはずっといいと
二つの世界が
私たちを誘う
入り込んだら出てはこれない
二つの世界に
行かないか
一緒に
行かないかと
かすれた声が繰り返す

1 thought on “ふたつの世界

Leave a Reply

Your email address will not be published.