ダークマター

ダークマターやダークエネルギーを観測した人はいない
あるかどうかもわからない
それなのに ダークマターもダークエネルギーも
いつの間にか あることになっている

天文学とか物理学とかで収入を得ている人たちが
考え出した仮説に基づいたものだから
荒唐無稽なのは仕方ない
 ダークマターは
 質量は持つけれど
 光学的に直接観測できない
 物質とはほとんど相互作用しない
仮説だから なんでもいえる

正体は分かっていないけれど
性質が推測されていて
 ダークマターは
 電荷を持たず
 重さを持ち
 安定している

仮説に基づいて
未発見の素粒子を探す人がいて
ニュートラリーノとか
アクシオンとか
未発見なのに
存在が期待されているという

科学は宗教とは違う
そう言いながら
いつの間にか
未発見のものの存在を信じるとか
あるかどうか わからないものを あると決めつけたりとか
仮説を否定すれば 仕事がなくなるとか
科学は宗教になってしまっている

宗教になった科学が
人を惑わすことはあっても
人のためになることはない
どんなに立派な研究施設を作っても
どんなにカネをつぎ込んでも
それが私たちのためになることはない

人というのは厄介なもので
ありもしないものを信じる
民主主義を信じ
共産主義を信じる

みんながなにかを信じている社会で
みんなと同じものを信じないと
ひどい目にあう
ダークマターもダークエネルギーも
あると信じたほうが いいのかもしれない
それが人の道なら 仕方ない
あっても なくても あると言う
それが科学というものならば
なくてもあると言う

1 thought on “ダークマター

Leave a Reply

Your email address will not be published.