量子力学の森

<今の私にとって私はこの私だけであり、世界はこの世界しかない>
量子力学の森にわけ行った人が そう言った
うーん、そうなのか

多世界理論は検証できるのか できないのか
検証できることが予測されているのか 予測されていないのか

量子力学をどう考え どう理解するかは 人それぞれ違う
量子力学の森に入り込み その先に見えてきた世界を説明しても
理解する人は少なく 直感的に批判する人ばかり
正しいとか 正しくないとかは 誰にも言えないはずなのに

専門分化し細分化し続ける現代の物理学のなかには
合意できなかったり説明できなかったりすることがたくさんある
19世紀までの自然哲学は完全に消えてしまったけれど
宗教的でない自然哲学的ならば合意も説明も容易なのではないか

多世界理論も
一旦現在の最先端の物理学から少し離れて考えれば
SFのような理論ではなくなり
まったく新しい理論に見えてくるのではないか

なんだか量子力学の森が 青木ヶ原の樹海に思えてきた

量子力学の森にわけ行った人は
いつになったら森から生還するのだろう

1 thought on “量子力学の森

Leave a Reply

Your email address will not be published.