Oracle

エンタープライズAIに関する5つのよくある神話

  • 神話その1:エンタープライズAIには、自分自身で構築するアプローチが必要。
    現実:ほとんどの企業は、社内ソリューションと既成のソリューションの両方を組み合わせてAIを導入しています。社内でAIを開発することで、企業は独自のビジネスニーズに合わせてカスタマイズできます。事前構築されたAIソリューションを使用すると、すぐに使えるソリューションで実装を合理化でき、より一般的なビジネスの問題にも対応できるようになります。
  • 神話その2:AIは魔法のような結果をすぐにもたらしてくれる。
    現実:AIの導入を成功させるには、時間、慎重な計画、そして達成したい成果物の明確なアイデアが必要です。まとまりのない乱雑なAIソリューションの提供を回避するためには、戦略的なフレームワークと反復的なアプローチが必要です。
  • 神話その3:エンタープライズAIでは、人間の出番はない。
    現実:エンタープライズAIは、人間に代わるロボットではありません。AIの価値は、人間の能力を増強し、従業員をより戦略的なタスクに注力できるよう解放することにあります。さらに、適切なデータを入力し、適切な方法で処理するためには、人間の力が必要です。
  • 神話その4:データは多ければ多いほど良い。
    現実:エンタープライズAIにはスマート・データが必要です。AIから最も効果的なビジネス・インサイトを得るには、高品質で最新の、関連性が高く充実した内容のデータが必要とされます。
  • 神話その5:エンタープライズAIが成功するために必要なのは、データとモデルだけ。
    現実:データ、アルゴリズム、モデルが出発点ですが、AIソリューションが変化するビジネス・ニーズに対応できるようにするには、スケーラブルでなければなりません。今日まで、ほとんどのエンタープライズAIソリューションはデータ・サイエンティストの手で作られてきました。これらのソリューションは、大規模な手動のセットアップとメンテナンスを必要とし、拡張性がありません。AIプロジェクトを首尾よく実装するには、前進するにつれて新しい要件を満たすように拡張できるAIソリューションが必要です。

2 thoughts on “Oracle

  1. shinichi Post author

    人工知能(AI)
    Oracle
    https://www.oracle.com/jp/artificial-intelligence/what-is-ai/

    人工知能(AI)とは
    人工知能に関する用語
    AIを組織に役立てる方法
    エンタープライズにおけるAI
    エンタープライズにおけるAIの活用方法
    AIの導入を後押ししている要因
    エンタープライズAIに関する5つのよくある神話
    AI運用の利点と課題
    AIの成功事例
    すぐに使えるAIによるAI運用の簡素化
    AIを最初に導入できる分野
    AIの可能性をフルに実現するうえでの障害
    適切な文化の創造
    人工知能から適応型インテリジェンスへ
    競争力強化のための戦略的重点項目になりつつあるAI
    AIを最大限に活用するためのベストプラクティス
    AI導入に関する支援の確保

    Reply
  2. shinichi Post author

    Emerging Technologies: Driving Financial and Operational Efficiency
    Oracle
    https://www.oracle.com/jp/a/ocom/docs/esg-research-oracle-emerging-technologies.pdf

    Five ways to transform finance and operations with emerging technologies

    1. Modernize critical systems by migrating to SaaS.
    Take advantage of IoT, machine learning, AI, and blockchain capabilities quickly and easily with cloud-based solutions. SaaS lets organizations scale quickly and realize real-time business value at a time when it pays to move fast.

    2. Switch to prebuilt solutions with embedded emerging technologies.
    Embedding emerging technology capabilities into proprietary apps is a challenging and expensive proposition, mainly because they’re so highly customized. Cloud-based, prebuilt apps, on the other hand, present a perfect opportunity to get a head-start on modernizing critical finance and operations systems.

    3. Skip the Proof of Concept phase, run a pilot.
    The research shows that emerging technologies can be applied in any number of ways for a variety of business results. As a result, identifying a preliminary project can be a daunting endeavor. We recommend selecting a specific process—ideally something manual and time-intensive—as a pilot project. These types of processes have plenty of room for improvement, which makes it easier to measure success. The payoff also tends to be greater, especially in terms of freed up human capital.

    4. Invest now
    Many organizations continue to underestimate the value proposition of AI, IoT, digital assistants, and blockchain. That’s a mistake: Failure to actively invest in these technologies to improve finance and operations increases the risk of falling behind the competition. Start researching solutions today that meet your business and technology requirements.

    5. Embrace an agile mindset.
    Our research findings indicate a strong need for C-suite support to make real progress on emerging technology initiatives. At organizations where the COO’s understanding of IoT is lacking, only 14% use IoT to improve supply chain management. That compares with 64% of organizations with IoT-savvy COOs. If you are in a finance or operations leadership position, get outside your comfort zone, explore how these emerging technologies can improve your organization’s performance, and provide employees with opportunities for upskilling.

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.