司馬遼太郎

国家というのは、突き詰めれば山川草木のことである。山川草木に依存して暮らす人々と、これらの暮らしの総和のことである。

これ以上われわれの生活を拡大しない。これ以上われわれが贅沢にならない。生活の裕福さをここまでで止める。そうすれば自然をこれ以上壊さないですむではないか。

1 thought on “司馬遼太郎

  1. shinichi Post author

    司馬遼太郎の流儀
    by 向井万起男
    半藤一利さんによると、司馬さんの晩年の国家観は「国家というのは、突き詰めれば山川草木のことである。山川草木に依存して暮らす人々と、これらの暮らしの総和のことである」
    『これ以上われわれの生活を拡大しない
    これ以上われわれが贅沢にならない
    生活の裕福さをここまでで止める
    そうすれば自然をこれ以上壊さないですむではないか』
    というのが、司馬さんの最後の言葉でした。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.