なかにし礼

 
カミュの「ペスト」とは単に病気のことを意味するのではあるまい。それは戦争を志向する人間の欲望が、何度でも執拗によみがえることを暗示している。この怖ろしい欲望は、現在の日本にも広く深く蔓延しているのではないだろうか。
いま、がんの再発という迫りくる肉体の危機にあって、私は断固として生きることを選択した。自分自身の生と死を凝視した私は、同じ視線を日本という国のありようにも向けずにはいられない。そして、破滅への欲望に取り憑かれたかのようにみえるこの国が、死の誘惑を断ちきり、決してあきらめずに平和で幸福な生のほうへ歩んでいくことを祈っている。

4 thoughts on “なかにし礼

Leave a Reply

Your email address will not be published.