心情

心情をあらわそうとして いろいろな言葉を使う
言葉を聞いて わかったつもりになる
時に 感動したり 共感したりもする

心情を言葉であらわしても なにか違う
そもそも 心情が 言葉になるはずもなく
ましてや 人に伝わるなど ありえない

微妙に変化し続ける心情を
繊細で感じやすい心情を
わかるなんて ありえない

心情は包まれて かくれている
言葉には はじめから 壁がある
心情を 言葉にすれば 嘘になる

やるせない 心細い せつない
わかったような わからないような言葉に
どれだけの意味があるというのか

憂いや悲しみを紛らわそうとしても
晴らしどころがなくて せつなくて
それで やるせない といったりする

でも ほんとうに やるせない かというと
なんか 心細くて もやもやしていて
どうにも 言葉では説明できない

心情を理解したり 心情の変化をつかんだり
心情を言葉で説明したり 心情を共有したり
そんなことは 誰にもできやしない

心情をあらわす言葉は 翻訳ができない
翻訳のできない言葉には 説明という嘘がつきまとう
心情をあらわす言葉のまやかしに ごまかされてはいけない

1 thought on “心情

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *